ENTERTAINMENT

藤井聡太はアスペルガー?おもちゃの遊び方がすごいと話題に

史上最年少棋士の藤井聡太四段が連勝記録を伸ばし続けている。それだけに高い注目を浴びている藤井聡太だが、アスペルガー症候群ではないかとの声が挙がっている。

アスペルガー症候群には特定の分野で優れた才能を発揮する人がいる。そのため、藤井聡太もアスペルガー症候群ではとの声があるようだ。また、藤井聡太のおもちゃの遊び方も話題になっているので紹介したい。

藤井聡太はアスペルガー?

藤井聡太がアスペルガー症候群ではと言われているのは将棋が強すぎるためである。アスペルガー症候群の人には特定の分野で物凄く優れた才能を発揮する人がいるため、藤井聡太はアスペルガー症候群で将棋に特化して優れているのではと言われているのだ。また、藤井聡太は生活能力が低いと実の母親が話している。

藤井聡太の母親によると中学生の頃に服や傘を将棋会館に忘れて帰ってきたことがあるという。対局中のように高い集中力を発揮すると思えば、このように注意力が無さすぎるエピソードもあるのだ。

しかし、これらがアスペルガー症候群であると確定的な証拠になるわけではない。藤井聡太の両親も公認していないことから、アスペルガー症候群だと決めつけるのは良くないだろう。

おもちゃの遊び方がすごいと話題に

藤井聡太は3歳の頃から積み木の知育おもちゃで遊んでいたとのことだ。藤井聡太が遊んでいた積み木は我々が想像する積み木とは違う。

藤井聡太が遊んでいたのはキュボロという積み木である。このキュボロという積み木には溝や穴が空いている。この積み木を並べて上からビー玉を転がして下まで到達させて遊ぶのがキュボロというおもちゃなのだ。

イメージとしては積み木で「ピタゴラスイッチ」を作るようなものである。この積み木のおもちゃから集中力や論理的な思考を培ったと言われているのだ。

ちなみに、このキュボロという積み木は藤井聡太が小さい頃に遊んでいたと話題になり注文が殺到しているとのことだ。

藤井聡太の快進撃がすごい。14歳の中学生プロ棋士がここまで連勝するとは思っていなかった。そんな藤井聡太にはアスペルガー症候群との噂があるようだ。

しかし、正直藤井聡太がアスペルガー症候群だろうが、なかろうがどちらでも構わない。とにかく藤井聡太は素晴らしい才能の持ち主であることに変わりはないのだから。これからもぜひ将棋界の歴史に残る記録を打ち立てほしい。

ピックアップ記事

関連記事

  1. ASKA冤罪で釈放!再逮捕の可能性はあるか?
  2. 遠藤要の逮捕はあるか?違法賭博で謹慎処分
  3. 清水富美加の父親の職業は?借金の理由に膨らむ憶測
  4. 成宮寛貴フライデー写真でバーキンの持ち方で再びオネエ疑惑浮上!
  5. 高畑裕太の目つきがおかしい!心理状態が病気的との声も
  6. 世にも奇妙な物語「一本足りない」あらすじネタバレ!永作博美が目を…
  7. 清水良太郎が違法カジノで逮捕はあるか?活動自粛で高まる注目
  8. 成宮寛貴がインスタを再開!今どこで何をしている?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP