BLOG

出世する人の特徴の総まとめ!あらゆる特徴を網羅して見えてきた「出世」の真実

企業勤めをする多くの人にとって「出世」という言葉は大きな意味をもつ。出世したいかしたくないか、どちらか選べと言われれば、誰でもできるなら出世したいと思うだろう。ある人にとっては、出世こそが働く目的となることもある。それほど「出世」は、働く人にとって重要なことなのだ。かくいう筆者も、出世には人一倍興味がある。(だからこそ、「Workers Magazine」などという情報メディアを、一人で運営しているわけだ。)

世には、様々な「出世論」がはびこっている。組織論を絡めて学術的に出世を論じたものや、「出世する人の特徴5つ!」などのようなライフハック系の記事としてまとめられたものなど、多種多様の出世論がある。

今回の記事では、それらの出世論をとにかく網羅的に読み込み、それらをカテゴライズして抽出した。少なくとも、ネット上で読むことのできる「出世する人の特徴」といったような記事は、これ一本読めば全て頭に入れることができるはずだ。

今回の記事では、様々な出世の要素を、4つのカテゴリーに分類した。「仕事力」「思考力(メンタル)」「振る舞い(外形的)」「人間関係」の切り口で整理している。

一つ一つの要素を見ていくと、矛盾しているように見えるものもある。

しかし、人間は様々な側面をもつ動物であり、一人の人間の中に矛盾する性質が同居することもある。むしろ出世する人は、適切な場面で矛盾した性質を使い分けていく。そうした観点ももちながら、読んでもらいたい。

おそらく、全て当てはまる人は、社内でも相当評価されているはずだ。ぜひ、自分がいくつ当てはまるか、考えながら読み進めてもらえたら幸いだ。

仕事力の特徴

やはり、「出世する=仕事がデキる」という方程式は不変だ。「仕事がデキる」というのも、膨大なテーマとなる。しかし、あえてそれを出世という切り口でみると、多くの場合、以下のような要素に収斂されていくことがわかった。

仕事のスピードが早い

基本中の基本かもしれないが、何事も遅いより早い方が良い。出世する人は、仕事のスピードが早いというのは、もはや常識といえよう。

ホームランではなくヒットを量産できる

これは重要なポイントだ。一発大きな実績を上げただけでは、本当にその人の実力かどうか見極めは難しい。出世する人は、いつも良い結果を残す。必ずしも大きな結果を残すわけではないが、プラスの結果をもたらし続ける。出世は、長く勤めなければ、成し得ない。長くヒットを打ち続けることが重要なのだ。

デスクが綺麗

仕事が早いことと似ているかもしれない。デスクの状態は、脳内の状態を表すともいう。やはりデスクが綺麗な人は、仕事のアウトプットも良い。出世したければ、意識的にデスクを綺麗にしよう。

人に仕事を任せる勇気

出世するということは、部下を持つということだ。部下を持ったら、うまく使わなければならない。部下の使い方がうまければ、大きなパフォーマンスを出すことができる。その秘訣は、信頼して任せることだ。信頼せず、部下を活用しなければ、当然出世はできない。これを高いレベルでできる人材は、どんどん上へ行くことができる。

期待以上の成果を出すことへの執着

メンタル的な部分ではあるが、上司の期待以上のアウトプットを出そうとする姿勢は、そのまま上司からの信頼度につながり、出世につながる。

後輩の指導に熱心

組織内で上に立つものは、下をうまく使う必要がある。組織のリソースでもある、実働部隊をレベルアップさせることは、上司の重要な役割。後輩の指導ができるということは、そうした能力があることと同義。後輩の指導を熱心にしている姿は、評価者の目に止まるはずだ。

思考における特徴

もっとも重要なのが、思考の特徴だろう。物事は、どのようなマインドで取り組むかによって、結果が大きく変わる。出世する人間の思考の特徴とはどのようなものなのだろうか。

初志貫徹の姿勢

一度決めたことはやり通そうとする意思は、非常に重要だ。特に、入社時の想いや、初めて仕事で得た感動を、ずっと胸に持ち、腐らずにいることは難しい。それができる、初志貫徹の男は出世しやすい。

柔軟である

初志貫徹と矛盾するようだが、次元が違う。やり方には柔軟であり、時代の流れや、組織の力関係によって、仕事の仕方を変えることができる。いつまでも自分のやり方にこだわっていては、出世はできない。

