ENTERTAINMENT

前田ゆう 保育園とアイドルと芸人を掛け持ちするバイタリティの源泉は?

girlesss

今話題になっている一人の女性がいる。前田ゆうという女性だ。彼女は保育園に勤務しながら、アイドルや芸人としても活躍しているスーパーマルチプレイヤーだ。

今回は、週に一度も休みなく働く彼女の、バイタリティの源泉に迫る。

スポンサーリンク

前田ゆうは保育園とアイドルと芸人を掛け持ち?

前田ゆうはprediaというアイドルグループに所属している。同じグループの林弓束とアスパラベーコンというお笑いユニットも結成。保育士の免許も持っており、週に二回は保育園で保育士として勤務しているという。もともとはレースクイーンとして活躍していたが、現在ではアイドルグループでの活動がメインのようだ。

もともとはA-classというレースクイーンのユニットに所属していた。彼女の実の姉も同じユニットに所属するレースクイーンで、前田真麻という名前だ。姉妹揃って非の打ち所のない美人だ。ちなみに好きな男性のタイプは元プロ野球選手のタフィ・ローズ。性格は人見知りそうな人が好きなのだそうだ。

性格は、いわゆる不思議系。「やっほい」「ポリポリ」などの独特な口癖が話題を呼んでいる。彼女の夢はアイドルになることではなく、忍者になることだという。只者ではない。子供とはすぐに仲良くなることができるようで、保育士としては天性の才能を持っているようだ。

大阪出身の26歳。アイドルとしては決して若くはない彼女だが、あまりに特徴的なキャラクターであり、今後注目を集めることは間違いないだろう。

スポンサーリンク

ものすごいバイタリティの源泉は?

彼女は週に二回の保育園勤務と、週5日のアイドル稼業をこなしている。どちらも極めて重労働であり、凡人には到底こなすことのできない仕事量と言って良いだろう。外見は極めて華奢で可愛らしい彼女が、なぜそこまでして仕事に打ち込めるのだろうか。

彼女は、極めて自分に素直な性格だ。一度でもテレビで彼女を見たことがある方はお分かりになると思うが、一切のやらせ感もなく、極めて普通に、おかしなことを言ってのける。「将来は忍者になりたい」という発言や、「やっほい島の村長として『やっほい』という挨拶が基本の村を作りたい」という発言は、ともすれば「コリン星からきたゆうこりん」のような違和感を与えうるものだが、彼女に関しては本気でそう思っている節を感じることができる。

このように、自分の信じるものに突き進んでいる者は強いのだ。これがもし、作られたキャラクターであれば、保育士の仕事などやっていられないはずだ。演じるキャラクターの突飛さが心労となる。

前田ゆうは全てを楽しんでいるのだ。これが彼女のバイタリティの源泉である。

スポンサーリンク

関連記事

  1. man ショーンKの昔新聞配達をしていた話もガセ!ホラッチョ川上に文春砲…
  2. blackwoman 船越英一郎と松居一代が離婚秒読みか?50代大物俳優とタレント実業…
  3. paper 超人気アイドルグループ3人とは誰?東スポ最大級スキャンダルの予感…
  4. blackwoman 岩崎友宏AV出演疑惑!波多野結衣が危険かもしれない?
  5. fires 「青の帰り道」高畑逮捕で真野恵里主演の予定はどうなるか?
  6. TwitterLogo_#55acee ゆうたろうくんは韓国人か?高校や本名から噂を検証!SNSから生ま…
  7. hswomen 小林麻央の余命が末期か?9月のブログから見る進行状況
  8. palm-trees バリバラが24時間テレビを批判!感動ポルノは悪なのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

  1. 渋谷 ビル
  2. suitman
  3. money
  4. moneyasd
  5. mother12
  6. pad

スポンサーリンク

BUSINESS

  1. store
  2. pad
  3. sea
  4. luxury
  5. IMG_2937
  6. cafe
  7. darksea
  8. akachan
  9. newyork
  10. pad

LIFESTYLE

  1. hana
  2. hswomen
  3. sanseturban
  4. cloud12
  5. cloud
  6. brain
  7. hospital
  8. cloud12
  9. cafe
  10. cloud

WOMEN

  1. beautifulwoman
  2. mother
  3. poolgirl
  4. josei
  5. hswomen
PAGE TOP