CULTURE

ふるさと納税って結局得する?いまさら聞けないお得な利用方法

近年、ふるさと納税が話題になっている。しかし、ふるさと納税について詳しくは知らない人もいるでしょう。ふるさと納税は結局、得をするのだろうか。そして、お得な利用方法とはどんな方法なのだろうか。

ふるさと納税って結局得する?

ふるさと納税とは、個人が収めている住民税の約2割を目安に、自分の好きな自治体に寄附することができるシステムである。年間の合計寄附額のうち、2,000円を超える部分は税の控除を受けることができるのだ。ふるさと納税と聞くと自分の故郷のイメージですが、別に自分の故郷や関係がある自治体に寄附しても問題ありません。

ふるさと納税をすることによって、寄附した自治体からはお礼品を貰うことができるのだ。ふるさと納税で勘違いしている人の多くは、節税効果があると思っている人がいる。これは大きな間違いである。ふるさと納税は、本来税金として納める一部分を寄附金とすることができるだけなのだ。

そして、2,000円は自己負担となっている。簡単に言ってしまえば、ふるさと納税によるお礼品を2,000円で買っていると同じことなのだ。お礼品に2,000円以上の価値があると思えるのなら、得をしていると考えることができるでしょう。

いまさら聞けないお得な利用方法

ふるさと納税に踏み出せない理由として、利用方法がよくわかっていない人がいるでしょう。まずお得な利用方法としては、ふるさと納税で還付・控除してもらえる上限を知るのがポイントだ。そして、その次にポイントになるのが、どこの自治体にふるさと納税をしてお礼品を貰うのかだろう。この2つのポイントを押さえることができれば、ふるさと納税のお得な利用方法が可能になるのだ。

そして、この2つのポイントを押さえているのが、ふるさと納税ポータルサイトである。ふるさと納税ポータルサイトは、「ふるさとチョイス」や「さとふる」などが有名だ。これらのサイトには、簡単にふるさと納税の還付・控除限度額計算シミュレーションができるようになっている。

さらに、おすすめのお礼品も紹介されているのだ。ふるさと納税のお得な利用方法としては、ふるさと納税ポータルサイトを利用することなのである。

ふるさと納税は節税にならないことを覚えておくべきだ。イメージとしては、お礼品を2,000円で購入している感じだ。そのため、お得に感じたいのなら、お礼品に2,000円以上の価値を感じるのかどうかなのだ。

また、お得な利用方法としては、ふるさと納税ポータルサイトを利用することだ。簡単にふるさと納税の還付・控除限度額のシミュレーションができ、お得なお礼品についてもわかる。ぜひふるさと納税ポータルサイトを利用して、ふるさと納税をしてみてください。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 駒崎弘樹の炎上騒動まとめ!なぜ炎上するのか?
  2. 安藤なつが刺青(タトゥー)を入れた理由に驚きを隠せない・・・
  3. 東京大神宮初詣の混雑時間を避けるには?2日が穴場!
  4. 転勤のお礼の品でハンカチを贈るのはどんな意味がある?あげる範囲は…
  5. たばこ1箱1000円はいつから?実現性には疑問の声も
  6. 慶応広告学研究会の不祥事!ミスコン中止の真相がヤバすぎる・・・
  7. ポケモンGOの事故が日本でも発生か?アメリカでは事故多発で対策が…
  8. 札幌雪祭り2017の日程や由来は?68回を迎える雪の祭典がすごい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP