BUSINESS

転職を後悔する理由のトップ5!後悔しない転職をするために企業の見るべきポイントは?

suitman

会社勤めをする人間であれば、誰もが一度は考えたことがある「転職」。

今の会社で一生勤め上げるのか?その先に一体なにがあるのか?社長になるのか?なれるのか?給料もっと高い会社があるんじゃないか?本当にやりたい仕事はこれか?

様々なことに悩みながら、人は働いている。

給料を得なければ、生活をしていくことはできない。転職活動にはある程度リスクが伴う。現在の職場にバレて、転職先も見つからない場合、最悪の場合、職を失う可能性だってある。

そんなリスクを伴う転職活動だからこそ、確実に納得のいく転職先に収まりたいと思うのは当然のことだ。

しかしながら、転職後の満足度を調査した厚生労働省の統計によると、転職後「満足している」と答えた人は約55%しかいなかった。残りの45%の人は、「どちらでもない」か「不満」を選んでいるという。

これから転職しようとする人にとっては、ちょっと怖くなる統計かもしれない。今回の記事では、転職後に後悔した理由の中から、最も多かった5つをご紹介しよう。

転職後悔理由トップ5!

転職後悔理由 第5位 社風が合わない

転職後に後悔する理由の第5位に上がったのは、社風が合わないということだった。転職後の人間関係もこれに含まれる。仕事内容や条件面について調べない人はいないが、社風や、勤務する人たちの雰囲気についてはなかなかわからないことも多い。

社風などをよく調べないままに転職してしまったために、転職後の職場の人間関係に悩み、結局また転職活動を始めるような人も多数いる。

精神的にも辛い、後悔理由の一つだ。

転職後悔理由 第4位 福利厚生が悪い

転職をしたい理由として上位にくるものとして「給料を上げたい」という理由がある。給料については、転職時に最も気にするポイントの一つだ。一方で、「給料が少ない」ことを後悔理由に挙げる人はほとんどいない。

仮に、「給料はいいから仕事の内容ややりがいを重視したい」という人は、給料に関する後悔はないはずだし、給料を上げたくて転職する人は、給料が下がる転職先に行かないからだ。

ただ、給料を上げたくて転職した人が見落としがちなのが、「福利厚生」についてだ。家賃補助や企業年金など、金銭に直接絡む福利厚生もたくさんある。こうした条件面は、転職時には若干見えづらい。また福利厚生関連については、転職が内定した後に、うまくはぐらかされてしまうケースもある。

給料の額面だけに気を取られて、結局生活水準が前より下がってしまっては元も子もない。

転職後悔理由 第3位 仕事内容が合わなかった

この後悔理由が最も辛いかもしれない。いろいろなパターンがある。
「今の仕事が合わないので、少し共通点のある仕事に転職したつもりが、結局同じような仕事」
「似ている仕事だから大丈夫だろうと思い転職したが、やってみると全然できない」
「未経験の仕事に飛び込んでみたが、全然だめだった」
など、様々なパターンが考えられる。

こうなると、もう諦めて一から学ぶ姿勢で取り組むか、また転職するかしかなくなってくる。

転職後悔理由 第2位 仕事のやり方がついていけない

仕事の内容が同じでも、会社によってやり方が違う。細かく言えば、メールの送り方や、上司への報告の仕方などから、収益至上主義なのか、顧客満足を重視するのか、会社によってカラーがある。

こうしたことは、転職してみないとわからないことでもあるが、仕事を進めていく上では重要なポイントだ。

転職後悔理由 第1位 サービス残業が多かった

第4位の理由に似ているが、給料の額だけに惹かれて入ると、サービス残業まで考えれば結局時給換算では下がっている、なんてことも多々ある。特に転職組は、すぐに転職すると履歴書が汚れるという弱みを持つため、会社側が無理な要求をしてくることも多いのだ。非常によくある話といえる。

後悔しない転職をするには?

こうしてみていくと、転職にネガティブなイメージを持つかもしれない。その心配は及ばない。実際に、転職に満足している人は55%近くいるのだ。

後悔しない転職をするには、何よりも「情報収集」が大事だ。自分のやりたいことを考え抜くことが重要なのは当然だが、転職先の企業についてとにかく情報を仕入れる必要がある。そして「比較」をすることが重要だ。

比較をするには、たくさんの企業をみる必要がある。同じ業界の企業を50社比較してみれば、自ずと企業の業界における立ち位置などが見えてくる。複数の転職サイトに登録することは、転職活動の最初の一歩として常識的な話だ。

とはいえ、現在の仕事がある中、それほど転職に時間をかけることも難しい。転職サイトに登録するのだって、同じような情報を何度もなんども登録することになり、非常に手間がかかる。

ITで転職活動も便利に

ところが、ITの進歩や、SNSの発達により、転職活動もかなりスムーズになってきている。最近では、Facebookを活用した転職活動なども盛んになってきている。例えば、このFacebookを利用した転職アプリ『Switch.』などだ。Facebookは今やWeb上の名刺代わりに用いられることも多い。Facebookアカウントさえあれば、簡単に転職スカウトを受けることができる。Facebookを利用した転職ということもあり、ネット関連企業からのスカウトが非常に多い。ネットマーケティングや新興IT企業への転職を考える人にとっては、登録必須の転職サイトだろう。ちなみに、ネットマーケティングや新興IT企業は人材の流動性が高く、他業種の人材でも転職しやすい。また学歴などをそれほど重視せず、人柄採用であることも多いため、視野になくとも登録してみるのはよいだろう。

また、年収を上げるために転職をしたいという人が登録すべき転職サイトがこちらのハイクラスに特化した人材紹介【クライス&カンパニー】だ。年収800万円以上のハイクラス転職を中心に斡旋してくれる転職サイトだ。このサイトは、ハイクラス人材のインタビューや特集記事も充実しており、キャリアップやマインドセットのレベルアップを図りたい人はひとまず登録して勉強してみるのもよいだろう。転職サイトは登録すると様々な企業の情報を知ることができる。どのような企業が、どのような人材を求めているか。ハイクラス転職の世界を知っておくことは非常に有用なことだ。

20代の場合、こちらのマイナビジョブ20’Sも強くオススメしたい。「20代の転職は有利だ」との信念のもと、徹底的な転職サポートを行ってくれる転職支援サービスだ。特に無料登録後に実施できる自己分析ツールは、的確に自分の強みや弱みを表示してくれる。これほど充実した無料自己分析ツールを使える機会も少ないため、登録しておいて損はないだろう。

もう一つ、とりあえずでも登録しておくべき転職サイトがピタジョブだ。30秒で登録でき、今すぐにでもオファーをうけることができる。手軽に転職活動をスタートさせたい人は、このピタジョブSwitch.はすぐにでも登録しておくべきだろう。

あなたの転職活動がうまくいくことを心から祈っている。

紹介した転職サイトは以下のリンクから登録が可能だ。




ピックアップ記事

関連記事

  1. wine ヴァンネットの被害総額は?ワインファンドの虚構・・・
  2. paper TOEICの試験前1週間だけで100点上げる究極の勉強法とは?
  3. casino ノアコインにフィリピン大使館から否定声明が出たというニュースにつ…
  4. bird12 西村博之の年収は?天才すぎる2ch創始者のぶっ飛んだ価値観
  5. IMG_2937 三菱東京UFJに文春砲か?不適切融資と過剰接待で破産に追い込まれ…
  6. tiger 忘年会余興2016年の簡単ネタBEST3!これさえやればスベリ知…
  7. band 打首獄門同好会が行列でテレビ初出演!音楽番組ではなくバラエティに…
  8. money123 富裕層の定義は年収・資産どちらで決まる?日本でトップ1%に入るた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

  1. pad
  2. business
  3. suitman
  4. wine
  5. shutterstock_410426641
  6. office
kubire3

BUSINESS

  1. money123
  2. horie
  3. manjump
  4. beautifulwoman
  5. office
  6. city1234
  7. pad
  8. womantree
  9. IMG_2937
  10. wedding

LIFESTYLE

  1. city12
  2. hana
  3. father
  4. fires
  5. shutterstock_562122925
  6. cloud
  7. whiteflower
  8. sad
  9. calender
  10. cloud12

WOMEN

  1. hswomen
  2. sadwomen
  3. oldtree
  4. cigar
  5. runner
PAGE TOP