BUSINESS

20代女性の仕事との向き合い方!結婚出産を視野に入れるなら考えるべき大事なこと

20代女性が仕事と向き合う時に一番大切なことは、結婚や出産後の働き方だ。結婚後は仕事をやめるのか、育児をしながら続けるのか、子供をもたずに働き続けるのかということを、あらかじめざっくりと考えておく必要がある。

薬剤師や看護師などの専門職であれば、結婚や出産をする際に今の仕事をやめても、再び働き始めることができる。医療系の仕事は需要が高いため、職場復帰に対するサポートの体制も確立されているのだ。

普通の会社員の場合、やめてしまうと、再就職の際は困難に直面する可能性がある。もちろん、本人のスペックによるところが大きい。さらに言えば、20代女性はまだ再就職が見つかりやすいかもしれない。しかし考えたいのは、今現在会社員をやっている人の中で、社内で一定の評価を得ている場合だ。そのような場合は可能な限り仕事を続けた方が、プラスになる場合が多い。新たな場所で評価を再構築するのは、極めて骨の折れることだからだ。

結婚相手の教育や会社との付き合い方が重要

何より大事なことは、結婚をする際にパートナーに仕事を続けたいことと、出産したら育児にしっかりと協力してほしいことを伝えるべきだ。育児に専念するにせよ、仕事を続けるにせよ、夫婦間でその価値観にわだかまりがあると、家庭内の空気がまとまりのないものになる。家庭内の空気というのは、精神安定のためには非常に重要なファクターだ。

結婚した後に、その価値観の違いが明らかになるのはお互いにとって悲劇だ。その点はしっかりと確認をしてから結婚をするべきだ。

一方、会社の方には仕事を続ける意志があることを明言した方がよい。これは、仮に結婚して仕事をやめるつもりでも、そのように言っておくべきだ。可能性は多く残しておくに越したことはない。実際、結婚して辞めたくなれば、やめればいいのだ。やめる人を止める権利は、会社にはない。

育児をしながら続けたい場合も、ある程度まともな会社であれば、ある程度理解を示してくれるはずだ。同じような経験を先にしている先輩が周囲にいればアドバイスをもらうのも良い。結婚や出産をした先輩社員が通常通り働いている会社であれば、心配はいらない。

しかし依然として古い体質を残している会社もある。そのようなところであれば、結婚や出産をした場合、確かに社内での出世に不利になる可能性がある。そのような場合、早めにその企業に見切りをつけるのも良い方法かもしれない。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 「保育園落ちた日本しね」の批判的に見るべきポイント2つ
  2. 転勤を断るとクビになるのか?退職理由として転職の際に言っても大丈…
  3. 清水健アナが嫁の奈緒さんを失っても前を向いて進むことができる理由…
  4. ノルディーア北海道元監督三浦雅之の不祥事に見る組織の危機管理と女…
  5. プレミアムフライデーはいつから?経済産業省の狙いとは
  6. 今度こそ残業を減らす方法!時流に乗って早帰り社員を目指そう
  7. 岡副麻希めざまし卒業の理由は何だったのか?
  8. 新入社員の余興や一発芸で2017年のおすすめトレンドは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP