SOCIAL

マレーシア航空機事故その後の真実!機長に一体何が?

war

2014年3月に不可解な飛行機墜落事故が起こった。当時、マレーシア航空370便は239人を乗せてマレーシアのクアラルンプールから中国の北京市に向けて出発した。しかし、マレーシア航空370便は交信を断ち救難信号を発することなく消息を絶ったのだ。消息を断って1年以上が経過した2015年7月には航空機の残骸と思われる部品が発見されている。なお、航空機が発見される前の2015年1月にマレーシア政府はマレーシア航空370便は消息を絶った後に墜落したと発表していた。

スポンサーリンク

マレーシア航空機事故の真実は?様々な憶測が飛び交う

 
マレーシア航空370便航空機の事故には不可解な点がある。370便はなぜ交信を断ち消息を断ったのか。また、なぜ救難信号などを出していなかったのかだ。さらに、370便は目的地の北京とは逆方向へ引き返したと見られているのだ。これらの状況により様々な憶測が飛び交っている。特に370便の事故の原因については様々な憶測があり、370便の機体に何らかの故障が起きたという説や機長による自殺説が囁かれている。

スポンサーリンク

機長の自殺説?

370便の事故の原因は機長のザハリエ機長の自殺だったという説が流れている。機長のパソコンのフライトシュミレーター(模擬飛行装置)で墜落場所とされているインド洋南部に模擬飛行の形跡があったのだ。これにより、機長が計画的に乗客らを道連れに自殺したのではと考えられるのだ。しかし、確実な証拠にはなっていない。また、機長が高いストレスを抱えていたり、人間関係に悩んでいたりした様子はないのだ。過去にもパイロットによる自殺はある。最近では2015年ジャーマンウイングス9525便墜落事故で副操縦士による自殺だとされている。しかし、この副操縦士は精神科の診察を受けており精神的に不安定だった。そして機長を締め出して墜落させたのだ。このように自殺による航空機事故が起こった場合には明らかに自殺だと思われるものが多い。しかし、マレーシア航空370便の場合には必ずしも自殺説しかないとは言えない状況なのだ。

もし、本当に機長による自殺がマレーシア航空370便の墜落原因だったとしたら非常に悲しい。自殺をすることに対しても憤りを感じる。また、他の人を巻き込んでいるのはなお酷い。飛行機のパイロットだけではないが、人の命に関わる仕事に対しては責任を持って当たって欲しい。他人の人生に大きく関わっているのだから。

スポンサーリンク

関連記事

  1. cloud12 台風10号2016の進路の最新情報!週末の天気は?
  2. work 高畑裕太の被害女性の顔画像写真流出のデマにみるネットの闇
  3. house 舛添要一が公用車で湯河原別荘通い!度重なる公私混同で辞職に追い込…
  4. train トランプ氏の支持率は?当選で日本はどうなる?
  5. forestboys 田野岡貴之も嫁も殺人を犯した犯人ではない!その3つの理由とは?
  6. partytyty 清原和博の大物司会者の薬仲間の有力候補は中山秀征、中居、さんま、…
  7. rojiura 豊洲市場の土壌汚染のゼネコンはどこ?なぜ空洞があったのか?
  8. renga 上杉隆が出馬でデマ都知事の誕生か?知花くららとの交際が気になる人…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

  1. pad
  2. mother12
  3. pad
  4. money
  5. soldier
  6. 渋谷 ビル

スポンサーリンク

BUSINESS

  1. newyork
  2. car12
  3. luxury
  4. moneyasd
  5. hospital
  6. suitman
  7. urban
  8. womantree
  9. bil
  10. IMG_2937

LIFESTYLE

  1. pcskill
  2. cloud12
  3. cloud
  4. cloud
  5. cloud
  6. paper
  7. camera
  8. womantree
  9. memory
  10. cloud12

WOMEN

  1. womantree
  2. mother12
  3. wedding
  4. mother12
  5. workerwoman
PAGE TOP