SOCIAL

2018年、年末の高速道路渋滞予測。混み始めるのはいつから?

年末から年始にかけて、高速道路が渋滞するのは毎年の恒例だろう。2017年の年末から2018年の年始にかけても高速道路の渋滞が予測されている。年末年始の高速道路予測から混み始めるのはいつからなのか紹介していきたい。

2017年末の高速道路渋滞予測

年末年始の高速道路の渋滞は、企業の仕事納めの状況によって異なってくる。2017年の年末は、官公庁は12月28日、一般企業は12月28日・29日が仕事納めになることだろう。そして、仕事始めは1月4日・5日となることが予想できる。

そこで、年末年始の高速道路渋滞予測としては、12月29日から始まる可能性が高い。そして、12月30日には下り路線で渋滞のピークとなることだろう。前日に仕事納めの人が多く、本格的に移動が始まるのだ。大晦日から年越しはゆっくりと過ごしたいと考えれば、12月30日に移動する必要があり渋滞のピークとなるのである。

また、12月31日も渋滞は残っている可能性が高い。とくに、夜になると有名な寺社仏閣が近い道路は混雑する予測となっている。これは有名な神社やお寺に初詣をしたいからだ。そのため、大晦日の夜は有名な寺社仏閣が近くにある道路は避けるべきだろう。

2018年始の高速道路渋滞予測

元日の1月1日は、高速道路は上り下りとも比較的に渋滞がひと段落している予測だ。しかし、1月2日の夕方からは徐々に混雑し、渋滞が始まってしまう。そして、U-ターンラッシュのピークとなるのが1月3日だ。

1月4日が仕事始めの人が多いため、前日に自宅に戻ろうとする。そのため、旅行先や実家から自宅に帰る人が多く1日中高速道路の渋滞が予測されているのだ。1月4日になると、仕事始めの人が多いため渋滞がひと段落する。

2017‐2018年の年末年始における高速道路渋滞予測のピークは12月30日と1月3日だ。できるだけ両日に移動するのは避けるのが、渋滞を避けるポイントだろう。また、渋滞に巻き込まれてもイライラしないで安全運転を心がけてください。

年末年始の高速道路渋滞は毎年恒例だろう。2017‐2018年末年始も高速道路の渋滞予測がされている。仕事納めと仕事始めの関係から、2017年12月30日と2018年1月3日が高速道路渋滞のピークだろう。

また、この前後の日にちも渋滞に巻き込まれる可能性が高い。できるだけ渋滞予測がされている日には、高速道路で移動するのは避けるべきだろう。渋滞まで計算して予定を立てるべきだ。また、渋滞に巻き込まれてもイライラしたり、焦ったりするのは禁物。安全第一で思いやりのある運転を心がけましょう。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 鳥越俊太郎の週刊新潮の内容がヤバイ!都知事選当選候補から離脱決定…
  2. 小池百合子に週刊文春砲!冒頭解散ついでに都知事も即辞任に追い込ま…
  3. 小池百合子の顔のアザの画像!厚化粧はアザを隠すためと反論し石原慎…
  4. 小松崎太郎は関東連合関係者?逮捕で注目の手越との関係
  5. 島袋里奈さんFacebookの霊視結果通りの事態に・・・沖縄県民…
  6. 日本ロジテック倒産は未払いによる信用不安が招いた資金調達の失敗が…
  7. 横山幸雄謹慎処分から解雇の原因がヤバイ!上野学園大学騒動
  8. トランプのツイッターの日本語訳をリアルタイムで見る方法!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP