SOCIAL

証人喚問と参考人招致の違いを簡単に!嘘をついたらどうなる?

現在国会では森友学園の問題で籠池泰典を証人喚問することに決まっている。安倍晋三首相からの資金提供があったと籠池泰典が主張したことで自民党も証人喚問に応じた形だ。

ところで証人喚問と参考人招致の違いを知っているだろうか。同じように感じるがもちろん違いがある。そこで今回は証人喚問と参考人招致の違いを紹介したい。

証人喚問と参考人招致の違いを簡単に説明

証人喚問と参考人招致はともに公での発言には間違いない。しかし異なった性質を持つ。簡単に説明すると証人喚問は過去のことを知るために行われる。誰が何をどうしたのかが重要であり犯罪行為があったのかを調べるのだ。

一方で参考人招致とは未来のことを決定するために行われる。識者と呼ばれる人物を参考人招致して政策決定に関して参考資料となる情報を得るのが目的だ。このように過去の問題に関する証人喚問と未来の政策に関する参考人招致とまったく異なった性質を持っているのだ。

証人喚問もし嘘をついたらどうなるのか?

今回の森友学園の問題は過去にどのような経緯があったのかを調べるために籠池泰典が証人喚問されるのだ。証人喚問に呼ばれた場合は基本的に出席する義務がある。

もし正当な理由がなく証人喚問に応じなかった場合は罰則が設けられている。また、証人喚問は嘘の証言をしてはならない。もし証人喚問で噓の証言をした場合には罰則が定められているのだ。

逆に証人喚問で呼んだ側も証人は嘘をついていると発覚した場合は告発しなければならないことになっている。つまり証人喚問では誰もが虚偽の申告をすることができないのだ。

それは過去の事件に関することであり真実を明らかにするために必要なことなのだろう。過去に証人喚問で嘘をついたとされているのが鈴木宗男だ。鈴木宗男事件において証人喚問で嘘をつき議院証言法違反で起訴されたのだ。今回証人喚問される籠池泰典も嘘をつけば罰則を受ける以上はどんな証言をするのか気になるところだ。

証人喚問と参考人招致の違いは簡単に言えば過去の事件か未来の政策に関する証言の違いだ。証人喚問では過去の事件を証言させるものであり嘘をつけば罰となる。

証人喚問に召喚されるということ自体が事件と関係があるとみられているということだ。噓をつけば罰になるようにして真実を明らかにするのには必要なことだ。籠池泰典はさまざまな偽証の疑惑がある。つまり籠池泰典の発言には信憑性がない。だから今回の証人喚問でしっかりと信憑性ある証言を期待したい。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 内田茂は山口組と義兄弟関係にあった?暴かれ始めるドンの正体
  2. トランプの息子のバロン君の身長が高すぎると話題に!
  3. 豊田真由子が秘書に暴行で炎上!なぜ政治家になったのか?
  4. 成宮寛貴のビデオ動画が流出?薬吸引場面が映ったビデオは誰が撮った…
  5. 泉田知事のおかしい辞任理由!新潟日報とのトラブルとは?
  6. 舛添要一 第三者の弁護士とは誰になるのか?逃げ切りの姿勢を強める…
  7. 舛添要一への文春砲第三弾!完全にアウトな政党交付金流用の事実
  8. 上西小百合は太田光代が嫌いなのか?意味不明なかみつきが話題に

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP