SOCIAL

黒崎愛海さんのFacebookの友達に犯人はいるのか?犯人の正体は?

yoake

12月4日からフランス東部ブザンソンに留学中の日本人学生である黒崎愛海さんが行方不明となっている。フランス警察は事件として捜査しており、犯人を特定しているようだが日本にはまだ情報が流れてきていない。

しかし、犯人の情報としてフランス国籍ではないという情報に加えてSNSを通じて犯人と知り合ったという情報がある。このことからFacebookにて犯人と知り合った可能性があるのだ。

スポンサーリンク

黒崎愛海さんのFacebookの友達に犯人はいるのか?

筑波大学からフランス東部ブザンソンに留学中の黒崎愛海さんが12月4日から行方不明となっている。黒崎愛海さんと犯人はSNSを通じて知り合ったとされる報道された。黒崎愛海さんはFacebookとツイッター、Instagramの3つのSNSのアカウントを持っていることがわかっている。

黒崎愛海さんのFacebookにはフランス留学後にも画像がアップされており更新している。これに対してツイッターは2015年5月3日で更新が止まっており、Instagramは非公開設定となっていた。このことから、犯人と知り合ったというSNSはFacebookが有力だ。

しかし、黒崎愛海さんのFacebookの友達には友人が多くおり、しかも外国人の友人も多くいることから犯人を特定するのは難しい。

スポンサーリンク

犯人の正体とは?

犯人の情報としてはフランス国籍ではないことがわかっている。黒崎愛海さんは犯人と行方不明となった4日にブザンソン郊外のレストランにて2人で食事をして一緒に寮に戻ったが、その後叫ぶ声が聞こえたという証言がある。

フランス警察は犯人をすでに割り出しているのだが、犯人は国外に逃亡したことがわかっている。犯人は賢く行動しており、黒崎愛海さんが行方不明になった後は人が立ち寄らない場所を選びながら行動してフランス国外に逃亡したのだ。

犯人がフランスを出国しており、ヨーロッパを離れていることが予想される。このことから犯人の捜査は難航することだろう。

フランスへ留学中の黒崎愛海さんが行方不明となったのは怖いことだ。しかも、犯人はSNSを通じて知り合ったとのことで改めてSNSの怖さが浮き彫りとなった。

また、黒崎愛海さんも軽率な行動をしたとの思いもある。外国でSNSによって知り合った友人と会ってしまうのはあまりにも軽率だ。日本でもSNSで知り合った人物と直接会うのは危険な行為であり、事件に巻き込まれる可能性がある。

黒崎愛海さんの場合は外国なのだから余計に危険だ。とにかく今は黒崎愛海さんが無事であることを祈っている。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事

  1. chiled 町田莉菜ちゃん行方不明の霊視結果!障害が原因だったのか?
  2. law 佐々木善三弁護士の経歴・案件実績を見れば都合の良い「第三者」であ…
  3. bike 苅羽悠の今後はどうなる?活動休止で慰謝料は払えるのか
  4. gake 豊洲市場のゼネコンは?盛り土を怠った責任は東京都に?
  5. fires 古賀茂明が橋下徹とバトルで炎上!現在の出方は?
  6. gake 慶応の動画拡散は加害者側がワザと流していたことが判明!そのワケが…
  7. 18788f78255ba4efcdbca879e7dd5706 森友学園籠池泰典に資金提供した政治家は誰?稲田朋美との説も
  8. jutai 都議選2017の日程・投票日はいつ?予想は小池新党優勢か

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

  1. suitman
  2. moneyasd
  3. money
  4. 渋谷 ビル
  5. horie
  6. business
kubire3

BUSINESS

  1. cafe
  2. workerwoman
  3. tiger
  4. wedding
  5. money
  6. newyork
  7. 143469d4e943ba9cd42e44fd87e3c3b9_s
  8. bil
  9. pad
  10. pad

LIFESTYLE

  1. jutai
  2. cloud
  3. cloud
  4. cloud12
  5. umbrella
  6. shutterstock_410426641
  7. cloud12
  8. cloud
  9. wedding
  10. sad

WOMEN

  1. workerwoman
  2. umbrella
  3. soccer
  4. womantree
  5. workerwoman
PAGE TOP