ENTERTAINMENT

中島美嘉は病気で激痩せ?一体なにが…?

sadwomen

中島美嘉の激痩せぶりにネット上では話題になっている。中島美嘉と言えば「雪の華」や「ORION」など名曲を数々世の中に出してきた。

なぜ中島美嘉がこんなにも激痩せしてしまったのだろうか。病気で激痩せとの情報もあり中島美嘉の激痩せの事情について調べてみたので紹介したい。

スポンサーリンク

中島美嘉が激痩せでネットでは騒然

中島美嘉のあまりにも凄い激痩せぶりでネット上では話題になっている。実は中島美嘉は食べることをストレスに感じることがあるという。

しかも飲み物も嫌いだったというのだから徹底している。これは拒食症の一種なのかもしれない。しかも一時期は体重が35㎏まで落ちたというのだから危険だ。あまりにも痩せすぎている。

中島美嘉は身長が160㎝なので体重が50㎏近くあってもおかしくない。それにも関わらず35㎏というのは健康にも良くないだろう。しかも実際に中島美嘉は激痩せが原因となってある病気を患ったようなのだ。

スポンサーリンク

激痩せが原因で病気に一体なにがあったの?

実は中島美嘉は耳管開放症という難病を患っていたことがわかっている。この耳管開放症となる原因のひとつが急激な体重の減少だと言われている。

つまり中島美嘉は食べるのがストレスで激痩せしてしまい耳管開放症となってしまったのだ。症状としては耳閉感を感じて自分の声が響いて聞こえたり、ゴーゴーという自分の呼吸音に悩まされたりすることのことだ。中島美嘉はそんな耳管開放症に悩まされることになり歌手活動の無期限活動休止までしている。

活動休止してからは少しずつでも体調を整えていって歌手活動を再開した。中島美嘉は耳管開放症とうまく付き合っていく方法を見つけたようなのだ。そんな中島美嘉だがご存知のようにバレーボール選手の清水邦広と結婚している。

家族ができたことは中島美嘉にとってプラスなのかもしれない。激痩せや耳管開放症に負けないでこれからも歌手活動を続けていくことだろう。ぜひ今後も歌手として第一線で活躍してほしい。

中島美嘉が耳管開放症という難病と戦っていたのだ。世の中には耳管開放症だけでなくさまざまな難病があり戦っている人がいるのだろう。

それでも中島美嘉のように難病を抱えながらも活躍している人がいる。これは難病を抱えている人にとって勇気が湧くことではないだろうか。今後も中島美嘉には歌手として活躍して難病なんかに負けないでほしい。そしてぜひ幸せになってもらいたい。

スポンサーリンク

ピックアップ記事


Thumbnail of 紗栄子が愛用の◯◯で激ヤセした人続出!SNSで大炎上中!紗栄子が愛用の◯◯で激ヤセした人続出!SNSで大炎上中!
紗栄子さん愛用の「あるもの」で痩せた人が続出しているようです。

関連記事

  1. band 「We are X」の日本公開はいつ?X JAPANファン待望の…
  2. father 佐藤浩市 息子と父の確執 苦しみの先に見えた父子関係を考える
  3. baseball 平野ノラの巨人選手は誰?渋めの選手とは一体誰か
  4. ochikomuman ザ・グレートサスケの息子アンドレスの現在は?成宮が一体何をしたの…
  5. sad 高畑裕太の撮影映画は?前橋のビジネスホテルはサンカント!
  6. 男女1 高畑裕太の父は誰?大谷亮介と判明か
  7. car12 世にも奇妙な物語「車中の出来事」あらすじネタバレ!
  8. suits ダレノガレ熱愛相手の慶應卒商社マンSは三菱商事か?商社マンがモテ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

  1. moneyasd
  2. money123
  3. business
  4. pad
  5. pad
  6. 渋谷 ビル
kubire3

BUSINESS

  1. buillding
  2. moneyasd
  3. business
  4. sadman
  5. party
  6. workerwoman
  7. car12
  8. businessmans
  9. horie
  10. IMG_2937

LIFESTYLE

  1. cloud12
  2. saibou
  3. umbrella
  4. cloud
  5. cloud
  6. sadman
  7. cloud
  8. money
  9. hospital
  10. womantree

WOMEN

  1. girlesss
  2. wedding
  3. death
  4. soccer
  5. gorin
PAGE TOP