ENTERTAINMENT

ガキの使い2017大晦日が最後?ロケ地とゲストの情報まとめ

telebi

今年も残りわずかとなった。年末はテレビ番組が特番となるのだが、大晦日と言えばガキの使いだ。6年連続で民間放送の視聴率トップを獲得しており、名番組と言っても過言ではない。

しかし、今回のガキの使い2017が最後ではとの噂が流れているのだ。また、ロケ地の情報やゲストについても話題になっている。話題に事欠かないガキの使い2017について紹介してく。

スポンサーリンク

ガキの使い2017大晦日が最後?

今回のガキの使い2017が最後になるのではと噂になっている。噂の理由は主に2つだ。1つ目が年齢の問題。ガキの使いの出演者は浜田雅功53歳・松本人志53歳・月亭方正45歳・遠藤章造45歳・田中直樹45歳とみんな中年を超えている。ガキの使いの収録は早朝から翌日の正午ほどまで行っているとのことで体力的な問題が出てくるのだ。

2つ目がマンネリ化だ、ガキの使いの笑ってはいけないシリーズは10回以上も行っておりマンネリ化しているとの声がある。昔のガキの使いの方が面白かったという評価をする人もいるぐらいだ。この2つの理由からそろそろガキの使いの笑ってはいけないシリーズも終了なのではとの噂が挙がっているのだ。実際はまだ終了になるかはわからないのが現状となっている。

スポンサーリンク

ロケ地とゲストの情報まとめ

2017年今回のガキの使いのロケ地は狭山市の狭山東中学校のようだ。地元住民のツイッターにて狭山東中学校でガキの使いの撮影をやっていたとの目撃情報が多数挙がっている。

また、この狭山東中学校は現在廃校になっている。ガキの使い2017年のテーマは「科学研究所24時」だが、ゲストは中居正広ではとの噂が広がっている。今年は紅白に出場しないようなので、ガキの使い2017に出演する可能性は十分にあるのだ。

2016年の笑ってはいけないシリーズでは一瞬だけゲスト出演していたのだが、今回はガッツリ出演するのではと話題になっている。さらに、今年話題になったピコ太郎も出演するのではと噂になっている。実際はどうなのか大晦日に期待したい。

大晦日の特番で人気と言えばガキの使いだが、今年は「科学研究所24時」がテーマになっている。そろそろガキの使いも終了ではとの噂があるが、安定の笑いを提供してくれることだろう。ゲストは中居正広との噂もあり、きっと最高の笑いが楽しめるはずだ。

個人的には紅白よりもガキの使いが大晦日の定番となっており、ぜひ今後も続けていってほしいシリーズだ。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事

  1. war 「この世界の片隅に」のネタバレあらすじ!のんが主演のせいで話題に…
  2. A photo by Desi Mendoza. unsplash.com/photos/CuSHBGBdXc0 安倍マリオの海外の反応がすごい!東京五輪に高まる期待
  3. workerwoman 坂口杏里の現在の姿は、母の急死から始まる不運の連鎖に導かれたもの…
  4. angrywoman 松居一代は病気?精神状態を心配する声多数
  5. A photo by Desi Mendoza. unsplash.com/photos/CuSHBGBdXc0 ハイスタが新曲CD発売!売り切れ続出でどこで買える?ネット販売は…
  6. hswomen 坂口杏里2016年現在の借金総額は?ホストにハマる女の心理とは
  7. chiled 前川喜平の息子佑作は厚労省勤務の医師?エリート家族への影響は?
  8. shutterstock_382266112 ガレッジセール・ゴリが干されたのは普天間の発言が問題か?イメージ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

  1. shutterstock_410426641
  2. city1234
  3. moneyasd
  4. horie
  5. horie
  6. money
kubire3

BUSINESS

  1. buillding
  2. memory
  3. 143469d4e943ba9cd42e44fd87e3c3b9_s
  4. moneyasd
  5. horie
  6. pad
  7. newyork
  8. manjump
  9. tiger

LIFESTYLE

  1. cloud
  2. hswomen
  3. pinkflower
  4. party
  5. home
  6. gorin
  7. money
  8. cloud
  9. jutai
  10. couple

WOMEN

  1. hswomen
  2. workerwoman
  3. pinkflower
  4. stage
  5. hswomen
PAGE TOP