SOCIAL

アルビノ狩りがアフリカで多発!迷信ではない本当の理由とは?

アフリカでアルビノ狩りという、非人道的な出来事が起こっている。アフリカの反社会的な人間たちが、アルビノの人間を襲い、その体を高く売りさばく事件が多発しているのだ。

アフリカ人の平均年収は、日本円にして10万円程度。仮に、アルビノの人間の体を完全な状態で売買すると、600万円ほど手に入るのだという。感覚的には、年収一千万円の人間が、6億円手に入るようなものだ。アフリカでは警察の力がそれほど強くなく、犯罪抑止力が低い。治安の良い日本でさえ、その金額であれば目が眩んで罪を犯す人間がいてもおかしくないレベルだ。アフリカでアルビノ狩りが横行する背景を少しお分かりいただけたのではないだろうか。

では、なぜアフリカではそのような高値で取引されてしまうことがあるのか。表向きには「迷信」が原因だとされている。アルビノには富を呼び込む力があるという迷信がアフリカで言い伝えられている、というのだ。しかし、一説によれば、この迷信は古くから言い伝えられているものではなく、ここ最近になってよく聞かれるようになったものだという情報もあるのだ。

一体、アルビノ狩りがアフリカで多発する本当の理由はなんなのだろうか。

アルビノが富をもたらすという迷信が生まれた背景は?

アルビノが富をもたらすという迷信は、実は最近出てきた迷信だとする説が濃厚だという。問題は「富」にまつわるという部分だ。現代においては、グローバル経済の影響で、アフリカにも資本主義経済の影響が強まってきている。そうすると、より強く貧富の格差が認識されるようになる。持つものと持たざるものの格差が、これほどまでに残酷なものであることを、人々は初めて認識するようになるのだ。

これは二つの方向に影響を与える。富を持つものはより富を求め加速す一方、富を持たざるものは富を持つものへの嫉妬を強める。

こうした中、アフリカでは従来一定の力を認められていた、呪術師がより力を持つようになる。突如現れた資本主義経済による貧富の格差は、彼らにとっては人知を超えたものであり、呪術的なレベルの話だった。そんな中、富を司るものとしてアルビノが取り沙汰されたのだ。

これにより、ある意味でアルビノバブルが発生する。富の魔力に取り憑かれ、アルビノはこれまでの普通の呪術で言われていた以上の意味を持ち始めた。

これがアフリカにおけるアルビノ狩りが、ここへきて急増している背景なのだ。

アルビノ狩りをなくすためには?

こうした背景から考えれば、アルビノ狩りをなくすためには、アフリカにおける資本主義経済を成熟させることが重要であるということがわかる。「富」自体になれることが重要だ。行き過ぎた資本主義経済は貧富の格差を生むと言われているが、それでもアフリカの最貧民層の暮らしは今より改善すると考えられる。

少なくとも、国民全体が「富」に接する機会が増える。そうすれば、アルビノの体が富をもたらすという迷信が、あまりに意味のないことであると気づくはずだ。アフリカでアルビノの人々が安心して暮らせる日が来ることを祈るばかりだ。

ピックアップ記事

関連記事

  1. NHKの不祥事が2016-2017と多いのはなぜ?
  2. 都議選2017の投票日は?期日前投票は何日間できる?
  3. 鹿島建設の不祥事。リニア工事の真相は?
  4. 高畑裕太被害者画像が流出!?画像はデマと断定
  5. 鳥越俊太郎は反日?がんを抱えて出馬の男の決意とは?
  6. 石破茂の娘と嫁が美人と話題に!大物政治家の家族はどんな人?
  7. ヒラリー・クリントン宇宙人説?時折見せる「闇」が話題に
  8. 愛知県でカーナビ盗みが横行!個人でできる対策はあるのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP