SOCIAL

三井住友銀行 横領の女性行員は逮捕された?4億円不祥事もみ消しを文春がスクープ

三井住友銀行は10月に11億円横領の事件が発覚したのだが、今度は4億円の横領事件が報じられた。千葉県松戸市にある松戸支店新松戸出張所の30代女性が約7年の間にわたりおよそ4億円を着服していたのだ。

しかも、この4億円横領の不祥事を三井住友銀行側はもみ消そうとしていたのだから問題だ。銀行員の倫理観とともに銀行のチェック体制が問われている。

三井住友銀行で横領の女性行員は逮捕された?

関係者によると千葉県松戸市にある松戸支店新松戸出張所の30代女性事務員がおよそ7年にわたり4億円を着服したとして6月に懲戒解雇されている。女性行員はFX取引にのめり込んだのがきっかけとなり、顧客の定期預金などに手をつけるようになったとのことだ。

しかし、今年6月印鑑が変わっていることに気付いた顧客の訴えによって横領が発覚した。被害を受けた顧客には全額が弁済されたとのことだが、女性行員は懲戒解雇されたのみで逮捕されたとの情報は入っていない。

4億円不祥事もみ消しを文春がスクープ

今回の三井住友銀行4億円横領を報じたのは週刊誌の文春だ。文春は6月に横領の疑いで懲戒解雇されているのに逮捕されていないことでもみ消しではないかとスクープとして報じたのだ。

三井住友銀行側の広報部はこの4億円横領の事件に対して「警察に通報の上、行内でも事実確認中です。捜査中の事案につき、詳細についてのコメントは差し控えさせていただきます」としている。

6月に発覚している事件で懲戒解雇しておいて、まだ事実確認中というのは問題だ。三井住友銀行は10月には大森支店で11億円の横領事件も発覚しており、三井住友銀行の信用問題にも関わる問題となってくる。

さらに、4億円横領の事件をもみ消そうとしていた場合は三井住友銀行にも問題があるのではないか。銀行員の倫理観と銀行のあり方を見直すべきではないか。

三井住友銀行で億単位の横領事件が年内だけに2回も発覚した。これは非常に由々しき問題だ。銀行の信用問題にも関わってくる。しかも、今回発覚した4億円横領の事件に関してはもみ消そうとしていたのではないかともされている。

これでは三井住友銀行にも問題があるとなってしまう。銀行は顧客からお金を預けられているのだから信用は大事だ。また、顧客の信用情報によってお金を貸出す。そんな銀行が信用できないようでは非常に怖い。銀行のあり方も考えるべきではないか。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 森友学園と橋下の関係は?皇室も関係している?理事長の謎の人脈
  2. 林文子 旦那と離婚危機が流されるも実際は過労で入院していた
  3. 若狭勝の家族は?小池百合子と再婚の噂も持ち上がるが・・・
  4. 与謝野信の経歴は?日の丸騒動で窮地か
  5. 上西小百合は太田光代が嫌いなのか?意味不明なかみつきが話題に
  6. 愛子さま激やせで別人や影武者説まで浮上!病状はどうなのか?
  7. 河井克行のパワハラが週刊文春で報じられる!アベノミクス崩壊の音が…
  8. 都知事選を予想!最新世論調査は小池・鳥越・増田の混戦か

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP