LIFESTYLE

梅雨入り2017関東の予測はいつ?雨量の予測も

GWも終わり、最高気温が25度を超える日も現れるようになった。そうするとそろそろ気になるのが、梅雨入りの時期だろう。

昨年は「過去最悪」と言われるほどの水不足に苦しんだ関東地方。梅雨が終わってもダムの水量は増えることがなく、ダムの底であるはずの場所は干上がってひび割れてしまっていた。

今年も同じ状況になるのは避けたいところだが、こればかりは人間の手でどうすることもできない。できるのは予測することだけである。

それでは、今年の梅雨はどう予測されているのだろうか。

関東地方の梅雨入りはいつ?

気象庁が発表している今年の梅雨入りと梅雨明けの速報値では、関東甲信地方の梅雨入りは6月8日ごろと予測されている。昨年は6月5日だったので、3日ほど遅れるという予測である。最も梅雨入りの早い沖縄地方では、5月9日ごろ。いつ梅雨入りしてもおかしくない。

ところで、そもそも梅雨入りとは、どうやって決められるのだろうか。

梅雨入りと梅雨明けは、「一週間後までの中期予報」と「各地方気象台の観測結果」を組み合わせて、気象庁が決めている。

梅雨の時期になると、比較的天気の良い日が数日続いた後、徐々に天気が悪い日に移り変わっていく。この時期に天気の悪い日が5日間続いた場合、その真ん中の日を梅雨入り日とするのである。

梅雨明けも同じで、中期予報で晴れが続くという予報がされ、最初に晴れた日を梅雨明け日としている。

ただし、この日付は確定ではない。だから、発表される日付には「ごろ」という言葉が付いている。

日付けが確定されるのは9月。中期予報と観測結果を再検討して、改めて発表される。これが確定値である。

という訳なので、実際に梅雨入りしても、それがいつだったのかということが確定するのは、まだずっと先の話なのである。

気象庁のHPに記載されているのは、5月1日に更新された情報である。9月にならないと確定しない梅雨入り日。現在の予測が外れたとしても、致し方ないことかもしれない。

関東地方の雨量は?

梅雨入りの予測と同じく、気になるのは、どれくらい雨が降るのかである。

特に関東地方は昨年の雨不足が記憶に新しいため、影響を受ける人々は今から気をもんでいるだろう。

気象庁は、梅雨の最中である6月の雨量を、「平年と同様に曇りと雨の日が多い」と予測している。確率でいうと、6月と7月の降水量は、「平年より少ない確率が40%。平年並みである確率が30%。平年より多い確率が30%」である。つまり、平年並みかそれ以上に雨が降る確率が60%。昨年のような雨不足に陥る可能性は低いと思ってもいいだろう。

雨不足だった関東以外の地域では、台風や大雨による被害が相次いだ。6月、梅雨前線の影響で九州地方は記録的大雨に見舞われた。8月には北海道に3つの台風が立て続けに上陸。広範囲に被害をもたらした。迷走台風と呼ばれた10号は南下後に北上するという前例のないコースをたどった後、岩手県に上陸し川を氾濫させた。

これらの台風が残した被害は甚大で、多くの死者と行方不明者を出した。北海道では農業が大打撃を受け、最近になってポテトチップスが品薄になるなど、長く影響を残している。

降ってほしい所には降らず、他の所で降りすぎる。自然とは不条理なものである。どうすることもできない人間は、ただ予測して、祈るのみである。「どうか、全国に適度に雨を」

ちなみに、関東地方の梅雨明けの予測は7月21日ごろ。昨年より8日早いようだ。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 五月病の対策には食べ物が有効だった!食事で気をつけるべきことは?…
  2. 仕事のための自己啓発の正しい例3選!中毒にならないために意識すべ…
  3. Uターンラッシュ2016-2017年末はいつから?ラッシュを避け…
  4. 佐藤浩市 息子と父の確執 苦しみの先に見えた父子関係を考える
  5. 内村航平の嫁の略奪でき婚戦略に学ぶ最強アスリートの妻になる方法
  6. 台風21号の進路は?2017年ラストの台風
  7. プレシジョンメディシン日本の関連銘柄や病院は?
  8. 稲垣えみ子が朝日新聞をやめた理由とは?超節電生活に注目が集まる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP