SPORTS

清原和博の現在12月の状況は?足切断との噂の真相は

ochikomuman

今年2月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、5月に懲役2年6月執行猶予4年の有罪判決を受けた清原和博。12月現在も執行猶予中の清原だが逮捕後初めてテレビ番組に出演した。糖尿病により足を切断したとの噂もある清原。そんな清原の現在12月の状況や糖尿病による足切断の噂の真相について紹介していきたい。

スポンサーリンク

清原和博の現在12月の状況は?

覚せい剤取締法違反で有罪判決を受けて現在執行猶予中の清原和博が12月になって逮捕後初めてのテレビ出演やインタビューに応じた。テレビ出演した清原は現役当時の面影が全くなかった。

清原の顔は老け、目力はなくなりかつての威圧感がなくなった。テレビで清原は「辞められたってなかなか言いづらい。今日は使わなかった。じゃ明日も頑張ろう。1日1日の積み重ねですね」と12月現在でも薬物と戦っていることをコメントしている。

また、インタビューでは「二度と手を出さないとは言えない。言い切れるのは自分が死ぬ時」と話し自身の現在の状況は薬物依存だということを認識している。更生の一歩として刺青を消すことも宣言しており、清原は現在の薬物依存の状況から立ち直ろうとしている。

スポンサーリンク

足切断との噂の真相は

現状としては薬物依存と戦っている清原だが、糖尿病のため足を切断したという噂がネット上では流れている。事実清原は糖尿病の末期状態だとされている。

血糖値の数値が900を超えているとされており、清原の糖尿病はかなり重度となっている。過去に週刊文春によって薬物疑惑が報じられた際には、シャブ抜きのために都内の病院に入院と報じたが実際には糖尿病の悪化のために入院したとのことだ。

清原の親友である佐々木主浩のパーティーに出席した際には会場に看護師がスタンバイしていたほどだ。糖尿病は重度なものとなると失明したり足を切断したりする状況まで陥ってしまう。まだ清原は足を切断したという信憑性の高い情報はないが、このままでは近い将来清原が足を切断する可能性は十分ある。

現在の清原和博の様子を見ると一気に老け込んだ。目に力がなく、かつての威圧的な雰囲気がなくなった。現在も薬物依存と戦っている清原だが死ぬまで戦うことになるだろう。問題は薬物依存だけでなく糖尿病もある。このままでは糖尿病で足を切断する可能性もあるのだ。かつてのヒーローだった清原のこれ以上の転落は見たくない。薬物依存にも糖尿病にも打ち克ってほしい。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

Thumbnail of 「なぜ一流の男の腹は出ていないのか?」その答えとは?「なぜ一流の男の腹は出ていないのか?」その答えとは?
一流になりたければ必ず読んでください。意外な答えがみつかるかもしれません。

関連記事

  1. base 中畑清の薬は清原の影響か?嫁を亡くした男の末路・・・
  2. gym 内村航平の嫁・上谷千穂の略奪でき婚嫁姑問題というぶっ飛んだエピソ…
  3. tennis 観月あこ帯同がバルセロナの敗因か?錦織圭が抱えるリスク要因とは
  4. dark 清原の入院病院はどこ?千葉西総合病院でほぼ確定
  5. golf123 野村敏京の国籍は日本人?スポンサーは韓国企業!
  6. fight 中井りんに旦那はいる?美人格闘家の素顔が気になる
  7. horse 武田麗子の自宅がすごい!父は富豪であの人物・・?
  8. muscle1 羽賀龍之介の彼女は?イケメン柔道家の父と兄もすごかった!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

  1. money123
  2. horie
  3. 渋谷 ビル
  4. business
  5. wine
  6. moneyasd
kubire3

BUSINESS

  1. money
  2. 143469d4e943ba9cd42e44fd87e3c3b9_s
  3. money123
  4. cafe
  5. suitman
  6. IMG_2937
  7. newyork
  8. paper
  9. memory
  10. band

LIFESTYLE

  1. father
  2. umbrella
  3. cloud12
  4. cloud
  5. city12
  6. cloud12
  7. chart
  8. party
  9. ring
  10. blackwoman

WOMEN

  1. runner
  2. hswomen
  3. gorin
  4. umbrella
  5. pinkflower
PAGE TOP