CULTURE

唐澤貴洋は小林麻央の親戚?ツイッター炎上で集まる注目

fire12

22日夜に亡くなった、歌舞伎俳優・市川海老蔵の妻でフリーアナウンサーの小林麻央さん(34)。

23日の朝、夫の海老蔵が自身のブログで「人生で一番泣いた日です」という記事を更新。マスコミに対して配慮を求め、午後に自らが会見を開くと発表したが、それに反して会見より先にスポーツ紙やテレビのワイドショーなどが麻央さんの訃報を報道したため、多くの批判の声が集まった。

しかし、夫のブログよりもメディアの報道よりも先に、麻央さんの訃報を世間に知らせてしまった人物がいる。弁護士の唐澤貴洋氏である。なぜ彼はそんなことをしたのだろうか。

スポンサーリンク

驚きのツイートが炎上状態に

小林麻央さんはかねてから乳癌で闘病中だったが、その治療の様子や生活ぶり、家族とのふれあいなどをブログで公開し、同じ病に苦しむ女性や同世代の母親など多くの人々の共感を呼び、勇気と希望を与えていた。

会見では、夫の市川海老蔵が麻央さんの最後の様子を話し、最後の言葉が「愛してる」だったことを明かした。常に自分より家族のことを心配し、明るく前向きに生きた麻央さんの姿に、日本中が悲しみに包まれた。

しかしその裏では、ある人物の心無い行いが、多くの人々の怒りで炎上していた。

その人物とは、弁護士の唐澤貴洋氏。彼は自身のツイッターで、誰よりも早く麻央さんの訃報をツイートしたのだ。しかも、自らを麻央さんの親族だと名乗っていた。

問題のツイートがされたのは、23日の午前2時50分。「私の姪の小林麻央、先ほど亡くなられたと第一報」さらに、「初めて出会ったよく泣く元気な赤ちゃんのときが昨日のよう」などというエピソードが続いている。

海老蔵が「人生で一番・・・」とブログ更新したのが7時54分。それよりも5時間も前に麻央さんの死を知っていたのだから、唐澤氏が名乗る通り、彼が麻央さんの親族で、この情報は正しいものであるように思われた。

しかし、夫よりも家族よりも先に訃報を公表してしまったことに非難が殺到。唐澤氏のツイッターは炎上状態になった。

すると、昼過ぎになって唐澤氏が長文のツイートを複数回投稿。

それによると、唐澤氏は自身の依頼者である医師から、麻央さんが亡くなったという情報を入手。注目を集めるためにツイートすることにしたが、医師から聞いた話では倫理上の問題があるため、親族を名乗った。これらのことを売名行為だと言われているが、このことで話題になり、今苦しんでいる人たちの助けになるのではないかと考えたからである、と弁明している。

しかし、いくら弁明したところで、唐澤氏の行為は人の不幸につけこむ卑怯な手段である。そんな人物が弁護士であることが信じられないほどであるが、さらに唐澤氏は驚くべき言葉でツイートを結んでいる。

「当職に対するネット上での誹謗中傷につき弁護士に対する名誉毀損行為を行った者には今後しかるべくした対応を検討しております。ネット上は無法地帯ではないのですよ」

一体どの口が言っているのだろうか。

ただし、この「口」、実は唐澤氏のものではない可能性があるのだ。

スポンサーリンク

ツイートしたのは本人か?なりすまし説も

弁護士の唐澤貴洋氏。この名前に聞き覚えがある人がいるのではないだろうか。実は、一部では有名な人物であるようだ。

唐澤氏には、ネット掲示板で誹謗中傷や悪質な書き込みを続けていた人物から相談を受け、対応にあたった過去がある。その後、唐澤氏の言動などを茶化す行為などが横行。それに対して唐澤氏が過剰な反応をしたことから、ことはこじれ騒動は長期化した。唐澤氏を茶化す動きがエスカレートし、ついには爆破予告メールまで送りつけられることに。

そういった流れをふまえ、今回のこのツイートは何者かが唐澤氏を名乗って行ったいたずらであるという説が有力視されている。いわゆる「なりすまし」である。

唐澤氏の事務所も、このツイートを「なりすましアカウント」によりものだとし、一切の関係を否定している。さらに、これまでの嫌がらせやなりすまし行為を警察に相談し、連絡を取っているという。

もしなりすましが事実だとしたら、立派な名誉棄損である。悪ふざけでは済まされない。唐澤氏を陥れようとしたこの人物は、同時に麻央さんの親族をも傷つけているのである。

しかし、その人物がどうやって麻央さんの訃報を知ったのかという疑問は残る。実際にどこからか情報を得たのか、それとも単なるデマが偶然に事実と一致してしまったのか。

どちらにしても、人の死をネタにするなど、許されることではない。

昨日から続く、ネットでの騒動。ブログの記事から始まり、マスコミ批判、そしてなりすまし。ネットがなかったらこんな騒動は起こらなかっただろう。

しかし、ネットがあったから、麻央さんはブログという手段で多くの人々と心を繋ぐことができたのも事実である。

批判に明け暮れていると、ことの本質を見逃してしまうこともある。そうなる前に、どうか麻央さんの残した言葉の数々を読んでほしい。その美しさに、心を洗われてほしい。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事

  1. runnning 東京マラソン2017の芸能人出場者は?注目は◯◯!
  2. tiger 忘年会余興2016年の簡単ネタBEST3!これさえやればスベリ知…
  3. man ボブディランのノーベル賞受賞理由は?作品はどれか
  4. fire12 駒崎弘樹の炎上騒動まとめ!なぜ炎上するのか?
  5. low 新入社員の挨拶を1分でまとめるには?構成・内容・文字数のベストを…
  6. setsubun 節分2017のイベントで楽しいもの特集!新しいイベントが生まれつ…
  7. cherry お花見2017東京のおすすめスポットは?お役立ちグッズもご紹介!…
  8. cloud 1.17阪神淡路大震災の黙祷2017年の時間は?やり方や言葉など…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

  1. money
  2. mother12
  3. horie
  4. wine
  5. suitman
  6. business
kubire3

BUSINESS

  1. josei
  2. money123
  3. city1234
  4. shutterstock_382266112
  5. eagle
  6. womantree
  7. money
  8. horie
  9. IMG_2937
  10. casino

LIFESTYLE

  1. fires
  2. yoake
  3. cafe
  4. pc
  5. sanseturban
  6. shutterstock_562122925
  7. huro
  8. cloud12
  9. umbrella
  10. cloud

WOMEN

  1. crowded
  2. mother12
  3. sadwomen
  4. green
  5. womantree
PAGE TOP