SOCIAL

お年玉の相場はいくら?

新年がスタートすると新年のご挨拶から始まるでしょう。子どもは新年のご挨拶よりも、お年玉が気になって仕方がないでしょう。大人からすればお年玉は、それなりの出費だ。そこで知っておきたいのがお年玉の相場だろう。そこで今回は、お年玉の相場について紹介していきたい。

お年玉の相場はいくら?

お年玉の相場は、子どもの年齢によって異なる。基本的には、赤ちゃんや乳児にもお年玉を渡すのが世間的には多い。ただし、お金を渡してもわからないため、赤ちゃんや乳児にはお年玉を渡さないで、おもちゃやお菓子屋を渡すという大人もいる。お年玉の相場は、幼稚園入園前だと500円~1,000円ほどであり、幼稚園児には1,000円~2,000円ほどとなっている。

さらに小学生になると、小学生低学年は1,000円~3,000円ほど、小学生高学年は3,000円~5,000円ほどがお年玉の相場だ。感覚的には「年齢×500円」というのがお年玉の相場となっているのである。さらに、中学生・高校生になると5,000円~10,000円ほどがお年玉の相場となっている。お年玉の相場から何人もお年玉を渡す子どもがいる場合、高い出費になるのがよくわかるだろう。

お年玉を渡す間柄やいつまであげる?

お年玉の問題のひとつが、どの間柄の子どもまであげればいいのかではないでしょうか。自分の子どもは当たり前ですが、親族にもお年玉を渡すのが一般的となっている。お年玉を渡す親族については、明確なルールなど存在していない。しかし、人間関係を考慮した場合、全員一律でないとトラブルになることがある。そのため、日頃から親密度が高く、お年玉を渡すべきだと思う間柄の親族には一律にお年玉を渡すべきだろう。

また、お年玉を渡す年齢については、さまざまな考え方がある。学生の間まで渡すパターンや高校生までというパターンがある。さらには、成人(20歳)になるまでや、自分がもらっていた年齢までなどだ。また、親族に関しては、自分の子どもがもらった年齢までお年玉を渡すという考え方もある。渡す間柄や年齢は正式に決まっているわけではない、家庭の考え方で決めればいいのではないだろうか。

大人にとって、新年のお年玉は地味に痛手である。とくに親戚の子どもが多いと、けっこうな金額がお年玉となってしまう。お年玉の相場をみていくと「年齢×500円」という感覚のようだ。また、中学生・高校成になると5,000円~10,000円と高額になっている。お年玉を渡す間柄や年齢については、それぞれの家庭で違っているようだ。自分の家庭で話し合ってルール作りをしてみてはどうでしょうか。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 日向灘地震の前兆の可能性も?熊本地震は他の地震を誘発するか
  2. 小池百合子の学歴詐称をフィフィが指摘するも的外れすぎてフィフィへ…
  3. 梅毒の流行増加はなぜか?その意外な理由とは・・・?
  4. 中村彩自民党から都議選へ!慶應出身との経歴は?
  5. 北陸新幹線のルート決め!京田辺ルートは実現するか?
  6. 若狭勝の家族は?小池百合子と再婚の噂も持ち上がるが・・・
  7. 石原伸晃は無能?責任をとって除名の可能性はあるのか
  8. 藤野保史の炎上騒動が賛否両論!防衛費は人を殺すための予算なのか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP