BUSINESS

打首獄門同好会が行列でテレビ初出演!音楽番組ではなくバラエティに出た理由とは?

band

打首獄門同好会というバンドが急激に注目を浴びている。行列のできる法律相談所に出演したことで、話題を呼んでいるのだ。行列出演時には「絶対にテレビに出ないバンド」という触れ込みだったが、そんなバンドがなぜ今回、音楽番組ではなくバラエティに出演したのか、様々な憶測を呼んでいる。

今回の記事では、打首獄門同好会がなぜ今回バラエティに出演したのか、マーケティングの観点から考察してみたい。

スポンサーリンク

打首獄門同好会とはどのようなバンドか?


動画を見ていただければ、なんとなくのテイストがお分かりいただけるだろう。日常のどうでもいいことを激しいサウンドに乗せて歌い上げる、異色のバンドだ。

バンド名の由来は、なんとなく和風の名前にしたいということからつけられたようだ。ここにも緩さが出ている。2004年に結成されたスリーピースバンド。楽器演奏のレベルは非常に高い。もともとギタリスト志向だったボーカルが、曲を作る際に歌詞に困り、適当に日常の思いを歌い上げたら話題になったようだ。

ライブでは歌詞を背景に映し出しており、この歌詞の緩さも人気の秘訣だ。

スポンサーリンク

打首獄門同好会の所属事務所は株式会社エルディーアンドケイ

彼らの所属事務所は株式会社エルディーアンドケイだ。株式会社エルディーアンドケイについては、こちらの記事で社長について情報をまとめている。大谷秀政のwiki経歴!夜カフェの先駆けが成り上がりジャポンで新企画!

社長の大谷秀政は、フィーリングを大事にする人物だ。マーケティングにも優れている。打首獄門同好会は、ロックのメインストリームを歩むバンドではない。こうしたバンドが、Mステなどの音楽番組に出演すると、ただただ「キワモノバンド」という印象を与えてしまい、下手をすれば「ギャグバンド」という認知をされかねない。

打首獄門同好会は、演奏のレベルの高さもあり、ギャグバンドとは一線を画す。この塩梅が非常に重要なのだ。

そこで考えられたのが、注目度の高いバラエティへの出演だ。バラエティ番組の中で、ステージ演奏を見せれば、それだけで「異色感」を打ち出せる。さらにスタジオにはライブハウスでいつも彼らを支えているファンが、ライブの時と同じようなノリで鑑賞。異色感の中にも「リアル感」を打ち出し、ユニークさを際立たせることに成功している。

非常に新しいタイプのバンドマーケティングといえる。もちろん、この打首獄門同好会というユニークなバンドだからこそ成り立つマーケティングだが、こうした新しいマーケティングを打ち出せる株式会社エルディーアンドケイには今後とも注目していきたい。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事

  1. cherry 芦田愛菜の中学受験の結果は?女子学院に進学か
  2. A photo by Desi Mendoza. unsplash.com/photos/CuSHBGBdXc0 安倍マリオの海外の反応がすごい!東京五輪に高まる期待
  3. suits 長井秀和も幸福の科学信者だった!清水富美加ショックで広がる波紋
  4. bill 成宮寛貴の自宅は?沖縄の別荘でも薬物使用をしていたのか
  5. wedding DAIGO北川景子の結婚披露宴式場のホテルはプリンスパークタワー…
  6. police 狩野英孝 逮捕で解雇の可能性は?会見内容がグダグダとの批判も
  7. woman 渡部建と共演NGの脊山麻理子がヒドい!共演NGの理由とは?
  8. pad 20代で年収1000万円を実現するための自己投資とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

  1. horie
  2. casino
  3. moneyasd
  4. suitman
  5. wine
  6. horie
kubire3

BUSINESS

  1. car12
  2. suitman
  3. pad
  4. akachan
  5. IMG_2937
  6. city1234
  7. 渋谷 ビル
  8. waterman
  9. moneyasd

LIFESTYLE

  1. wedding
  2. hswomen
  3. cloud
  4. father
  5. party
  6. pinkflower
  7. father
  8. couple
  9. hana
  10. pinkflower

WOMEN

  1. workerwoman
  2. hswomen
  3. crowded
  4. mother12
  5. green
PAGE TOP