SOCIAL

ASKAのタクシー会社はどこ?ドライブレコーダーの映像を勝手に提供するのは問題ないのか

覚醒剤使用の容疑で28日夜に逮捕されたASKA容疑者。前回の逮捕から2年。懲役3年の執行猶予期間中に再び覚醒剤を使用したということに加えて、逮捕に至るまでの過程やASKA容疑者の不可解な言動などが世間に衝撃を与えている。

そのASKA容疑者が逮捕直前に自宅に帰る際に乗車していたタクシー内の映像が公開され、物議をかもしている。この映像は公開されていいものなのだろうか。法的に問題はないのか。

ASKA容疑者が逮捕されるまで

28日午後2時20分頃。各テレビ局が一斉に速報を流した。内容は「ASKA容疑者を覚醒剤取締法違反で逮捕へ」というもの。生放送中だったワイドショーは騒然となった。

するとその30分後、ASKA容疑者が自らのブログを更新する。「はいはい。みなさん。落ち着いて」というタイトルで、「尿検査を受けたが何の問題もない。フライングのニュース」だと説明。その後立て続けに更新されたブログには、「(陽性は)100%ありません」「(ミヤネ屋さんへのタイトルで)幻聴、幻覚など一切ありません」などの書き込みがされていた。

この後、「ミヤネ屋」に出演中だった芸能リポーターの井上公造氏が、番組終了後の4時過ぎ、ASKAに直接電話をした。電話はつながり、ASKA容疑者はしっかりした様子で覚醒剤の使用を否定。尿検査の結果、陽性反応が出たことについても「やっていないのでありえません」と潔白を主張した。

井上氏が現在の居所を尋ねると「別の場所にいます」と回答。「今いるところを連絡したいが、この電話も警察に盗聴されているかもしれない」と不可解な返答をしていた。

その後、自宅に帰ったASKA容疑者。そして午後8時半頃に、警察の迎えの車で出頭した。

ASKA容疑者が乗ったタクシー会社は?

ASKA容疑者が「別の場所」から自宅に戻るのにはタクシーが使われた。そのタクシーのドライブレコーダーの映像がワイドショーなどで放送され、問題となっている。

タクシーに設置されているドライブレコーダーには、交通事故などの状況を把握するために車外の様子を撮影するものと、客とのトラブルや犯罪などの証拠映像を残すために車内を撮影しているものがある。この車内用のカメラに、逮捕直前のASKA容疑者の姿が映っているのだ。

タクシーは目黒区内を走行。後部座席に座ったマスク姿のASKA容疑者が「駒沢通り分かりますよね」などと、自宅へ向かうように指示を出している。そして自宅近くに到着すると「わけあって家の前に人がいっぱいいるんですけど、ぎりぎりに停めてください」と要請している。

この映像が各局のワイドショーで放送されると、「こんな映像を公開しいていいのか」「プライバシー保護の観点から問題なのでは」など、ネット上に批判の声が噴出。その矛先は、タクシー会社だけでなく、放送したテレビ局、そして関東のタクシー会社を監督する関東運輸局にまで向けられた。

苦情が複数よせられた関東運輸局は、現在のところ、映像を提供したのがどのタクシー会社なのかなどの詳細は把握していないとしている。しかしネット上ではタクシー会社を特定しようという動きがあり、既に映像を流したタクシー会社が所属するグループ会社が特定されている。

会社名は「株式会社チェッカーキャブ」 同社は30日、自社のサイトで、映像を「当グループ加盟の1社よりマスコミへ提供されたもの」だとし、謝罪文を掲載した。

ドライブレコーダーの映像は、事故やトラブルなどの分析と原因究明、ヒヤリハット情報の収集、研修教材や安全運転教育などに活用されるものである。その映像が外部に提供されるのは、捜査機関からの照会に応じる場合の他、事故やトラブルの当事者、保険会社などが状況や原因を明らかにするために使用する場合に限られている。

ASKA容疑者はタクシーの車内でトラブルを起こしているわけではない。いくらその後に逮捕されたとはいえ、この時点ではただのタクシーの乗客である。つまり、映像を提供する条件のどちらにも当てはまっていないのだ。このタクシー会社が映像をテレビ局に提供したのは、完全な営利目的だと考えられる。そしてそれを放送したテレビ局にも、問題があるように思われる。

ASKA容疑者が盗撮や盗聴の被害を訴えていることは、覚醒剤の影響による妄想だという意見が大方を占めているが、この映像を本人の許可なく放送したことは、盗撮と変わりないのではないだろうか。

一方、いまだ否認を続けているASKA容疑者。有名人であるためにこのような騒ぎになり、タクシーの中の姿までも公開されてしまう。

だが、有名人であることを本人がもっとしっかり自覚していれば、再び罪を犯すような愚かな結果にはならなかったのではないだろうか。ファンの悲鳴を受け止めてほしい。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 大口病院事件の犯人は看護師か?2chで密告との情報も
  2. 大坂正明指名手配犯が時効前に逮捕!大学はどこだった?
  3. 前川喜平の出会いカフェ内偵結果!文春・新潮で異なる証言!真相は?…
  4. トランプ暗殺未遂か?高まる注目、増す危険
  5. 阿蘇山の噴火は?2016年九州大地震で高まる緊張・・・
  6. 北陸新幹線のルート決め!京田辺ルートは実現するか?
  7. 日本ロジテック倒産は未払いによる信用不安が招いた資金調達の失敗が…
  8. 内田茂は山口組と義兄弟関係にあった?暴かれ始めるドンの正体

コメント

    • 一読者
    • 2016年 12月 04日

    最後のまとめがおかしいでしょう。この件に関しては、タクシー会社が100%悪い。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP