CULTURE

3.11黙祷2017年の時間は?やり方や言葉などを正しく

cloud12

2017年の3月11日で、東日本大震災から6年目を迎えることとなる。日本だけでなく世界中に衝撃をもたらした地震により、翌年からは発生時刻である14時46分に黙祷をささげる習慣が出来つつある。

内閣府では毎年ホームページで黙祷の日時を公表しているが、この黙祷については日時やマナーについての人々の間で賛否があるようだ。
2017年の黙祷はどうなるのだろうか。

スポンサーリンク

2017年、東日本大震災の黙祷日時

2017年については、まだ内閣府からの正式な発表はされていない。

しかし毎年3月11日に行われる追悼式に合わせ、地震発生時刻に国民にも黙祷に参加するよう呼びかけていることから、2017年も同時刻に行うのではないかと予想されている。

この黙祷時刻に対して、一番人が亡くなったのはその後の津波であり、地震による死者が少ないことからこの時間に行うのが正しいのかという声もある。

確かに死者を悼むのであれば、その亡くなった人の多い時刻に合わせるのが理想かもしれないが、この黙祷に関してはあくまで気持ちの問題ではないだろうか。

本当に祈る気持ちがあれば地震発生日以外の時間に祈ることは可能だ。重要なのはどの時刻が正しいかということではなく、黙祷時間を設けることで震災のことを風化させないところにあるのではないだろうか。

しかしこの気持ちの問題にしても、黙祷のマナーを守らない人に対して賛否の議論が交わされているのが現状だ。

スポンサーリンク

黙祷の正しいマナーとは?言葉は必要か

黙祷の本来の意味は、その文字の通り「黙って静かに祈る」こと。無言で祈るときに手を合わせたり目を閉じる人もいるが、これは心の中に祈りに集中するための仕草と言えるだろう。

黙祷時間も、もともと決められた時間があるわけでははないが政府の呼びかけで行われる時間は約1分に設定されている。

黙祷の最中に雑事をやったり話したりするのは推奨されないため、この黙祷時間にほかの事をやっていると不謹慎と言われるケースもあるようだ。

実際に2012年に東日本大震災の黙祷が行われたときは、Twitterに「黙祷なう」といったツイートが大量に投稿され批判を浴びた。

リアルでも静かに祈っているし多くの人と黙祷できるから書き込んだという人や、呟いているという事自体祈りに集中していないという人もおり、いまも賛否が分かれているようだ。

後を濁さずに祈りたいという人は、黙祷の最中は静かに手を止めて一人でお祈りした方が良いだろう。

東日本大震災からもうすぐ6年。あの震災をこれ以上風化させないように、少しでも黙祷を機に思い出してほしいものだ。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事

  1. child 戸塚ヨットスクールが現在幼児教室を始めていた!卒業生はいるのか?…
  2. 9syu 九州新幹線のCMの制作秘話!震災後に「泣ける」「感動した」との声…
  3. korea スプラトゥーン2の発売日はいつ?予約開始日などの最新情報まとめ
  4. tiger 忘年会余興2016年の簡単ネタBEST3!これさえやればスベリ知…
  5. hswomen ハレンチふんどしを通販で購入するには?今話題の女性用ふんどしがす…
  6. low 新入社員の挨拶を1分でまとめるには?構成・内容・文字数のベストを…
  7. bil 高畑裕太が入院の病院はどこ?埼玉の楽山か
  8. beautifulwoman 大隈良典の妻や子供は?ノーベル賞受賞者の家族もすごい?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

  1. office
  2. casino
  3. moneyasd
  4. pad
  5. money123
  6. city1234
kubire3

BUSINESS

  1. casino
  2. horie
  3. manjump
  4. 143469d4e943ba9cd42e44fd87e3c3b9_s
  5. newyork
  6. city
  7. memory
  8. hospital
  9. sea
  10. business

LIFESTYLE

  1. hana
  2. cloud12
  3. memory
  4. cloud
  5. saibou
  6. cafe
  7. cloud
  8. hana
  9. pinkflower

WOMEN

  1. umbrella
  2. stage
  3. mother12
  4. womantree
  5. work
PAGE TOP