ポジティブである

これはいうまでもないだろう。ネガティブな人間と、ポジティブな人間、当然ポジティブな人間の方が出世しやすいに決まっている。いますぐポジティブを意識づけよう。

協調性を持っている

仕事は一人ではできない。ここでいう協調性は、チーム志向であるということだ。さらに言えば、個人の実績を上げることよりも、チームの実績を上げることを意識している人間の方が出世しやすい。その方が、組織として与えるインパクトが大きいからだ。周りと協調しながら、引き上げる。この協調性が重要だ。

我慢強い

出世をしようと思えば、嫌な仕事や、ストレスのたまる場面にも多く遭遇する。しかし、将来得る果実のため、耐える必要があるのだ。これを耐えられる、我慢強い人のみが出世する。当然のことと言える。

現実思考

現実思考の人が出世しやすいという見方が強い。現実は非情だ。その非情な現実を受け止め、現実を変えるべく、地に足のついた施策を打てる。こうした人が出世しやすい。

素直である

素直であることは何より重要だろう。出世を語る上で、評価者は自分の目上の者になる場合が多いわけだが、目上の者は、自分より経験や能力が優れている場合が多い。その目上の者のアドバイスを素直に受け入れられる。それだけで、出世の道はぐっと近づく。

情熱的である

仕事に対して、情熱を持って接することは重要だ。情熱的であれば、こだわりが出てくる。そのこだわりこそが、出世の道へ近づくポイントだ。

自分を客観視できる

自分を客観視することも重要だ。自分がどのように評価されているかを、しっかりと第三者目線で認識しておく必要がある。これができていないと、評価者とのズレが大きくなり、慢心や、無駄な焦りを生む。

組織感覚を理解している

出世は、組織の中でしか起こり得ない。組織において、誰が権力を持っていて、誰が声をあげれば組織が動くのか。冷静に見極める能力が必要だ。

謙虚である

自分を客観視するということと似ているが、謙虚であることも非常に需要だ。「まだ自分は足りていない」という自己認識こそが、さらなる成長の原動力となる。卑屈になることとは別だし、自信を持ってはいけないということでもない。気持ちの根底に「まだ自分は足りていない」という感覚を持ち、成長し続ける。出世には必須の姿勢だ。

自責で生きている

個人的には、これが最も重要な思考の特徴だと考える。何かにつけ、他人のせい、世間のせいにしていては、自ら課題を解決し、成長するチャンスを逃してしまう。全ては一旦自分のこととして受け止め、それを現実の問題として処理をする。そうした姿勢がないものは、人の上に立ってはいけない。

決断が早い

これは、考えもせずにいい加減な決断を下すこととは違う。実際には、時間をかけて決断を下したほうがいいこともあるかもしれない。問題は、下した決断に伴う結果を、しっかりと受け止める覚悟があるかどうかだ。その覚悟があれば、一つの決断を下すことは容易だ。決断の精度が上がるのは、そうした覚悟が決まった後の問題ともいえる。

他者からの評価を気にしすぎない

他者からの評価を気にしすぎないことも重要だ。結局、空気を読むだけの付加価値の低い人間は出世しない。他者からどう思われようとも、批判されようともやらなければならないことは、やらなければならないのだ。そこを踏み出せる勇気があることも、出世の条件の一つといえる。

振る舞いにおける特徴

次は、外面的な特徴だ。出世する人の外形的な行動面やにおける特徴をまとめた。

聞き上手

出世する人はとにかく聞き上手。これには2つの意味がある。一つは、相手に「自分が受け入れられている」と感じさせ、安心感を与えること。もう一つは、相手のいうことをしっかりと理解し、一度全面的に受け入れる姿勢を見せるということだ。前者については、いうまでもない問題だ。後者は、こうして全面的に聞き入れることで、学びを得られるのだ。相手の言い分を受け入れ、それを実行に移すかは別問題だが、相手のいうことを一度全面的に理解しようとする。この姿勢が成長の源となり、出世につながる。

言葉遣いが綺麗で正しい

言葉遣いの正しさは、知性や貫禄を感じさせる。コミニュケーションの本質は、意思の伝達であり、言葉遣いは本質的ではないかもしれない。しかし、ほんの少しの気遣いで相手の印象が変わる。このほんの少しの気遣いができるかどうか。ある意味、姿勢の問題ともいえるが、重要な問題だ。

人を信頼する

出世する人は、人の動かし方を知っている。相手を信頼し、任せること。そのことを理解しているから、相手への信頼を表明することを厭わない。人は、自分を信頼してくれる人についていく。この原則を抑えた人も、出世が近づく。

声が大きい

声の大きさは、自信を感じさせる。謙虚であることが最も重要だが、自信を持っているように見せることも同時に重要だ。自信があるように見せる、最も簡単な方法は、声を大きくして話すこと。出世した人は、声が大きいことが多い。

NOと言える

他人の評価を気にしすぎない、ということにつながる。YESマンではダメなのだ。本質を捉え、必要なときには、上司に対してもNOといえる。謙虚さと自信が同居した人物からの忠告であれば、ワンマン上司でも聞き入れるはずだ。

太っ腹である

出世する人は、得てして部下におごる人が多いようだ。少なくとも、ケチケチして、金を使わない人は、金を得る必要もない。出世する必要もない。人に対してサービスして金がなくなっても、それは信頼となり、あとから金を生む。そうしたことを、本能レベルで理解している人が出世に近づく。

誰に対しても態度が丁寧

誰に対しても態度が丁寧であるため、人から信頼を得やすい。少なくとも、上司には媚びへつらって、部下には高圧的な人物が出世するようには思えないだろう。ただ、現実本当にそうなのかは、少し疑問がつくが・・・。出世に当たってクリティカルな問題ではないのかもしれない。

人によって柔軟に対応を変える

上と矛盾する気もするが、あくまで相手の性格や感性によって、うまく対応することを指す。上司にいい顔をし、部下には偉そうにするということではない。相手のレベルに合わせる、という表現が正しいだろう。

「忙しい」と言わない

これは重要な問題だ。よく言われることであるが、「忙しい」という言うのは、「自分は仕事の時間管理ができない」ということと等しい。さらにいえば「忙しい」ということで自分は仕事上重要な人間だということをアピールしたい意図も見える。他人の評価を気にし、自分に自信がなく、時間がないことを仕事量のせいにしたいから、もはや言い訳のように「忙しい」という言葉を使ってしまうのだ。全て自分の行動(能力不足、管理不足)の結果、忙しい状態になっている。そのことを肝に銘じる必要がある。

行動が早い

やると決めたらすぐやる。やると決めたのに、すぐやらないのは、無駄でしかない。極めてシンプルな話だ。

一次会しか参加しない

必ずしも、というわけではないはずだが、二次会に意味があることは少ない。一次会でしっかりと親睦を深めればよい。むしろ一次会で親睦を深めれられない程度の目的意識、コミュニケーション能力だから、二次会が必要になってしまう。筆者個人としては、二次会そのものを楽しむ場合もあるため、必ずしもそうかと言われると、微妙な気がする。

非があれば謝る

ごく稀に、謝ることができない、ダメな人がいる。出世できる人は、すべからく非があれば謝ることができる。どちらかといえば、「謝れない=出世できない」であり、「謝れる=出世できる」ではないと思われる。

「わからない」といえる

これも上と同様、自分の非や至らない点を見つめ、現実問題として受け止め、改善できるかどうか。仕事人として非常に重要な部分だ。

人間味がある

淡々と仕事だけの付き合いよりも、家族のことや、趣味のこと、人間的な部分が見える人の方が出世に近いという説もある。その方が、ぐっと親近感がわき、味方が作りやすい。

臭くない

銀座のホステスは、臭い男は出世できない、と考えているようだ。周りへの気配りが足りないということらしい。少しシャープすぎる切り口のような気もするが、とりあえず臭いには気をつけた方がよいだろう。

人間関係の特徴

出世する人間は、人間関係の構築の仕方にも特徴が見られる。どのような人間関係を構築する人が、出世するのだろうか。

上司に一途である

この場合、上司=評価者だ。評価者の要求に対し、一途に答えていく。さらには、評価者の課題に対して一途になることが重要だ。そうすれば、NOという場面でも聞き入れられる。

部下におごる

部下におごることで、慕われるようになる。人がついてくるということは、非常に重要なポイントだ。太っ腹であることとも同義かもしれない。

付き合いが良い

一次会しか参加しないという特徴と矛盾するようでもあるが、少なくとも付き合いが悪くては出世できないことはいえる。少なくとも、「付き合いが良い」と思われる程度には、うまく人間関係のメンテナンスをしていく必要があるということだ。

裏方の事務員に優しい

裏方の事務員やスタッフなどから評判が良いひとは出世しやすいといえる。実際に、評価者である上司がスタッフにヒアリングを行うこともある。また、裏方からの評判が悪いと、特に女性スタッフは、評価者に対してあなたの悪い情報を流したりする。裏方に優しくできるひとは、余裕があるとも言える。余裕を持った仕事の進め方が出世につながるとの見方もできるだろう。

