ENTERTAINMENT

細貝沙羅の人事部への異動に見るフジテレビの左遷の流儀

細貝沙羅というフジテレビアナウンサーが、アナウンス部から人事部に異動になったというニュースが話題を呼んでいる。アナウンサーは、専門の採用枠があり、見事アナウンサーとして入社できた場合、普通はずっとアナウンス部に所属し、アナウンサーとして仕事をする。

それが、人事部というバックオフィスに異動になるということは、並大抵のことではあり得ない。しかし、今回細貝沙羅は人事部に異動になってしまった。この異動について、ネット上では「左遷だ」と話題になっている。

細貝沙羅アナは、確かにこれまでアナウンス技術が低いなどの欠点があったが、本当に左遷なのだろうか。

細貝沙羅の人事部への異動は左遷か?

細貝沙羅は、6月28日付で人事部に異動になった。一部報道によれば、これはアナウンス技術の低い彼女の起用先がなくなったことによる左遷だという。

細貝沙羅は、慶応大学出身で、学生時代にはミスコンに出場するほどの美貌の持ち主。堀北真希に似ていると噂されることもあった。高校時代は慶応NY高校に通っており、英語力は抜群。国際派のキャスターとして活躍する素地があったはずだ。

フジテレビでは、最近のタレント頼みの番組構成がたたり、アナウンサーの活躍の場が減っていたという。少ないアナウンサーの出番があったとしても、山崎夕貴や、加藤綾子が出番を奪ってしまい、くすぶっている若手アナウンサーが多いという。

細貝沙羅は、確かにもともとアナウンス技術が高い方ではなかった。ただ、アナウンス技術はある程度練習すれば誰でも身につく。本人の努力と、訓練機会が提供されるかどうかの問題だ。

今回の細貝沙羅の人事部への異動は、アナウンス技術が低いことへの懲罰的左遷というよりは、フジテレビの人材活用力の低下が要因の、極めておそまつなものと見るべきだろう。

フジテレビの左遷の流儀

フジテレビのアナウンサーで左遷された人物といえば、川端健嗣氏が思い浮かぶ。顔を見ればほとんど人が一度は見たことがあるだろう。FNS歌謡祭などでメイン司会を長年務めた人物だ。川端健嗣氏も2013年に子会社に出向している。とはいえ、川端健嗣氏の場合年齢的にも高齢であったため、後進に道を譲るという意味合いもあったのだろう。

他にも、編成部長の左遷などが頻繁に行われているとよく噂されるのを耳にしたことがあるだろう。

フジテレビは、現在局をあげて再起を図るべく画策中だという。視聴率の低迷が叫ばれ、純粋な視聴者目線でも、目を引く番組がない。どうしても気付くと日テレをつけているのは、筆者だけではないだろう。

それにしても、若く美しい女性社員を左遷するのは、非常にリスキーだ。特にアナウンサーは、アナウンサーでなければ意味がない。細貝沙羅がフジテレビを退社するのは時間の問題だ。本来は、新しい若手を育成することにリソースを割くより、中堅を有効活用した方が経営戦略上有効なはずなのだが、今のフジテレビにはそのようなことを考える余裕がないということだろう。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 紅白の視聴率が40%に届かなかった理由は?紅白の裏番組まとめ
  2. SMAP解散の真相【最新情報】メンバー数名は誰?香取慎吾がキーマ…
  3. ガキの使い2017大晦日が最後?ロケ地とゲストの情報まとめ
  4. SMAP大晦日解散慰労会の焼き肉店はどこ?木村拓哉はなぜ参加しな…
  5. 江本孟紀は沢田亜矢子の子供を認知した?しくじり先生出演で集まる注…
  6. 新子景視のネタバレ種明かし!16マスの数字当てのトリックを解説!…
  7. 狩野英孝のフライデーの相手は飛沫真鈴!画像を見ると確かに未成年に…
  8. 世にも奇妙な物語「運命探知機」あらすじとネタバレ!岩田剛典が初登…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP