SOCIAL

セブンイレブン食べかけケーキ販売はなぜ起きた?真相は

日常でも買い物からコンビニ決済までお世話になる事の多いセブンイレブンだが、昨年の12月24日に店員の食べかけケーキが販売されていたことが分かった。

購入者は食べようと箱から出した時点で気が付いたようだが、そもそもなぜ店頭でこのようなケーキが販売されていしまったのだろうか。

販売当初の店の対応や購入者の様子とあわせて見てみたい。

クリスマスケーキが半分しかなかった!?誤って食べかけを販売

このケーキが販売されてしまった店舗はダイバーシティ東京プラザ店であり、購入されたケーキはイタリア栗のクリスマスモンブランだった。

ケーキは箱に入っていたため中から様子を見ることは出来ず、購入者は帰宅後に箱から出したところで気が付き、店舗へ問い合わせの電話をしたことで事態が発覚した。

開封当時ケーキは半分ほど欠けた状態で入っており完品とは程遠い状況だったことから、店の責任者が購入者宅に出向きケーキの交換と返金を申し出た。

購入者はこの提案を断り原因の究明を要請したが週末であったために26日まで対応できないと告げられた。そのため25日に本部のお客様相談室へこの件を報告したところ、店舗側と情報が共有されていないことが発覚。改めて調査が行われた。

26日になってこのケーキが店員の食べかけを誤って出してしまったものだと判明したが、購入者はこの対応の遅れに不満を示した。

しかし店舗側はこれが本部の対応であり気持ちが晴れるのなら報道各社に言っていいと告げたという。

なぜ食べかけのケーキが客に渡ってしまったのか

そもそもなぜ、このようなケーキが販売されてしまったのか。

ことの発端は店員が食べかけのケーキを箱に入れ、冷蔵庫にしまっていたことにある。 当初の購入者が気が付かなかったように店員側もこの箱の外側からケーキの状態を知ることは出来ず、食べかけと気付かないまま店長が在庫と間違い売ってしまったのだ。

しかしこれについてはニュース視聴者からも疑問の声が上がっている。店の在庫を置く冷蔵庫と店員の飲食を管理している冷蔵庫が同じであったことだ。

個別に用意するのは難しくとも、使う場所を決めないまま使用させていたのではこのケーキの件がなくとも同じような問題に発展していた可能性は高く、ニュースを見た人からは店舗側の在庫管理体制を疑問視する声が多く上がっている。

せっかくのクリスマスに水を差されるような事態は、これ以降繰り返さないように徹底してほしいという不安が透けて見えるようだ。

人の口に入る飲食物の管理は、商品の中でも特に管理に気を使うもの。二度とこういうニュースが上がらないように見直して欲しいところだ。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 澁谷恭正の前科 保育士時代はいつ?同居人が告発か
  2. 安倍晋三のゴルフのスコアはいくつ?トランプとどちらが上手なのか
  3. 小松崎太郎は関東連合関係者?逮捕で注目の手越との関係
  4. 藤丸敏が豊洲タワマン不倫か?経歴や実績は?
  5. 高校生が先生に暴行で逮捕。その心理を探ってみる。
  6. 小池百合子の政治塾に参加するには?詳細はいつ発表か
  7. 東大誕生日研究会の東大生が逮捕!あまりに卑劣な手口が明らかに・・…
  8. 内田茂 ドンの写真画像や息子の情報!写真に「悪役商会の俳優か?」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP