BUSINESS

電通の不祥事が止まらない!ブラックだが年収は魅力?

日本最大の広告代理店『電通』の不祥事が止まらない。日本中のありとあらゆる広告に絡んでいると言っても過言ではないほど、強大な影響力を持つ会社である電通。なぜか今、次々と不祥事が明るみに出ている。その不祥事とは何なのか、なぜ今まで明るみに出なかったのか。

電通の不祥事とは

9月23日、電通が記者会見で公表したのが、ネット広告の不正である。クライアントに対して、広告料の過剰請求や実績レポートの虚偽報告を行っていたとし、こうした不正が行われていた取引は111社の633案件、取引総額はなんと2億3000万円にも上っているという。

さらに、広告の掲載さえせずに請求を行っていた悪質なケースが14件、約320万円分もあるというのだ。ここで疑問に思うのは、なぜ111社ものクライアントの対する不正が今まで公表されなかったのかという点である。金だけ払って広告を掲載されることもなかった14社の件などは、もはや詐欺レベルなのに、である。

この件が明るみに出ることになったその発端は、今年7月にクライアントであるトヨタ自動車からの指摘だった。しかし、このこともその時点では公になっていない。その後、イギリスとアメリカの新聞が「電通が不正問題に関して、トヨタの他100社以上の企業と緊急に会談を行っている」という記事を掲載するに至り、電通はやっと記者会見を開いたというわけである。

また、2020年東京オリンピックの招致に関し、招致委員会が2億3000万円もの裏金をばらまいていた件。アパートの一室にあるシンガポールのコンサルタント会社を訪ねる映像を記憶している方も多いだろうが、そのコンサルタント会社と電通の間には密接な関係があったという。このことはイギリスの新聞が実名を報道していたのにも関わらず、日本のマスコミは一切その関係に触れなかった。

さすがに日本の広告業界を牛耳る代理店である。スポンサーを失うことが何より怖いテレビ局は、その間を取り持つ代理店である電通に不利になる報道は出来ない。素人考えだが、そういう構図があるに違いないとも思えるような矛盾である。

2000年には自動車メーカー、スズキに対しても3億円もの水増し請求を行っていた。その時は営業担当者一人を依願退職にして内内で処理しようとしていたところ、一部の電通の息がかかっていない雑誌にあてて告発があったことから公にせざるを得なくなり、その社員を懲戒解雇。メディアも会見の様子を報じるのみで、個人の不正問題として処理してしまった。

2007年には裁判員制度PRのために最高裁と結んだ契約にも、架空や水増しなどの不正請求をしていたという疑惑がある。この一件もほとんどメディアに取り上げられることはなかった。国民の税金を不正に受け取っていた可能性があるという、非常に悪質な問題にも関わらずである。過去にこれだけ不祥事が連続していても、その体質が改められることはなかったのだろう。

不正請求だけではなかった

電通による不祥事は、不正請求だけではない。今年1月には、デザインの盗用疑惑が持ち上がっている。WWF(世界自然保護基金)のポスターで賞を受賞した作品が、自分の作品に似ているとしてイギリスのデザイナーが自身のツイッターで訴えたのだ。デザインの盗用といえば、東京オリンピックエンブレムの盗作事件が記憶に新しいが、あの一件にも電通の人間が絡んでいたのである。

また、昨年の12月に女性新入社員が自殺は、月100時間を超える残業などによる過労が原因だったと労災認定されている。彼女は、時間外労働の他にも、社内の飲み会の幹事を担当させられ、反省会と称して深夜まで指導を受けるなど、身体も心も疲れ切っていたと思われる。

電通では飲み会の幹事を「重要な訓練の場」だとして新入社員に担当させているというが、飲み会の後に反省会として深夜まで拘束されるなど、行き過ぎだと判断されてもおかしくない。電通をブラック企業だと指摘する声も上がっている。

電通はブラック企業だが年収は魅力的?

電通の社員のうち3分の1はコネ入社だという噂がある。コネで入社した社員は管理部門に配属されたり、上司から守られたりと優遇されるため、そのしわ寄せはコネ入社でない若手社員に向くという。

広告業界であるから当然クライアントが大事、クライアントの都合であれば休日出勤も当たり前で、接待や付き合いで深夜まで拘束されることも頻繁にあるという。出世すれば仕事を部下に振ったりしてコントロールできるのだろうが、若いうちはただ与えられた仕事を黙ってこなすしかない。

だがそれでも東大、早稲田大、慶応大の就活生の人気企業ランキングでは常に上位に位置している。30歳の年収は1192万円、生涯年収は4億円を超え、ランキングではベスト20に入っているほどの高さである。人気が集まるのはもっともな話だろう。

広告業界の華やかなイメージ、高い収入。若い人たちが憧れる要素に満ちている会社、電通。しかしその裏では、まるで使い捨てのように扱われる若い社員たちが苦しんでいる。そして会社ぐるみで行われている不正。

メディアが手を出せないとしても、広告業界のもう一つのクライアントである私たち消費者が黙っていていいのだろうか。

ピックアップ記事

関連記事

  1. アルビノ狩りがアフリカで多発!迷信ではない本当の理由とは?
  2. トランプの息子のバロン君の身長が高すぎると話題に!
  3. 加計学園でも安倍昭恵が名誉校長に!日本会議と関係があるのか
  4. 舛添要一が辞任した理由は?あれだけの頑固がなぜ翻ったのか?
  5. 埼玉朝霞の行方不明 斎藤杏花さんが保護!少女誘拐の男の行方は?
  6. 田野岡大和の両親の名前は?親を疑う報道一辺倒の現状に違和感も
  7. 消費税10%は、いつから実施される?
  8. 兵庫GW爆破予告の学校はどこ?予告文の全文を見ればイタズラの可能…

コメント

    •  
    • 2016年 10月 21日

    会社員と自営業の違いはあるだろうけど、自営業の立場からすると仕事が無いことの辛さは凄まじいものがあるよ。お金が入ってこないし、生活そのものができなくなる。俺は年齢的にどこかの正社員になる事は難しいだろうけど、なれるものなら電通に入社したい。平均年収1200万円だし。どんなブラックだろうと喰えないよりはマシ。自殺はともかく殺されはしないから。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP