LIFESTYLE

五月病の対策には食べ物が有効だった!食事で気をつけるべきことは?

毎年五月病に悩まされる人がいるのではないでしょうか。GWが終わったあたりからうつ病のような状態になる五月病は辛いものだ。実は五月病に有効の食べ物があることがわかった。そこで今回は五月病に有効の食べ物や食事で気を付けるべきことについて紹介していきたい。

五月病の対策には食べ物が有効だった!

五月病とは正式の病名ではないものの誰もの知っているGW過ぎに起こる症状のことだ。正式に言えば適応障害にあたる五月病は食べ物が対策には有効だとわかった。

4月になって環境が変わりGWあたりで症状が出る五月病は精神的なものが大きいのだ。そのためリフレッシュやストレスケアが重要なのだが、同時にセロトニンを分泌させることが五月病対策になる。

セロトニンとは脳内物質のことで心を鎮めて落ち着かせる作用があるのだ。そしてセロトニンを分泌させるにはアミノ酸・ビタミンB群・炭水化物が必要になってくる。つまり五月病の対策のためには食べ物でセロトニンを分泌させることが有効なのだ。

食事で気を付けるべきことは?

ところで食事でセロトニンを分泌させるために気を付けるべきことがある。無理をしても意味がない。できる範囲でバランスよく食事をすることが大切なのだ。

また、セロトニンを分泌させるためにはどんな食材が効果的か知っておくことも重要。セロトニンを分泌させるためには必須アミノ酸であるトリプトファンが必要で肉類や赤身魚、大豆製品などから摂取できる。トリプトファンをセロトニンに合成するのを助けてくれるビタミンB6はバナナやカツオ、マグロなどが有効だ。

また、脳へセロトニンを吸収するのを助けてくれる炭水化物はお米やパン、麺類が効果的。これらのバランスに気を付けて食事をすることが大切なのだ。もちろん食事だけで五月病を対策するのは難しいだろう。だが食事を侮ってはならない。少しでも五月病の対策をするために食事にも気を使ってみてはどうだろうか。

五月病の対策には食べ物が有効だ。五月病は簡単に言ってしまえばストレスが関係している。だからストレスを少しでも解消するためにはセロトニンを分泌させることが必要だ。セロトニンを分泌させるにはバランスのとれた食事が大切。もちろんストレスをためないことが大切なのだが食事からサポートすることによって五月病の対策になるだろう。バランスのとれた食事を心がけてみてはどうだろうか。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 台風16号2016最新進路は?米軍とヨーロッパの比較
  2. 小林麻央 誤診の病院はどこだったのか?聖路加との説も
  3. 小林まさひろハンダースの終活!田原俊彦の盟友が残した教訓とは?
  4. 台風12号2016最新進路情報!気象庁と米軍の予測の違いは?
  5. 内村航平の嫁の略奪でき婚戦略に学ぶ最強アスリートの妻になる方法
  6. GIMICO義足のモデルが話題に!パラリンピック閉会式で世界が注…
  7. たばこ1箱1000円はいつから?実現性には疑問の声も
  8. 未婚率は2016で改善するか?2015までの推移を見ると日本の将…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP