SOCIAL

慶應広告学研究会加害者メンバーの名前が流出?被害届受理で逮捕までもう少し

数々の有名人を輩出した慶應大学のミスコンを運営していた慶應大学広告学研究会が解散の処分となった。解散の理由は未成年の飲酒とされていたが、事実は異なり広告学研究会のメンバーが未成年の女子学生にお酒を飲ませ集団暴行していた事件が起きていたのだ。

事件は広告学研究会メンバー6名によるものだ。あろうことか、集団暴行の際には撮影しているメンバーまでいた。どれほど非道な行いか計り知れない。しかし、悪いことをすれば自分に返ってくる。加害者6名のメンバーはネット上で名前が流出、被害届も受理されて逮捕も近づいている。

慶應広告学研究会加害者メンバーの名前が流出?

ネット上では慶應大学広告学研究会の集団暴行事件の犯人の名前やツイッターアカウントが流出している。集団暴行事件のメンバーは中須麿奎和、辺土名玄、平澤日向、飯田基樹、富岡恵大、吉川雅人の6名と実名でネット上では話題になっている。また、ネット上では名前だけでなく写真もアップされている状態だ。ネット社会の現代、悪いことをすればすぐにでも特定されてしまうのだ。

女子学生は動画を流失させられている。加害学生が、自分たちだけ名前を伏せたまま逃れようというのは虫が良すぎる。さらに、加害学生たちはあろうことか、被害女性の交友関係や、性格などの証拠になるLINEのやりとりなどを集め、この行為が合意の上で行われたものだという証拠としようとしているようだ。

それはつまり、女子学生がそのような行為を合意の上でやるような人物であることを示すようなやりとりだというが、そんなものはいくらでも捏造ができるし、そうした会話の一部を切り取られて、被害女性への根も葉もない憶測がより強まることになる。

被害届受理で逮捕までもう少し

警察はすでに今回の事件の被害届を受理している。このことから加害者たちの逮捕は間近だとされている。すでに警察は事件現場とされている神奈川県葉山町の合宿所に女子学生と検証を行っているのだ。この動きに事件の加害者たちは自分のたちのFacebookのアカウントの削除や携帯の動画を削除して証拠隠滅を図っているようだ。

また、加害者たちは今回の行為は合意があったと主張している。しかし、事件の動画が流出している以上は少なくともリベンジポルノ防止法違反で罰せられるのは確実だ。集団暴行事件については事件内容を争うことになりかねないが真実をはっきりさせて悪事を働いた犯人たちには反省をしていただきたい。

最低な事件である。未成年に飲酒させることすらいけないことだ。その上で集団暴行事件を起こしているのだ。被害者女性の心の傷は計り知れないだろう。しかも、犯人たちは合意の上と主張しているのだ。厚かましいにもほどがある。犯人たちの実名や画像がネット上では流出している。悪いことをすれば特定できる時代なのだ。自分たちが起こした事件なのだから致し方ないだろう。今後の事件の行く末を見守っていくが、犯人たちには反省をしてもらいたい。

関連記事
慶応広研の加害者の名前が特定か?
慶応事件犯人の逮捕は間近か?
慶応事件動画流出の真相は?

ピックアップ記事

関連記事

  1. 常人逮捕とは?高校生に続き、今度は中学生が逮捕された。
  2. 舛添要一と吉川美鈴の関係性は?芹澤邦雄と舛添をつなげたエァクレー…
  3. 台風10号2016の進路の最新情報!週末の天気は?
  4. 小池百合子に週刊文春砲!冒頭解散ついでに都知事も即辞任に追い込ま…
  5. 愛知県でカーナビ盗みが横行!個人でできる対策はあるのか?
  6. 橋本健神戸市議が今井絵理子と不倫!辞職はあるか?
  7. 豊田真由子の最凶伝説がやばい!モンスター疑惑で夫に同情の声
  8. 舛添要一 家族旅行は税金で・・・週刊文春が特大スクープ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP