SOCIAL

関東地方に1日で記録的大雪!経済影響はどれくらい?

関東地方では1月22日、記録的な大雪に見舞われました。交通網にも影響がみられ、通行止めや欠航などが相次ぎました。ケガ人も多く出ており、さまざまな場所で影響を受けている。また、記録的大雪による経済影響はどのくらいなのだろうか。

関東地方に1日で記録的大雪!

1月22日が、関東地方で記録的な大雪となった。東京では、最大23センチの積雪を観測している。東京での積雪23センチは、1876年の統計開始以降、1月としては4番目の大雪だ。水戸では19センチの積雪や前橋では29センチの積雪が観測されている。それだけに、交通機関の乱れが出た。高速道路の通行規制が敷かれ、列車の運休や遅れが相次いだのだ。都心の駅では、入場規制がされるほどだった。

航空会社も羽田空港や成田空港の発着便を中心にして、欠航が相次ぐことになった。日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)だけで、1月22日の国内線は226便、国際線は37便が欠航したのである。この欠航で、約3万2780人に影響が出たとのことだ。道路では、スリップ事故が相次ぎ、転倒によるケガ人も60人以上いたという。1月22日の関東地方は、まさに記録的な大雪だったのだ。

記録的な大雪による経済影響はどれぐらい?

今回の記録的な大雪による経済影響は、かなりの規模になりそうだ。交通機関の乱れや交通規制、欠航などによる経済影響は大きい。とくに、運送業者にとっては大きな痛手となっただろう。

大雪の影響を受けるのは、人流・物流だけではない。農作物も多大な被害を受けていることだろう。大雪によるビニールハウスの倒壊により被害などで、農作物の収穫に多大な影響が出ることが予想されるのだ。

このように、さまざまな分野で記録的な大雪による経済影響を受けたのである。自然の猛威は、いかに凄まじいのかを感じることができただろう。大雪のピークを越えたとは言え、まだ路面の凍結などの恐れがあるので注意するようにしてください。

1月22日は関東地方で、記録的な大雪の1日となった。東京では最大23センチもの積雪を観測し、1月の歴代4番目の大雪を記録したのだ。他の関東地域でも大雪となり、広い地域で交通規制や列車の運休、航空便の欠航が相次いだ。スリップ事故や転倒によるケガ人も多くいたのだ。

また、大雪による経済影響も大きい。人流・物流に大きな影響を与えただけでなく、農作物にも被害を与えたのである。自然現象であり、大雪を止めることはできない。しかし、できるだけ警戒して、事故や転倒をしないように心がけたい

ピックアップ記事

関連記事

  1. 金正恩が金正男暗殺を指示したという情報の真偽は?その理由はなぜ?…
  2. 狩野英孝のフライデー第二弾はあるか?芸能界引退なるか
  3. 長谷川秀夫が過労死問題で炎上!なにが問題だったのか?
  4. 大口病院の犯人の名前は鈴木か?若い看護師の犯行か
  5. 聖カタリナ学園高校は安全なのか?またも教師セクハラ問題で問われる…
  6. 花輪智史の現在は?裏切りから始まった築地移転問題の闇
  7. 石破茂の娘と嫁が美人と話題に!大物政治家の家族はどんな人?
  8. 籠池泰典はウソか?安倍昭恵との主張が食い違う展開!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP