SOCIAL

梅毒感染が増加しているのはナゼ?予防方法は?

梅毒の感染が日本で広まっていることがわかった。今年になってから10月22日までの梅毒感染の患者数は、合計4568人だと国立感染症研究所は発表。1999年以降で最も多い患者数となっているのだ。

これまでは大都市での感染が多かったが、地方での感染も増加している。なぜ梅毒感染が増加しているのか、そして予防方法について紹介していきたい。

梅毒感染が増加しているのはナゼ?

梅毒感染が増加しているのはここ数年の出来事である。また、患者に多いのが女性は20代、男性は20~40代に多いこともわかっている。このことから、性産業に従事する女性やその客である男性で感染が広がっている可能性が高い。

また、中国でも梅毒感染は広がっていることで有名だ。そして、日本で梅毒感染が増加し始めた頃から、中国人の日本での爆買いが流行している。このことから、中国人が日本で性風俗店にて爆買いたことで、梅毒感染が増加したのではとの説まであるのだ。

いずれにしても、東京や大阪などの大都市だけでなく、地方でも患者が増加している状態なのである。それだけに、梅毒感染の予防や感染した場合の対処が大切だろう。

梅毒感染の予防方法は?

梅毒感染の予防方法は性行為の際にコンドームを使用することだ。梅毒の主な感染は性行為によってである。

しかし、性行為の際にコンドームを使用することによって、梅毒感染のリスクを減らすことができるのだ。そのため、コンドームを適切に使用することが予防方法となるのである。

また、もし感染したら早めの治療が大切だ。現代の医療なら、ペニシリン系の抗生剤を服用することで完治することができる。梅毒感染の後に治療が遅れると症状が重くなってしまう。そのため、感染の疑いがある場合は早めに医療機関に受診するべきである。

また、梅毒感染はHIVと感染ルートが同じだ。このことから、梅毒感染をしている場合、HIVにも感染している可能性もあるのである。そのため、梅毒の検査だけでなく、HIVの検査も受けることがおすすめだ。性行為の際にはコンドームを使用して梅毒感染の予防をしてください。

日本で梅毒感染が増加している。梅毒の主な感染は性行為によるものだ。そのため、コンドームを正しく使用することで予防をすることができる。

しかし、梅毒感染が増加しているということは、コンドームを使用しない人が増えているのかもしれない。梅毒は感染して放置しておくと重症になることもある。それだけにしっかりと予防をして、もし感染の疑いがある場合には医療機関に受診するべきだろう。

梅毒は完治するので早期に治療することが重要だ。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 山本幸三の秘書が逮捕?スキャンダル続きで辞職はあるか
  2. 赤枝恒雄も炎上するか?女子学生キャバクラ発言の真意を考える
  3. 富川悠太アナの失言集!報道ステーション更迭は時間の問題?
  4. 自粛ムード反対は正義か?いつまで続くか心理的ブレーキ
  5. 桃田賢斗の闇カジノはなぜばれたのか?発覚時期に違和感
  6. 籠池泰典に韓国人二世説浮上!その根拠は?
  7. 前川喜平の出会いカフェ内偵結果!文春・新潮で異なる証言!真相は?…
  8. 都議選2017の投票日は?期日前投票は何日間できる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP