CULTURE

恵方巻き2017はいつ食べる?方角や由来についてのまとめ

日本の伝統行事のひとつ節分と言えば豆まきと恵方巻き。節分の時期になるとコンビニやスーパー、お寿司屋さんで恵方巻きを販売しているところをよく見かけるだろう。恵方巻きには食べ方や方角が決まっている。そこで今回は2017年の恵方巻きを食べる方角や由来について紹介する。

恵方巻き2017年はいつどの方角で食べる?

恵方巻きは節分の日の夜に食べることになっている。2017年の節分の日は2月3日だ。ちなみに、節分の次の日は立春の日であることが決まっており節分の日は年によって変わるので注意。毎年恵方巻きを食べる際には最も良いとされる方角がある。

2017年の方角は北北西やや北とのことだ。恵方巻きの食べ方としては願い事をしながら黙々と食べることになっている。恵方巻きを食べている際は食べ終わるまで口をきいてはいけないしきたりとなっているのだ。これは喋ると運が逃げてしまうとのことで、恵方巻きを食べる際にはみんな黙々と食べている。

節分の恵方巻きを食べる由来とは

恵方巻きの由来は関西にあると言われている。江戸時代から明治時代にかけての大阪の花街で節分をお祝いしたり、商売繁盛を祈ったりしたことから始まっている。この際に大阪の花街の商人や芸子は海苔巻きを恵方に向かって縁起を担いだとされている。これが恵方巻きの由来とされているのだ。

しかし、近年に至るまでは恵方巻きは普及していなかった。1989年に広島のセブンイレブンが“恵方巻き”と名付けて販売を開始した。さらに、翌年からは販売エリアがどんどん広がっていき1998年には全国で販売されるようになったのだ。

これにより恵方巻きの名前は全国区となり、今のような節分の日の大切な行事となっている。今ではコンビニやスーパーなどでは多彩な恵方巻きが売られており、多くの人が恵方巻きを楽しんでいる。まだ恵方巻きと名付けられてからの歴史は浅いので、これからも恵方巻きはアレンジされバリエーションが豊富になっていくことだろう。2017年の節分の日はぜひ恵方巻きを楽しんでください。

2017年の恵方巻きは2月3日で北北西やや北を向いて食べることになっている。恵方巻きとは願掛けのようなものだ。しかし、恵方巻きのバリエーションは増え変わり種の恵方巻きがたくさん売られている。願掛けついでに変わった恵方巻きを食べてみるのはどうだろうか。変わり種の恵方巻きをたべることで新しい発見があるかもしれない。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 小室圭の経歴は慶應かICUか?眞子様結婚で集まる注目
  2. 吉高由里子と大倉忠義のフライデーバリ島旅行スクープに東京タラレバ…
  3. 村山聖の死因は?羽生善治との最後の対局が伝説に
  4. のぶみの絵本が「嫌い」と評される理由は?元ヤンが不当に高い評価を…
  5. 戸塚ヨットスクールが現在幼児教室を始めていた!卒業生はいるのか?…
  6. 三軒茶屋バー「P」とはどこ?川谷絵音常連の「女をオトす」店がす…
  7. フライデー廃刊の署名運動勃発!成宮引退でファン激怒か
  8. ドナルド・トランプの娘が美人すぎると話題に!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP