ENTERTAINMENT

宮沢磨由が育休議員宮崎謙介の二股不倫相手だったと週刊文春が報道

男女1

育休議員として一躍有名になった宮崎謙介議員の不倫が報じられた。報道元は週刊文春。年始から極めて好調な週刊誌だ。

宮崎謙介議員が、妻である金子恵美議員の出産入院中に、宮沢磨由というグラビアイドルを自宅に招き入れ関係を持ったというもの。宮崎議員は周囲に対して不適切な関係を持ったことを認めているとの報道がなされているが、公の場では終始ノーコメントを貫いている。

育休取得を高らかに宣言した「イクメン」議員であるはずの宮崎謙介議員が、なぜ不倫をしたのか。宮沢磨由という人物はどのような女性なのか。二人の人物像に迫る。

スポンサーリンク

宮崎謙介は女好きで有名だった

世間的にはイクメンの印象が強い宮崎謙介議員だが、実際は女好きで有名だ。現在の妻である金子恵美議員とは二度目の結婚。初婚の相手は加藤鮎子、元自民党議員の加藤紘一の娘だ。2006年に加藤鮎子と結婚した後、3年で離婚。この時の離婚理由は宮崎議員の女性問題だった。

早稲田大学卒業後、日本生命に入社。その後株式会社インテリジェンスに転職した後、2007年に株式会社ネオトラディションを創業。ベンチャー企業の社長となった。身長188cm,体重78kgのモデル体型と、さわやかなルックス、バイタリティ溢れる人格は、確かに多くの女性を虜にする素質があった。

2009年に加藤鮎子と離婚した後、2012年に国政進出。2015年に加藤恵美議員と結婚した。

ベンチャー創業当時の宮崎氏を知るものは、彼の人格についてこのように語っている。「リーダーシップがあって、コミュニケーション力が高かったため、万人に好かれる性格でした。ただ、挫折経験がないこともあり、どことなく自分中心の考えが出てきてしまって、付き合っていくうちに彼に嫌気がさす人は多かったと思います。」(ベンチャー関係者)

確かに、育休取得宣言時も「国会議員である自分が育休を取得することで、男性の育休取得を推進したい。」と語っていたものの、彼が育休取得をすることでどのように男性の育休取得が推進されるのか全く示されてこなかった。この違和感は多くの人が気づいていたに違いない。あくまで「自分が育休したらどうなるか」が彼の着目点であり、「日本の男性の育休取得をするためにどうするか」という視点は抜け落ちていた。

そのような人物であることが透けて見えるからか、今回のスキャンダルが起きたこと自体は、それほど不思議ではない。

スポンサーリンク

宮沢磨由とはどのような人物か

不倫相手とされる宮沢磨由は34歳の無名グラビアアイドルだ。報道によると舞台などで活動をしているようだが、表舞台にはまだ出てきていない。着物姿に自信があるようで、着物を着た写真を多く見ることができる。

宮沢磨由と宮崎謙介氏の出会いは1月4日。宮崎議員が和装で国会に登院した際に着付けを担当したのが宮沢磨由だった。その後懇意になり、妻の金子恵美議員が出産で入院中の1月30日から31日にかけて、自宅にて関係を持ったということである。

宮崎謙介議員が、軽い男であることは前提としつつも、この宮沢磨由の感覚も解せない。奇しくも2016年1月は「不倫」という文字をメディアで目にしない日はないほど、スキャンダルが爆発した期間であった。言うまでもなくベッキーの騒動だ。ベッキーのスキャンダルは、まだ理解できる。不倫相手の川谷絵音は、自らが既婚者であることを隠して交際を開始し、ベッキーが気持ちを抑えられなくなり、暴走したのがあの騒動の本質だ。しかし、今回の場合、宮崎謙介はイクメンを自称し、2月からは育休に入ろうとしている、正真正銘の既婚者だ。そんな男の家に、嫁が不在であることを知り、平然と入り込んでいく神経は、極めて太い。

ここまで来ると、一部で囁かれているハニートラップ説が頭をよぎる。(宮崎謙介不倫ハニートラップ説とは?)通常の神経や意識では、ここまで軽く不倫の一線を超えることはできないのではないか。仮にハニートラップ説が正しければ、宮沢磨由は金をもらってこのまま芸能界を引退するか、逆に引き上げられてブレイクするか、2つに1つだ。

今後の展開を見守っていきたい。

スポンサーリンク

ピックアップ記事


Thumbnail of 株式投資の初心者がまず最初にやるべきこととは?株式投資の初心者がまず最初にやるべきこととは?
株初心者が最初にやるべきことはなんだと思いますか?それは◯◯を決めること…

関連記事

  1. A photo by freestocks.org. unsplash.com/photos/nss2eRzQwgw 成宮寛貴フライデー写真でバーキンの持ち方で再びオネエ疑惑浮上!
  2. darksea 石井直電通社長の経歴は?強制捜査で逮捕されるか
  3. court 池上彰の選挙特番2016の切れ味が今年は微妙・・・重要場面をご紹…
  4. fire12 神宮外苑で白熱電球が炎上!東京デザインウィークの惨事は防げなかっ…
  5. father 佐藤浩市 息子と父の確執 苦しみの先に見えた父子関係を考える
  6. aaby 資生堂ショックのその後に見る現代育児休業制度の正しいあり方の提言…
  7. woman 赤枝恒雄も炎上するか?女子学生キャバクラ発言の真意を考える
  8. bird 鳥越俊太郎の女性問題を文春が報じる!破壊力抜群の「女子大生淫行疑…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

  1. pad
  2. office
  3. wine
  4. city1234
  5. 渋谷 ビル
  6. business
kubire3

BUSINESS

  1. shin
  2. luxury
  3. suitman
  4. pad
  5. money
  6. band
  7. business
  8. city1234
  9. sea
  10. 143469d4e943ba9cd42e44fd87e3c3b9_s

LIFESTYLE

  1. couple
  2. cloud
  3. money
  4. pcskill
  5. cloud12
  6. camera
  7. jutai
  8. kissing
  9. cloud12

WOMEN

  1. wedding
  2. workerwoman
  3. josei
  4. hswomen
  5. soccer
PAGE TOP