SOCIAL

籠池泰典の息子(長男)籠池佳茂のブログはどこに?Facebook投稿がヤバイと話題に

diary

森友学園の問題がとんでもない方向に進んでいる。安倍首相からの献金があったという話や内閣を壊すぐらいの話があることを語っている籠池泰典。さらに登場してきた人物が息子の籠池佳茂だ。

籠池佳茂とは一体どんな人物なのか。さらに噂になっている籠池佳茂のブログやFacebookの投稿がヤバイと話題になっている。

スポンサーリンク

籠池泰典の息子・籠池佳茂とは一体どんな人物なのか?

籠池泰典が記者会見をした際に隣にいた人物が籠池泰典の息子の籠池佳茂だ。記者会見では籠池泰典のフォローをしていた。籠池佳茂は現在36歳で大阪工業大学高等学校、立命館大学経済学部出身。

卒業後は山谷えり子元拉致問題担当大臣の秘書をしていたとされている。だが山谷えり子は否定しており何かあったのかもしれない。また、籠池佳茂は父である籠池泰典と絶縁関係にあるという噂があった。

これは籠池佳茂の結婚相手を籠池泰典が気に入らなかったからだ。結婚式にも出席しておらず最終的には離婚をしている。その後籠池佳茂は再婚して子供もいるとのことだ。

スポンサーリンク

籠池佳茂のブログはどこ?Facebookの投稿がヤバイ

籠池佳茂のブログについて調べてみたもののブログは見つからなかった。噂になっている籠池佳茂のブログは存在しないのだろう。だが籠池佳茂のFacebookが見つけることができた。

籠池佳茂のFacebookの投稿はなかなかヤバイと感じられる。なかでも「世界人類は皆、兄弟なのであります。世界人類は同胞なのであります。しかしながら、人類の姿形が違うのと同じく民族、人種、性別、国柄の違いとして世界に散らばっているのであります。」から始まっている投稿はまるで宗教家のような内容でヤバイと感じることだろう。

籠池泰典の幼稚園での教育方針もまるで宗教のようで息子である籠池佳茂も父親の思想を引き継いでいるのかもしれない。今後籠池佳茂が森友学園の運営と関係してくる可能性があるのだが問題が起きないことを祈っている。

籠池泰典の息子である籠池佳茂が森友学園の問題に突然登場してきた。記者会見の際には籠池泰典に厳しい質問が飛ぶと籠池佳茂は的外れな発言をして記者たちを煙に巻いた。

今回の森友学園の問題は籠池泰典の問題であり息子の籠池佳茂は関係ないはずだ。身内だから庇いたい気持ちがわかるが不正があったなら明らかにする必要がある。ノンフィクション作家の菅野完もだがもっとフラットな立場で発言して真実を究明してほしい。

スポンサーリンク

ピックアップ記事


Thumbnail of 紗栄子が愛用の◯◯で激ヤセした人続出!SNSで大炎上中!紗栄子が愛用の◯◯で激ヤセした人続出!SNSで大炎上中!
紗栄子さん愛用の「あるもの」で痩せた人が続出しているようです。

関連記事

  1. jutai 都議選2017の日程・投票日はいつ?予想は小池新党優勢か
  2. gun 村田マリ逮捕はある?サイコパスとも評されるWELQ仕掛け人の素顔…
  3. boy 田野岡大和の母親の名前と画像だけ公開されない理由とは?
  4. chiled 町田莉菜ちゃん行方不明の霊視結果!障害が原因だったのか?
  5. tori 鳥越俊太郎は認知症か?顔や表情が完全に認知症患者との見方が強まる…
  6. partytyty 清原和博の大物司会者の薬仲間の有力候補は中山秀征、中居、さんま、…
  7. yoake 蓮舫の二重国籍問題最新情報は?結局どうなった?
  8. rojiura 与謝野信の経歴は?日の丸騒動で窮地か

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

  1. office
  2. wine
  3. soldier
  4. horie
  5. city1234
  6. pad
kubire3

BUSINESS

  1. eagle
  2. city
  3. bil
  4. store
  5. low
  6. akachan
  7. suitman
  8. womantree
  9. waterman
  10. businessmans

LIFESTYLE

  1. cloud
  2. gorin
  3. cloud12
  4. blackwoman
  5. business
  6. cloud12
  7. sadman
  8. bird
  9. hswomen
  10. ochikomuman

WOMEN

  1. IMG_2937
  2. gorin
  3. beautifulwoman
  4. workerwoman
  5. pinkflower
PAGE TOP