SOCIAL

殺人インフルエンザってなに?日本上陸前の対策はあるのか

「殺人インフルエンザ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。殺人インフルエンザとは、南半球で猛威を振るったインフルエンザであり、かなり強力で死者も多く出したので殺人インフルエンザと呼ばれたのである。そんな殺人インフルエンザが日本に上陸する前に、どんな対策をするべきなのかを紹介していきたい。

殺人インフルエンザってなに?

殺人インフルエンザとは南半球で猛威を振るったインフルエンザのことだ。とくにオーストラリアを中心に大流行したという。オーストラリア政府によると、9月29日の段階で19万5312人もの罹患者と417人もの死亡者が確認されたと発表している。前年の同時期に比べると6倍以上であり、どれほど殺人インフルエンザが猛威を振るっているかがわかるだろう。

死者の多くは香港A型の一種「H3N2亜型」に罹患しているとのことであり、感染者の多くは幼児や高齢者など免疫力や抵抗力が弱い人だったとのことだ。H3N2亜型は人に対する病原性が強いとも指摘までされている。殺人インフルエンザは要注意のインフルエンザなのである。

日本上陸前の対策はあるのか?

そんな殺人インフルエンザだが、日本でもこの冬注意するべきだろう。過去に傾向から、南半球で流行したインフルエンザが半年後に北半球でも流行することが多いのだ。つまり、北半球である日本でも殺人インフルエンザが流行する可能性が十分あるのである。そのため、殺人インフルエンザが日本に上陸する前に対策が必要なのだ。

殺人インフルエンザの感染経路は飛沫感染と接触感染とのことであり、今までのインフルエンザと変わらない。だから殺人インフルエンザへの予防対策としては、通常のインフルエンザへの予防対策と変わらないのだ。規則正しい生活やうがい・手洗い、マスクの着用など基本的な予防対策が殺人インフルエンザにも有効なのである。日頃から基本的な予防対策をして、殺人インフルエンザが日本に上陸しても感染しないように気を付けましょう。

南半球で流行した殺人インフルエンザだが、日本にも上陸する可能性がある。南半球で流行したインフルエンザは北半球でも流行する可能性が高いのだ。だから日本にも上陸する可能性があるというわけだ。

そんな殺人インフルエンザの感染予防対策としては、規則正しい生活やうがい・手洗い、マスクの着用など基本的なものが有効だ。だから、常日頃から予防対策を心がけた生活をしておくべきだろう。

この冬はインフルエンザに感染しないように気を付けてください。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 前川喜平の出会いバー通いの真相は?読売スクープは官邸の陰謀か
  2. 山本有二失言スキャンダルだらけ!辞任はいつ?
  3. ヒラリーの影武者は存在するか?体調不良も囁かれる女性大統領誕生な…
  4. 黒崎愛海さんのFacebookの友達に犯人はいるのか?犯人の正体…
  5. 豊洲市場の設計者は日建設計か?内田茂の関係も
  6. 豊田真由子は辞職するか?秘書への恫喝暴行が波紋をよぶ
  7. 田野岡大和の両親の名前は?親を疑う報道一辺倒の現状に違和感も
  8. 成宮寛貴のビデオ動画が流出?薬吸引場面が映ったビデオは誰が撮った…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP