SOCIAL

テレンスリーが応援演説した候補者はトクマだった!幸福実現党の組織的不正か?

軍事評論家でタレントのテレンスリーが逮捕されたというニュースが飛び込んできた。公職選挙法違反だという。テレンスリーと選挙というのは、なかなか結びつかないので意外なニュースだ。先日行われた参議院選挙で、ある候補者の応援演説をした際、5万円の報酬を受け取ったというのだ。選挙の応援を頼まれて、その見返りに現金を受け取るとは、軍事評論家にしては危機管理が足りなかったようだ。

テレンスリーが応援演説した候補者は誰?

報道当初は、問題となった候補者が明らかにされておらず、その点も不審さを増加させた。結局、幸福実現党のトクマ氏陣営における不正だということが判明した。トクマ氏本人の指示かどうかはわからないものの、陣営側に不正を働くような人物がいたということは、候補者自身の信頼を貶める。

トクマ氏だと発覚したのは、本人のブログから不自然な形で、テレンスリーが応援演説に来たと思われる日のブログ記事が消されていたためだ。また逮捕後の直撃取材に回答したテレンスリー本人も「幸福実現党の候補者の応援演説をした」とコメントしている。本人曰く、よく頼まれるそうだ。テレンスリーに応援演説を頼んだところで、どのような効果があるかは不明だ。ましてや、金を払う価値があるのかと考えると、もはやペイしないのではないだろうか。

結果的にではあるが、トクマ氏、及び幸福実現党自体の信頼性をおとしめてしまったようだ。

幸福実現党の集団不正の可能性は?

このような不正が発覚すると、やはり集団的にそのような不正を働いているのではないかという疑念が湧いてしまう。トクマの応援演説には他に芸能人は来ていないようだが、他の幸福実現党の候補者の応援演説に来る芸能人にも疑いの目がいってしまう。

現時点では、3人の逮捕者が出ており、トクマサイドの人間と思われる人物と、テレンスリーを紹介した仲介人も逮捕されている。一木昭克氏が10万円を今井一郎氏に支払い、今井一郎氏が5万円を手数料としてもらい、テレンスリーに5万円を渡したという。

もともとの10万円が一体なんの金かということが重要な問題だ。一木昭克という人物は、雑誌編集などの仕事を中心に活動している人物。スポーツイベントの主催なども行っているようだ。幸福実現党との接点は今の所見出せず、トクマとの個人的なつながりがあったのかもしれない。

仮に、今回の件が組織的な不正だとすれば、今後さらなる逮捕者が出る可能性もある。テレンスリーの逮捕という小さな話題から、案外大きな波紋を呼ぶかもしれない。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 崖っぷちホテルってどんなドラマ?EXILEの岩田剛典が初主演で話…
  2. 小室圭の父親の死因は自死だったことが判明...広がる波紋
  3. オスプレイ沖縄墜落は結局何が問題なのか?安全性低いのは機体の欠陥…
  4. お年玉の相場はいくら?
  5. 電通の不祥事が止まらない!ブラックだが年収は魅力?
  6. 黒崎愛海さんの高校は?才女の安否を気遣う声多数
  7. 都議選2017の投票日は?期日前投票は何日間できる?
  8. 東京サマーランド事件の犯人は子供か?捜査の最新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP