LIFESTYLE

内村航平の嫁の略奪でき婚戦略に学ぶ最強アスリートの妻になる方法

wedding

内村航平がリオ五輪で金メダルを獲得し、大きな話題となっている。今回のリオ五輪は、内村航平が体操の絶対王者としての地位を確立することになった記念すべきオリンピックだといえる。前人未到の偉業を成し遂げた最強アスリートが、東京五輪に向けて再び発進するかどうか、今後の去就に注目が集まる。

一方、内村航平を巡っては、他の部分にも注目が集まっている。それは、嫁の上谷千穂のことだ。今回、内村航平を影で支えた千穂さんは、金メダル獲得の際には、多くのメディアのインタビューに答えていた。

そんな内村航平の嫁の千穂さんだが、内村航平の妻としての地位を確立する上で、非常に戦略的な活動を行っていたようだ。現在ネットでは千穂さんの過去の恋愛戦略について賛否両論が巻き起こっている。今回の記事では、内村航平の嫁・上谷千穂さんの「略奪でき婚戦略に学ぶ最強アスリートの妻になる方法」と題し、情報をまとめた。ぜひご覧いただきたい。

スポンサーリンク

内村航平の嫁の略奪でき婚の経緯

まず経緯からご紹介しよう。二人が結婚したのは2012年の11月。2013年4月には長女が誕生している。さらに、2012年8月には内村航平が金メダルを獲得したロンドン五輪があり、直前一年は代表合宿や遠征などで非常に多忙を極めていた。

内村航平が注目を浴びたのは2008年の北京五輪からだ。当時、内村航平の彼女であった岡部紗季子にたいしても注目が集まった。内村航平と岡部紗季子は、日体大の体操部の同期。同期同士のカップルであり、その噂はすぐに広まることとなったのだ。半ば世間公認のカップルだった。

しかし、内村航平のロンドン五輪が決まり、生活が一変すると、二人の距離は次第に遠くなっていった。真相は定かではないが、岡部紗季子は内村航平の競技の邪魔とならないよう、自ら距離を置いたようだ。自分自身もアスリートだった岡部紗季子からしてみれば、アスリートの恋人として正しい選択をしたという認識でいたことだろう。

ところが蓋を開けてみれば、ロンドン五輪後に内村航平は日体大の後輩の上谷千穂さんと電撃結婚。2013年4月には長女が生まれたという。単純に考えれば、2012年7月ごろには付き合っていたことになる。ロンドン五輪の直前だ。

岡部紗季子とはロンドン五輪のために距離を置いたのに、直前に横入りしてきた形だ。完全に略奪といえる。そしてそのままでき婚。なかなかの猛者だ。

スポンサーリンク

内村航平の嫁の略奪でき婚の戦略のポイントとは?

さて、最強アスリートの妻の座を射止めたい女性が、この上谷千穂の行動に学ぶべきポイントは3つある。それぞれをご紹介していこう。

相手の好みを完全に再現する

内村航平の嫁の上谷千穂さんの特徴として話題になっているのが、過去のギャルファッションだ。実は、内村航平はギャル好きということが知られている。今時、ギャルファッションなどはやらない。体操選手であれば、汗もかくし髪も邪魔なのでなおのことギャルファッションなどしない。

しかし、内村航平の好みを把握していた千穂さんは、徹底的にギャルファッションに身を包んだ。相手を研究し、それに合わせていく。人を相手にする恋愛においては、当然に必要とされることだ。これをハイレベルで行い続けることで、相手の目を引くことができる。

チャンスを逃さない観察力

まず何より重要なのは観察力だ。上谷千穂は在学中から内村航平への憧れを抱いていたという。そんな上谷千穂からすれば、岡部紗季子という先輩は邪魔で仕方がない存在だった。2011年頃に内村航平と岡部紗季子が距離を置いたことを知り、次にとるべき行動は、岡部紗季子より先に内村航平と接点を持つことだった。

内村航平が日本へ帰ってきて、大学の後輩と飲み会でもする機会を虎視眈々と狙っていたはずだ。おそらく、その都度、内村航平にアプローチをかけていったのだろう。

勝負どころで畳み掛ける

こうして、チャンスを得て、最後は結婚まで畳み掛けるということだ。2012年11月結婚、2013年4月出産ということが、その最終攻勢の凄まじさを物語っている。ロンドン五輪で金メダルを獲得した興奮冷めやらぬ内村航平を、完全に自分のペースにはめ込み、勝負を進めてきたと言える。

当時、内村航平の母の周子さんなどは結婚に大反対していたという。そうした肉親の反対も振り切り、狙った獲物を確実に仕留める決定力は、サッカー日本代表に見習ってほしいぐらいだ。

最強アスリートの妻もまた最強

こうしてみてみると、最強アスリートの妻にも、最強にふさわしい資質が備わっていたことがわかる。上にあげたポイントは、すべてアスリートに備わっているべき資質だ。

こうした資質が、結婚後に内村航平の金メダル獲得の援助に回れば、内村航平の資質と相まって、もはや百人力だ。そのように考えれば、内村航平としては嫁の人選に大きな成功を収めたと言えるのかもしれない。

スポンサーリンク

関連記事

  1. pinkflower 小林麻央の余命は3ヶ月?現在顔が黒い理由に注目が集まる
  2. sad 天皇陛下が崩御すると休日はどうなる 翌日は休み?
  3. runner1 箱根駅伝2017出場校は?コース変更で勝敗予想にどう影響するか
  4. bird12 水谷隼は結婚して嫁と子供がいた!澤部似の卓球界エースの軌跡
  5. family 山田洋次の「東京家族」のあらすじとネタバレ!現代の家族関係の特徴…
  6. soccer ノルディーア北海道元監督三浦雅之の不祥事に見る組織の危機管理と女…
  7. base 中畑清の薬は清原の影響か?嫁を亡くした男の末路・・・
  8. gym 内村航平の嫁・上谷千穂の略奪でき婚嫁姑問題というぶっ飛んだエピソ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

  1. horie
  2. suitman
  3. moneyasd
  4. business
  5. wine
  6. mother12

スポンサーリンク

BUSINESS

  1. businessmans
  2. darksea
  3. suitman
  4. IMG_2937
  5. josei
  6. akachan
  7. eagle
  8. tiger
  9. store
  10. wedding

LIFESTYLE

  1. business
  2. cloud12
  3. yoake
  4. child
  5. watch
  6. cloud
  7. brain
  8. cafe
  9. sanseturban
  10. cloud

WOMEN

  1. crowded
  2. wedding
  3. aaby
  4. hswomen
PAGE TOP