SOCIAL

内田茂は山口組と義兄弟関係にあった?暴かれ始めるドンの正体

都議会のドンとしてここ最近注目を浴びている内田茂。反・内田茂を打ち出して、圧倒的な得票数で当選した小池百合子が都知事になり、内田茂の力が日に日に削ぎ落とされていっている状況だ。

徐々に暴かれ始めた都議会のドンの正体だが、いよいよシャレにならないような暴露話まで飛び出してきた。なんと内田茂は指定暴力団の山口組関係者と義兄弟の関係にあるというのだ。

内田茂については、もはや信じられないような周辺情報が多数飛び交っていた。内田茂の機嫌を取るために、周囲の議員は内田茂が嫌っている議員を率先していじめていたり、内田茂への怒りを爆発させて自ら命をたった都議会議員がいるなど、にわかには信じがたい逸話ばかりだ。

しかし、これらの逸話も、内田茂が本当に山口組と近しい関係者であったとすれば、納得がいく面もある。要するに内田茂の背景には、一般人が恐れるなんらかの力が存在しているということだ。

内田茂は山口組関係者と義兄弟?

内田茂が山口組と義兄弟であるという噂には2種類のものがある。内田茂が高校を中退してから政治家になるまでの19年間の空白期間の経歴が不明であり、そこで山口組の組員として働いていたというもの。もう一つは、内田茂の姉の夫が、山口組の組員だという噂だ。

どちらも証言者が存在しているようであり、片方が真実であれば、もう片方も真実であるとみなして良さそうな情報だ。なんといっても、このツイートの重みは大きい。

🌸内田茂情報~党員友達より🌸

警視庁は、内田茂自由民主党東京都連幹事長を指定暴力団山口組の組員と義兄弟の契りを交わしたとして、現在、徹底捜査中であります。
余罪有り
内田茂の姉の夫が工藤会のヤクザであった。
https://t.co/pCT5VF8hLS

— 佐久間 吾一@川崎市 (@sasasa5151) 2016年7月18日


佐久間吾一という自民党の党員で川崎市で活動している人物だ。仮にこの情報が悪意をもったデマ情報であれば、名誉毀損で訴えられてもおかしくないレベルだ。ただし、名誉毀損の訴えは、その情報が真実かどうか検証する必要がある。

佐久間氏は関係筋から内田茂についての情報を仕入れていて、確信を持ってこの情報を発信していると考えてよい。そうでなければ、自分自身が訴えられてしまうからだ。このツイートの意義は大きい。

また、空白の経歴についても、高校を中退して19年間、当時の混沌とした社会で、あれだけバイタリティある人間がやることといえば、アングラな稼業しかないのだ。当時は、今ほど反社会的勢力との線引きがなされていなかったため、そうした繋がりがある人物でも政治家になることができた。むしろ、名前が通っていればカタギの職業の人より当選しやすかったのではないだろうか。

裏付けとなる状況証拠多数

内田茂については、昨今も不可解な現象がつきまとう。内田茂の印象について、内田茂の地元で一般人有権者にインタビューすると、顔出しNGの人が圧倒的に多かったという。内田茂の悪口をいうと、後でどうなるかわからないという怖さがあるのだろう。

冒頭にも述べたが、大の大人がいじめられて、怒りのあまり自ら命を立つということもにわかには信じがたいが、そうまでして内田茂を陥れる必要があったということかもしれない。

何より、今回の都知事選で話題になった「親族による他候補応援の禁止」のお触れ書きは、あまりに時代錯誤の恐怖政治的発想だ。まともな発想の人物とは言い難い。ひとまず今回は都連のポストを降りたということだが、果たしてそれで済むだろうか。

仮に、本当に山口組と義兄弟の関係にあるということで、週刊文春あたりに相当の信ぴょう性をもって報じられれば、内田茂個人の問題にとどまらず、自民党全体の問題にさえなる。おそらく、都連のポストを降りたのも、そうした党全体への影響を恐れた官邸の主導で進められたはずだ。

自民党は、このような場所でつまずく前に、内田茂をどうにかする必要があるだろう。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 伊藤詩織のFacebookやTwitterからみる彼女の正体は?…
  2. 藤野保史の炎上騒動が賛否両論!防衛費は人を殺すための予算なのか?…
  3. 長谷川秀夫が過労死問題で炎上!なにが問題だったのか?
  4. 塚越裕美子の事務所はどこ?芸能活動の形跡もアリ!
  5. 小室哲哉引退の裏にまたも週刊文春!過去に週刊文春に陥れられた有名…
  6. トランプ氏のカツラ疑惑!不自然な髪型が話題に
  7. マクロン大統領で日本経済への影響はどうなる?
  8. 籠池泰典の息子(長男)籠池佳茂のブログはどこに?Facebook…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP