BLOG

ノアコインにフィリピン大使館から否定声明が出たというニュースについて

casino

当サイトでも何度か紹介している仮想通貨「ノアコイン」だが、なにやら騒動になっているようだ。

フィリピン大使館が以下のような声明を出した模様。

これは、日本の市場で「事前販売」されていると言われている仮想通貨「ノア・コイン」についてインターネット上で広まっている情報に関するものです。

日本市民の皆様から受けた問い合わせに応え、当大使館はフィリピン中央銀行(Bangko Sentral ng Pilipinas)と証券取引委員会(Securities and Exchange Commission)に確認を行ないました。

フィリピン中央銀行によりますと、中央銀行は、ノア・ファウンデーション及びノア・グローバルイノヴェーションサービス(ノア・グローバル)に対して、ノア・コインの事前販売に携わる権限を与えておらず、また、ノア・コインを国家プロジェクトとして承認しておりません。中央銀行により行なわれた初動調査では、ノア・コインの事前販売活動は、会社定款に記載されたノア・グローバルの主要・副次目的からかけ離れたものです。

フィリピン中央銀行と証券取引委員会の調査では、ノア・グローバルに国債や証券、その他類似証券を販売取引するライセンスや権限はありません。

加えて、ノア・グローバルは、証券取引委員会に登録されている住所に実在していません。ノア・グローバルの事務所住所(タギッグ市フォートボニファシオのネット・リマ・ビルディング、正確には10/F, Net Lima Bldg., 5th Avenue corner 26th Street, Brgy. Fort Bonifacio, Taguig City)への現地視察と調査を行なったところ、当該企業はネット・リマ・ビルディングのテナントではありませんでした。

これらの観点から、市民の皆様はデジタル金融取引への従事には慎重になり、フィリピン中央銀行(http://www.bsp.gov.ph/)や取引証券委員会(http://www.sec.gov.ph/)などフィリピンの関連政府機関のウェブサイトを確認するようお願いいたします、

出典:フィリピン大使館公式HP

これをもって、「ノアコインは詐欺だ。」と主張する人が多数出てきているようだ。

当サイトにも、これを知った人から多数問い合わせがきている。

結論を先に言えば
「これをもってただちに詐欺と断定することは出来ない。」
ということになる。

詳しく解説していこう。

ノアコインの宣伝内容と齟齬があるものではない

まず最も重要なことは、そもそもノアコインは「政府公認の国家プロジェクトではない」ということだ。

公式サイトをよく見ればわかるが、「国家公認プロジェクト」などとはどこにも書いていないのだ。

今回のフィリピン大使館の声明は、一部のモラルの低いアフィリエイターや、確かにミスリーディングな販売手法に踊らされた人々が、フィリピン大使館に「ノアコインは本当に国家プロジェクトなのか?」と問い合わせたことに対応して出されたものだ。

国家公認プロジェクトでないものを、国家公認プロジェクトか?と問われれば、「いえ、違います」という回答が返ってくるのは当然だ。

そもそも、仮想通貨を国家が公認するという考え自体がナンセンス。もちろん、国家が公認すればこれほどの信用力の補完はないが、それには極めて高いハードルが付きまとう。仮にそれをやった場合、フィリピンペソが暴落して、フィリピンペソの信用は地に落ち、大混乱に陥るだろう。

現在の通貨が、仮想通貨より不便であることは皆が認めるところ。かといって、仮想通貨は国が信用したものではないので、いくら便利とはいえ、すべての通貨が仮想通貨に取って代わられる状況には至っていない。

それを国が後押ししてしまったら…。一瞬でフィリピンペソを売り払って、ノアコインを買う人が増える。そうはいっても、国際金融市場においては、ノアコインは通貨として認められていない。フィリピンペソの暴落が混乱を引き起こすだけなのだ。

Tポイントを日本国政府が後押しした瞬間、日銀の存在意義は失われ、TSUTAYAが日銀に取って代わることなるわけだ。そんなこと、死んでもしない。ありえないことなのだ。

ノアコインは、あくまでフィリピン財界が「民間プロジェクト」として立ち上げたもの。

いってみれば、TOYOTAやSONYやANAや三菱商事などの大企業が、共通の新電子マネーを作って、それで生活できる新都市を作ろう、という程度のものなのだ。

しかし、これを足がかりに世界的に保有者を増やし、仮想通貨としての価値を担保することで、フィリピンペソに匹敵する信用を得ようというのが、このプロジェクトの目的だ。

ちなみに、フィリピンの銀行はこれに賛同しない。なぜならば、どこの国も銀行は仮想通貨が流行ると手数料を得られなくなって困るからだ。政府が公認できない理由は、ここにもある。

つまり、政府公認がないことなんて当たり前なのだ。政府が公認したら、既存通貨の価値が大変なことになって、既得権益層が困るのだ。

それでもフィリピン経済にとって必要と考えた有志がこのプロジェクトを進めている。

その前提を持った上で、ノアコインの信憑性を自分で考えて判断する必要があるだろう。

オフィスが実在しないことについて

オフィスが実在しないことについて、
10/F, Net Lima Bldg., 5th Avenue corner 26th Street, Brgy. Fort Bonifacio, Taguig City
この住所を調べた人はどれだけいるだろうか?

googlemapでこの住所を調べてみると、極めて単純に理解できる。

この住所のビルにはRegusというテナントが入っている。

Regusは、レンタルオフィス・バーチャルオフィスなどと呼ばれる貸しオフィスを全世界的に展開しているグローバル企業だ。

日本にもいくつもあるので見たことがある人もいるだろう。

ノアコインのプロモーションのための会社が、フィリピンでどのような認可を受けなければいけないのかはわからないが、少なくとも法人登記は必要なはずだ。とはいえ、プロモーションを動かしているのは、個人の集合体であるはずだ。

プロモーション活動立ち上げの際に、とりあえず法人を登記する必要があれば、適当なバーチャルオフィスに登記することは必然的な流れだ。

事実、本件については運営サイドから公式にコメントが出ている。

Q.Noah Global Innovation Service Inc の住所はどこになりますか?

A.現在の登記上の住所は、 10/F Net Lima Building, 5th Ave. cor. 26th St.
Brgy. Fort Bonifacio, Taguig Cityとなっております。

こちらは、本事務所ができる前の、会社を登記するためだけの住所になります。

本オフィスはNOAH CITY内に新設されます。

それまでの期間は、一時的に

Unit 303 AVIDA CITYFLEX SOHO 7th Avenue cor Lane T, North BGC, Taguig City

に仮オフィスを準備しています。

Noah Global Innovation Service Inc

バーチャルオフィスであることをもって「信用がない」と結論付けるのも、一つの判断だとは思う。

とはいえ、ベンチャーや個人事業主がインターネットを使ってグローバルにビジネスを仕掛けられる時代に、そのような判断が本当に正しいかは一度立ち止まって考えてみる価値があるのではないだろうか。

ノアコインのリスクは自分の頭でよく考えるべき

ただ、今回の騒動の発端は、やはり泉忠司氏のプロダクトローンチ手法の下品さに起因していると考える。

どう考えても、これを国家プロジェクトと誤認する人が出るに決まっている販売手法だった。

それを差し引いても、筆者はノアプロジェクトの実現性には期待感をもっているし、自身はさらに資金に余裕が出来れば交換額を増やしたいと思っている。

それはあくまで、ノアプロジェクト設立の理念と、今後の計画、関係者の顔ぶれを見て総合的に考えた上での判断だ。

今回の大使館の声明をもって、手を引くというのも一つの判断。

10万円くらいなら捨ててもいいと思って賭けにでるのも一つの判断。

よく情報収集をして、自信をもって交換するのも一つの判断。

あなたが、自分にとって最高の判断を下せることを祈る。

ノアコイン公式ページはこちら

関連記事

ノアコインの購入方法!

ノアコインへのホリエモンの見解

ピックアップ記事

関連記事

  1. wine ヴァンネットの被害総額は?ワインファンドの虚構・・・
  2. money 穐田誉輝の資産額はいくら?長者番付で100位以内にランクインか
  3. suits 「就活落ちた日本死ね」の批判すべきポイントは?はてなブログで保育…
  4. cafe 中村貞裕の嫁がカフェbillsを生んだ影の功労者?妻に育てられた…
  5. money ノアコイン(フィリピン)の購入方法や価格!泉忠司は詐欺なのか?
  6. akachan 清水健アナが嫁の奈緒さんを失っても前を向いて進むことができる理由…
  7. money 琉球コインに投資したい!導入で沖縄はどうなる?
  8. 渋谷 ビル 東大卒エリート銀行員が突然クビになった驚愕の理由とは・・・?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

  1. horie
  2. pad
  3. soldier
  4. office
  5. business
  6. money123
kubire3

BUSINESS

  1. darksea
  2. womantree
  3. beautifulwoman
  4. horie
  5. city
  6. 143469d4e943ba9cd42e44fd87e3c3b9_s
  7. bird12
  8. band
  9. akachan
  10. waterman

LIFESTYLE

  1. cloud
  2. whiteflower
  3. cloud
  4. womantree
  5. carattack
  6. hswomen
  7. watch
  8. cloud
  9. cloud
  10. money

WOMEN

  1. work
  2. hamaki
  3. stage
  4. green
  5. workerwoman
PAGE TOP