SOCIAL

日本カビの対策は?抗生物質が効かないって本当?

日本カビ(カンジダ・アウリス)が欧米・アジアで真菌感染症として脅威をもたらしているようだ。

日本人研究者により世界で初めて報告された日本カビ。この日本カビが欧米・アジアなどでも発見されており、死亡者まで出ているのである。今後、日本カビについて注意・警戒をする必要があるのかもしれない。

日本カビの対策は?

日本では、帝京大学大学院医学系研究科の槇村浩一教授によって日本カビが発見されている。このとき日本カビは、70歳の女性患者の耳漏から発見されたのだが、カビの病原性は低かった。そして、抗菌薬に対する耐性も示さなかったのである。しかし、韓国・インド・パキスタン・米国・南アフリカなどでも日本カビは発見されており、死亡する事例まで報告されているのだ。

ちなみに、日本カビは日本から広がったのではなく、各国にもともとあったとされている。日本カビの感染経路は、接触感染が主だと考えられているようだ。これまでに海外では、院内感染も報告されているという。

日本カビ対策は、これと言って見当たらないのが現状となっている。まだ日本カビについてわかっておらず、対策も後手になっているのだ。基本的なことだが、健康な状態で感染しないように免疫力を高めておくことが一番の対策だろう。

日本カビは抗生物質が効かないって本当?

日本カビが問題視されているのが、治療薬が効かない耐性化である。耐性化されれば抗生物質が効かなくなる。アメリカの研究によると、アメリカの9割以上の日本カビが最優先で選択される治療薬への耐性を持っているという。

さらに、日本カビの5割は2種類以上の抗菌薬に耐性を持っており、4%に至っては全抗菌薬が効かないとのことだ。しかも、アメリカだけでなく、韓国やインドでも耐性化した日本カビが確認されているのである。それだけに日本カビが問題視されているのだ。

ちなみに、日本では耐性化された日本カビは見つかっていない。しかし、海外から耐性化された日本カビが入ってくる可能性はある。そうなると、抗生物質が効かない以上危険だろう。日本カビの研究が進み、治療法や対策が見つかることを願っている。

日本カビと言われると、日本固有のカビみたいだが事実は異なる。日本人により発見されたから通称として日本カビとされているのだ。そんな日本カビが世界で流行している。耐性化された日本カビだと抗生物質が効かないという。

しかも、耐性化された日本カビは複数の国で確認されているのだ。できるだけ早く治療方法や対策方法を確立して、日本カビの脅威から多くに人を守ってもらいたい。

ピックアップ記事

関連記事

  1. ヒラリークリントンは病気?脳梗塞や認知症の可能性も
  2. 【和大興業事件】溝畑順子社長の息子(次男)にまつわる黒い評判
  3. 舛添要一 出版社社長の元新聞記者は誰か?中央公論社の大橋善光が最…
  4. トランプ暗殺未遂か?高まる注目、増す危険
  5. 都議会選挙次回はいつ?小池新党が一気に都議会自民を打ち破るか
  6. 安倍晋三に子供がいないことは政策に影響するのか?
  7. ドナルド・トランプの発言に女性が反発!最新支持率調査は互角だがど…
  8. 舛添要一が公用車で湯河原別荘通い!度重なる公私混同で辞職に追い込…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP