CULTURE

夏樹静子の家族もすごい!代表作を振りかえる

pinkflower

ミステリー作家の夏樹静子さんが、3月19日未明に心不全のためこの世を去った。享年77歳だった。ご冥福をお祈りしたい。夏樹静子さんは、女流ミステリー作家の先駆けとして、不朽の名作を世に多く残した。

慶応大学文学部在学中の1960年、夏樹静子さんが21歳の時に発表した作品が江戸川乱歩賞の候補となり、それ以来放送作家としての活躍を始めた。フランスや中国でも推理小説の賞を受賞し、日本を代表するミステリー作家となった。

スポンサーリンク

夏樹静子の家族がすごかった

夏樹静子の家族は大物揃いだ。夫はあの出光興産創業者、出光佐三の甥の出光芳秀さん。兄は小説家の五十嵐均。長男は俳優の出光秀一郎だ。まず出光一族と親族であるということだけで、親戚関係には非常に恵まれている。

出光興産は、資本金1080億の上場会社だ。そのオーナー一族とあって、保有する資産は計り知れない。文字通り、計ることができないほどの資産だ。

夏樹静子は大学卒業後すぐに出光芳秀と結婚をしている。就職をすることなく福岡に移り住んだ。作家として注目され始めた中、主婦業に専念することとなった。財閥社長の妻となった苦労も色々とあったのだろう。しかし、二人目の子供となる長女を出産した際に、この出来事をぜひ小説にしてみたいという思いから、「天使が消えていく」という作品を出版。それ以来、次々と名作を発表していった。

スポンサーリンク

夏樹静子の代表作は?

やはり、一番の代表作は「Wの悲劇」だろう。夏樹静子はアメリカの推理小説作家エラリー・クイーンとも親交があった。ちなみにエラリー・クイーンは女性ではなく、男性二人組の推理小説ユニットだ。エラリー・クイーンの有名なシリーズに「Xの悲劇」「Yの悲劇」「Zの悲劇」があるが、夏樹は本人に許可をとって「Wの悲劇」という作品を発表した。本人に取ってもこれが一番の傑作だったようだ。実際にこの作品で海外の推理小説賞も受賞している。

他にも「検事 霞夕子」シリーズや「弁護士 朝吹里矢子」などは、実際にその職業の人への聞き込みや、夏樹静子自身が法律の勉強を一からしなおすなど、作品へかける情熱も相当なものだった。

最近では「光る崖」が高島礼子主演で放送されたり、「Wの悲劇」が武井咲主演で放送されるなど、時代を越えて読まれ続ける作品を世に多く輩出した。

まさに現代を誇る女流作家だった。

ご冥福をお祈りしたい。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事

  1. gym 成宮寛貴引退理由の真相は?薬抜きの一時避難か
  2. wedding DAIGO北川景子の結婚披露宴式場のホテルはプリンスパークタワー…
  3. wedding 相原麻美が破局の噂を乗り越え与沢翼と結婚!玉の輿にのる秘訣とは?…
  4. beautifulwoman スザンヌの長男とのキス画像が炎上で賛否両論
  5. house 高畑淳子の自宅に報道陣殺到でかわいそうとの声続出
  6. camera 宇垣美里の彼氏は伊野尾慧?肉食女子アナの歴代彼氏まとめ
  7. police 克美しげるが岡田裕子を手にかけても復帰できた理由とは?
  8. cherry お花見【東京】2017のおすすめスポットは?会社の同僚と行くなら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

  1. soldier
  2. suitman
  3. money123
  4. city1234
  5. wine
  6. pad
kubire3

BUSINESS

  1. darksea
  2. suitman
  3. businessmans
  4. worldcity
  5. party
  6. shutterstock_356891531
  7. shutterstock_382266112
  8. workerwoman
  9. akachan

LIFESTYLE

  1. whiteflower
  2. hswomen
  3. cloud
  4. fires
  5. gorin
  6. tera
  7. bird
  8. cloud12
  9. whiteflower
  10. sadman

WOMEN

  1. sadwomen
  2. death
  3. josei
  4. work
  5. aaby
PAGE TOP