社外人脈が多い

会社の中でしか生きられないタコツボ人間は、会社を動かすためのコマにしかなれない。出世し、会社を動かすということは、会社という組織を使って、外に働きかけていくということだ。その際、社外人脈が多く、社外の価値観に多く触れておくことが重要となる。

敵が少ない

敵がいると、足を引っ張られる。ひとの信頼は、積み上げるのは時間がかかるが、崩すのは簡単だ。たった一つの悪い情報で、信頼は崩れる。出世を成し遂げたひとは、そこまで足を引っ張られなかったひとだとも言える。そういうひとには、敵が少ないのだ。

社内に絶対的な味方がいる

足を引っ張られないだけではたりない。誰かに引き上げてもらう必要がある。絶対的にあなたを引っ張ってくれる評価者の存在が必要だ。そのためには、評価者に対して一途になる。若い時代に、こうした味方を作ったひとこそが、出世に近づく。

「性格が悪い」という評判

結局、「性格が良い」という評判は、「アクがない人」につく評判なのだ。信念を持ち、情熱を持ち、上を目指す人は、たとえ誰にでも丁寧に接していても、「アク」を感じさせる。ただ性根がねじ曲がったひとは論外だが、適正レベルの「性格が悪い」という評判は出世する人にとって必須の評判とも言える。

嫁が美人

出世する人の嫁は美人。女は、男の本質を見抜く。出世しそうな男には、女が寄ってくる。その中で選ばれた女は美人である。ある意味、世の真理だろう。

嫁があげまん

出世する男の本質を見抜ける女は、夫のたりない部分をうまく指摘し、改善しようとする。そうした嫁がいる男は、優れた個人コンサルタントを持っているようなものだ。

嫁が夫を束縛しない

上司について回ったり、後輩におごったり、出世するためには、たくさんの時間を犠牲にする必要がある。そのことを理解している妻は、夫を不当に束縛したりはしないだろう。

結婚が早い

いわゆる「足元を固める」時期が早い人が出世に近いようだ。結婚をすると、仕事に対する覚悟が決まりやすいことから、早く結婚した人が結果的に出世しやすいということになる。

小遣い制ではない

後輩におごるのも、自己投資するのも、何事にも金がかかる。月3万円の小遣いでは、その日暮らしをすることで精一杯だ。何事にも「金がないからできない」という言い訳がつきまとう。出世とは真反対の考え方となってしまう。

「出世」の真実

かなりのボリュームになったが、重複するものや、考え方が似通ったものもある。これらをまとめていくと、以下のようにいうことができそうだ。

出世する人は
・自分自身を統制している。
・目標に対して合理的である。
・人生に対して前向きである。

この3点に抽象化できる。

この概念を意識しながら、上に列挙した特徴を、猿まねでもよいから一つ一つ行動に落とし込んでみよう。これらが習慣化されれば、あなたの成功はより現実味を帯びてくるはずだ。

習慣化するには、毎日必ず時間を決めて、これらをインプットすることだ。潜在意識に刷り込むのだ。寝る前や、通勤電車の中で、この記事を一日2回読むようにしてほしい。

より効果的なのは、耳から音声で刷り込むことだ。好きなアーティストの楽曲は、覚えようとしなくとも自然と口ずさむことができる。耳からの刷り込みは非常に有効だ。

その際、便利な教材がある。ジェームズ・スキナーという成功哲学者のセミナー音声をまとめたCD教材がある。

先ほど述べた、出世する人のポイント
・自分自身を統制している。
・目標に対して合理的である。
・人生に対して前向きである。
これは、まさにジェームズ・スキナーが提唱していることと同じなのだ。

より効果的に、成功への階段を進めたい人は、ぜひこの音声教材を手に取ってみるとよいだろう。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 台風21号の進路は?2017年ラストの台風
  2. 小泉道子が純一郎と独身を貫いた理由!結婚観が異常との声も
  3. 小林麻央の余命が末期か?9月のブログから見る進行状況
  4. 電通の不祥事が止まらない!ブラックだが年収は魅力?
  5. 富裕層の定義は年収・資産どちらで決まる?日本でトップ1%に入るた…
  6. 小林麻央の入院する病院はどこか?聖路加や国立がんセンターではない…
  7. 梅雨入り2017関東の予測はいつ?雨量の予測も
  8. 郵便料金値上げ2017年はいつから?封書はいくらになるか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP