SOCIAL

ドナルド・トランプの発言に女性が反発!最新支持率調査は互角だがどうなる?

bil

アメリカ大統領選挙は11月8日に投票日を迎えるとのこと1週間を切りました。拮抗する支持率の中共和党のトランプ氏の発言でクリントン氏が抜け出したように見えたが、再び民主党のクリントン氏のメール問題が浮上。

トランプ氏の追い上げもあって再び拮抗した支持率へと逆戻りになっているのが現状だ。トランプ氏に対して多くの女性が反発しているが熾烈な大統領選挙は最終日までもつれそうだ。

スポンサーリンク

ドナルド・トランプの発言に女性が反発!

トランプ氏はしばしば過激な発言がみられるが、過去にはさまざまな女性蔑視発言をしている。トランプ氏は過去に「有名時なら女性は何でもさせてくれる」などと発言している。

また、第3階テレビ討論会ではクリントン氏に対して「本当に嫌な女だ」と発言し多くのフェミニストが激怒している。トランプ氏はその他にもセクハラ疑惑などが報じられており多くの女性が反発しているのが現状となっている。

スポンサーリンク

最新支持率調査は互角だがどうなる?

先週ABCテレビなどが行ったアメリカ大統領選挙の世論調査を30日に発表した。これによると支持率はクリントン氏が49%、トランプ氏が46%で2人の差はわずかに3ポイントまで縮まっているのだ。1週間前の世論調査では2人の差は12ポイントありクリントン氏が有利に大統領選終盤を進めていっているようにみえていた。

しかし、僅差にまで状況が変化した。これは、クリントン氏の私用メールアドレス問題をFBIが捜査を再開することを明らかにしたことが支持率に影響を与えた可能性がある。これに対して民主党トップのリード院内総務はFBIのコミ-長官に書簡で「選挙に影響を与えるため公的な権限を利用することを禁止した法律に違反している可能性がある」と非難し、クリントン氏のメール問題の駆け引きも激しくなっている。あと1週間は両陣営の駆け引きがどう国民に移るか次第だ。まだどちらも予断を許さない状況が1週間続くことだろう。

アメリカ大統領選挙がいよいよ大詰めだ。クリントン氏、トランプ氏ともにスキャンダルが多く史上最低の大統領選挙と揶揄されるのも致し方ないだろう。しかし、アメリカの大統領となれば与える影響は大きい。日本に対しても少なからず影響を与えることだろう。日本の政府はどちらになったとしても柔軟に外交を進めてアメリカと上手に付き合っていってほしい。

スポンサーリンク

ピックアップ記事


Thumbnail of 株式投資の初心者がまず最初にやるべきこととは?株式投資の初心者がまず最初にやるべきこととは?
株初心者が最初にやるべきことはなんだと思いますか?それは◯◯を決めること…

関連記事

  1. A photo by freestocks.org. unsplash.com/photos/nss2eRzQwgw 高樹沙耶は若い頃から薬をやっていたのか?
  2. mori 田野岡大和の両親の名前は?親を疑う報道一辺倒の現状に違和感も
  3. shutterstock_382266112 稲田朋美防衛省辞任はあるか?森友問題で窮地に
  4. 渋谷 ビル 増田寛也は韓国贔屓か?グリッド構想推進の経歴から読み解く思考回路…
  5. mother12 安倍晋三に子供がいないことは政策に影響するのか?
  6. bird 鳥越俊太郎の女性問題を文春が報じる!破壊力抜群の「女子大生淫行疑…
  7. gun 村田マリ逮捕はある?サイコパスとも評されるWELQ仕掛け人の素顔…
  8. redflower 冨田真由 犯人のツイッターを分析すると事件の背景が読めてくる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

  1. horie
  2. money
  3. horie
  4. pad
  5. business
  6. mother12
kubire3

BUSINESS

  1. horie
  2. business
  3. eagle
  4. shin
  5. josei
  6. tiger
  7. beautifulwoman
  8. pc
  9. newyork
  10. bird12

LIFESTYLE

  1. cafe
  2. cloud
  3. hana
  4. cloud12
  5. cloud12
  6. wedding
  7. umbrella
  8. paper
  9. tera
  10. chart

WOMEN

  1. umbrella
  2. aaby
  3. crowded
  4. workerwoman
  5. woman
PAGE TOP