BLOG

「就活落ちた日本死ね」の批判すべきポイントは?はてなブログで保育園のパロディ多発!

suits

最近話題になったブログ記事といえば「保育園落ちた日本死ね」のブログだろう。日本の保育園事情の現状をよく表しているとして、国会でもこの発言が取り上げられ、様々な議論を巻き起こした。

現在、そのブログの文体を真似て書かれた、パロディ記事が横行している。中には「のど自慢落ちたNHK死ね」などという、かなりエンタメに寄せたパロディもあるのだが、今回少し興味深い記事が拡散されているようだ。

それは「就活落ちた日本死ね」という記事。文体は「保育園落ちた日本死ね」によく似せてある。就活ネタは特に大学生にとって悩みの大きいものだ。若手の社会人も、理不尽な就活を経て、理不尽な社会の荒波に揉まれる中、就活というものに対して一家言持っている人も多いだろう。

スポンサーリンク

「就活落ちた日本死ね」記事全文がこちら

何なんだよ日本。
一億総活躍社会じゃねえのかよ。
見事に面接10連敗だわ。
どうすんだよ俺活躍出来ねえじゃねえか。
そもそも既に10回も面接受けてるのは何故?
6月に選考解禁じゃなかったのかよ。
ただでさえ、たった3ヶ月で自分の働く企業を選べなんて無理があるのに、情報解禁とほぼ同時に選考始められたらどうすりゃいいんだよ。説明会と選考の日程が被りまくって、会社を見て回る時間なんて全く無えわ。10社も落ちるってことは、その業界が自分に合ってないのかもしれないけど、今年の短期決戦だとやり直しも効かねえ。
企業はルール守らねえし、学生は面接で嘘つきまくり。
就活=嘘つき合戦
こんなことやってる国が経済発展なんて無理でしょ。日本なんてさっさと沈め死ね。
就活に関する不満を言うと、どこからともなく起業家やフリーライターが沸いてきて、「正社員以外にも生き方なんていくらでもある」みたいな有難い有難いご高説を唱え始めますよね。生き方がいくらでもあることぐらい分かってるわ。他人と違う生き方をするのに必要な才能がないことを自覚してるから、正社員と言う名の奴隷を自ら志願してんじゃねえか。就活生にアドバイスするフリして、自分の成功ひけらかしてんじゃねえよ死ね。
「就職できないのは努力が足りないから。自業自得。」みたいなことを言う奴もいますよね。言わせてもらうけど、人並み以上に努力してきたわ。お前らが良い大学に行けば人生上手くいくって言うから、死ぬほど勉強して良い大学に入ったよ。ところがいざ就活始めてみると、企業が欲しがるのは、遊び続けてきたリア充じゃねえか。今までの努力は何だったんだよ死ね。ついでにリア充も死ね。
このゴミみたいな新卒一括採用とかいう制度、今すぐやめろ。一生働くことになるかもしれない企業を、たった数ヶ月で選ばせるなんて狂ってるだろ。新卒という一回きりのチャンスに失敗すれば、その後の人生完全にパーなるのもおかしいだろ。
まじいい加減にしろ日本。

引用元:http://anond.hatelabo.jp/20160502111830

就活落ちた日本死ねへの批判

この記事には色々と言いたいことがある人も多いのではないだろうか。ひとまず、10社受けて10連敗程度であれば、まだまだ傷が浅い。就職活動は飛び込み営業のようなものだ。10回の試行で成功するほど甘くはない。

最も問題な点は「人並み以上に努力してきた。」と言い切っている点だ。死ぬほど勉強して、どれほど良い大学に入ったのかはわからないが、この書き手は、一体大学に入ってからどれだけ努力をしたのだろうか。死ぬほど努力ができる人物であれば、大学に入ってから死ぬほど努力をすれば、どんな企業にだって入れたのではないだろうか。

死ぬほどの努力を大学時代にしていれば、面接で「大学時代に力をいれたことは?」などと聞かれれば、いくらでも語る内容が出てくるはずだ。それは勉強だってよいし、スポーツだってよいし、バイトだってよいし、遊びだって構わない。大学時代は、自由な時間だ。何に時間を使うことも許される。採用する側は、この学生をとった時に、「与えられた仕事にどれくらい当事者意識を持って、意欲的に取り組めるか。」を見ている。勉強でもスポーツでも遊びでも、自分が従事する活動に、向上心や熱意を持って取り組める人間は、自分が入りたいと思って入ってきた会社の仕事に対しても、熱心にサボらず取り組めるのではないかと期待できる。

この「就活落ちた日本死ね」の書き手が批判する「リア充」は、上記のうちスポーツや遊びやバイトに打ち込んだものを指すのだろう。リア充が就活に有利というのは、何も合コンにたくさん行っているからコミュニケーション能力が高いという低レベルな話ではなく、非リアと比較して相対的に何かに打ち込んだ経験が多いから、有利になるのだ。

こうした「何かを頑張った経験」の成功談が定型文化されてしまったために、就活において「サークルの代表」がインフレ化してしまう。このことは問題だが、定型文を読み上げているものと、自分の経験から語っているものの違いは一目瞭然でよく分かる。学生側は嘘をついても基本的には意味がないことを知るべきだ。

就活におちることは、基本的には自己責任だ。この認識がない時点で、この人物が採用されないであろうことは想像がつく。他責で生きる人間は、仕事ができない。社会人として少し働いた経験のあるものであれば、すんなり理解できる事実であろう。新卒一括採用の中止などを求める前に、自分自身でやるべきことがある。

スポンサーリンク

新卒一括採用は批判されるべきなのか?

では、新卒一括採用自体は批判されてしかるべき制度なのだろうか。筆者個人としては、この制度は確かに欠点はいくつもあるものの、現状においてはより効果的な採用方法の対案は存在せず、現状維持が最も効率的なのではないかと考える。

新卒一括採用として、大々的に採用キャンペーンを行える会社というのは、日本の企業体全てで考えれば、そう多くはない。企業説明会などを開催できる会社というのは、従業員が最低でも数十名以上いる会社に限られる。日本の中小企業の8割以上が10人未満の会社だ。

会社説明会を開ける数十名規模の会社は、複数人以上採用を行う必要がある。コストの範囲内で、できるだけ多くの学生に会社を知ってもらい、受けてもらい、ふるいをかけ、できるだけ優秀な学生を取りたいと思っている。

時期の限定もかける必要がある。仮に、いつでも企業が採用を行えるような無制限デスマッチが開催されれば、就活の早期化がどんどん早まるだろう。早く優秀な学生を確保して囲っておくことが、企業がより優秀な学生を取るために重要な戦略となるため、大学一年生から就職活動をするような社会になってしまう。そうすると大学の存在が無意味になる。ある意味、大学生は資本主義経済から離れたところで、いい意味でモラトリアムを謳歌する必要があるのだ。

結局、この制度がずっと批判され続けながらも変わらないのは、一定の合理性が認められることと、有効な対案が生まれないからなのだ。思慮の浅い就職難民は、とかく新卒一括採用を批判したがる。

このような浅はかな記事が、拡散されて話題にならないことを願うばかりだ。

スポンサーリンク

関連記事

  1. renga 戸倉高広の動機や逮捕の決め手は?加賀谷理沙事件はなぜ解決が長期化…
  2. urban 鶴保庸介の再婚女性問題スキャンダルがひどすぎる!政治生命の危機か…
  3. renga 上杉隆が出馬でデマ都知事の誕生か?知花くららとの交際が気になる人…
  4. crowd マック赤坂の政見放送予定はいつ?伝説再びなるか?
  5. soldier テレンスリーが応援演説した候補者はトクマだった!幸福実現党の組織…
  6. IMG_2937 舛添要一への文春砲第三弾!完全にアウトな政党交付金流用の事実
  7. bil 慶應義塾大学ミスコン不祥事の犯人は?逮捕されるとの見方強まる
  8. rojiura 豊洲市場の土壌汚染のゼネコンはどこ?なぜ空洞があったのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

  1. wine
  2. horie
  3. mother12
  4. suitman
  5. money
  6. soldier

スポンサーリンク

BUSINESS

  1. car12
  2. 渋谷 ビル
  3. wine
  4. businessmans
  5. IMG_2937
  6. akachan
  7. money
  8. worldcity
  9. pcskill
  10. tiger

LIFESTYLE

  1. cloud
  2. die
  3. whiteflower
  4. blackwoman
  5. brain
  6. cloud12
  7. cloud12
  8. couple
  9. cloud12
  10. ring

WOMEN

  1. gorin
  2. workerwoman
  3. green
  4. josei
  5. mother
PAGE TOP