ENTERTAINMENT

小林麻央の死去の時間は?海老蔵の1日の動き

小林麻央が6月22日に亡くなったことがわかった。夫である市川海老蔵は翌日に記者会見を開き小林麻央が亡くなったことを伝え、最期の様子などを語った。

小林麻央は6月22日の何時ごろに亡くなったのか知りたい人もいるだろう。そこで市川海老蔵の当日1日の動きから小林麻央が亡くなった時間を予想していきたい。

当日の市川海老蔵の1日の動き

まずは小林麻央が亡くなった6月22日の市川海老蔵の1日の動きを見ていきたい。6月22日に市川海老蔵は舞台に出演している。渋谷にあるシアターコクーンにて『ABKAI2017~石川五右衛門 外伝~』に出演しているのだ。

当日は13:00からの昼公演のみだった。公演後に市川海老蔵はシアターコクーンにて稽古していたようだ。そして、19:00頃に小林麻央の母親からラインがあったとのことだ。

しかし、稽古をしていたことからラインに気付くのが1時間半後である。つまり、ラインに気づいた時間は20:30分前後だろう。自宅までの時間を考えても21:00前後には小林麻央がいる自宅に着いていると予想できる。

小林麻央の死去した時間は?

市川海老蔵の会見によると自宅に到着したときにはまだ「この世にいてくれた」と語っている。つまり、ギリギリの状況で自宅に着いたのだろう。このことから小林麻央が亡くなったのは市川海老蔵が家に到着してからしばらくしてからであると考えることができる。

そうなると、6月22日の21:30~22:00ぐらいが小林麻央の死去した時間だと予想することができるのだ。市川海老蔵の会見では小林麻央は21日から話すこともできない状態だったという。しかし、最期に市川海老蔵に「愛している」と言ったと語っている。

最後の最後に市川海老蔵が到着するまで頑張って「愛している」と市川海老蔵へ伝えることができてよかった。一生懸命に闘病して精一杯生きた小林麻央のご冥福をお祈り申し上げます。

市川海老蔵の記者会見から6月22日の1日の動きがわかると小林麻央が亡くなった時間を割り出すことができる。その結果として21:30~22:00ぐらいに小林麻央は死去したと推測することができる。

それから1日もない状況で市川海老蔵はしっかりと公演をこなし、記者会見を行なうのだから立派だろう。市川海老蔵と小林麻央の子供はまだ6歳と4歳でまだ小さいので小林麻央が亡くなったことによる影響が心配だ。だが、市川海老蔵ならしっかりと育てていくことができるだろう。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 市川海老蔵の会見場所は?涙の会見に悲しみの声多数
  2. 吉岡里帆の自己分析が話題に!華はなくても素晴らしい◯◯を持つ注目…
  3. 狩野英孝の地下アイドルは誰?飛沫真鈴の名前が浮上!
  4. めちゃイケが打ち切り終了する要因は何だったのか?
  5. 泰葉の双極性障害とは?病気が金髪豚野郎発言の遠因か
  6. トレンディエンジェル斎藤司の結婚相手は誰?
  7. 24時間テレビ2017マラソンランナー予想投票!遅い発表の驚きの…
  8. もやもや病の原因と症状は?徳永英明が罹って注目の奇病とは・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP