SOCIAL

富川悠太アナの失言集!報道ステーション更迭は時間の問題?

テレビ朝日のニュース番組『報道ステーション』でキャスターを務める富川悠太アナウンサーが、番組内の自衛隊に対する発言で炎上している。

過去に富川悠太アナは何度も失言をしているのだ。富川悠太アナの『報道ステーション』更迭は時間の問題なのだろうか。

富川悠太アナの失言集

ニュース番組『報道ステーション』の2月7日の放送で、記録的な大雪に見舞われている福井県での自衛隊の除雪について報道。

ここで富川悠太アナは状況説明後、「ただ、24時間で除雪できたのは、手作業がメインだったということもあって、わずか1.5㎞ほど」と発言したのだ。

この「わずか」というワードを使ったことで炎上しているのである。

富川悠太アナは度々失言をしているのだ。日馬富士引退の際にも、何度も九州場所での引退の心境について質問した。そして、伊勢ケ浜親方に「その質問はおかしい」とダメ出しを食らったのだ。

さらに、2016年7月10の放送では参院選特番で安倍総理に対し、いきなり「憲法改正は?」と質問したのだ。

安倍総理は国会で議論し、憲法審査会で審議してと答えるも、富川悠太アナは「憲法のどの条文を?」と発言し無知ぶりを表してしまっている。

報道ステーション更迭は時間の問題?

過去に何度も失言しており、キャスターとしても実力不足を露呈している富川悠太アナ。それだけに、『報道ステーション』更迭は時間の問題ではとの声が挙がっているとのことだ。

しかし、なかなか簡単に更迭とはいかないようだ。更迭したとなると、どうしても後任が必要となってくる。

だが、富川悠太アナの後任のキャスターを見つけ出すのは至難の業だろう。そのため、基本的には富川悠太アナの続投となるのではないだろうか。

しかし、今後も失言が続くようなら、強硬策で後任を無理にでも見つけてくる可能性があるだろう。

富川悠太アナは、もっとキャスターとしての実力をつける必要があるのではないだろうか。

朝日テレビのニュース番組『報道ステーション』で、またも富川悠太アナが失言した。

自衛隊の除雪について報道したさいに、「わずか1.5㎞ほど」と発言。この「わずか」というワードを使ったことで炎上しているのだ。

過去には日馬富士への質問や安倍総理への質問でも失言し、キャスターとしての能力不足を露呈している。

更迭は時間の問題との声もあるが、そう簡単にはいかないだろう。後任のキャスターを見つけなければ、更迭をすることができないのだ。

ただし、このまま失言が続けば、無理やりでも後任を見つけてくることだろう。富川悠太アナはまず、自分の能力不足を認める必要があるのではないだろうか。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 藤井浩人は冤罪!噂レベルのタレコミからなぜここまで来たのか?最年…
  2. 足立康史が民進党を強烈批判!賛否両論だが正論では?
  3. 健康ゴールド免許は実現する?いつから始まるか
  4. 電通過労死問題の上司の現在は?左遷しない限り電通は変わらない
  5. 蓮舫の爆弾スキャンダルとは?須田慎一郎が語った政界激震の大問題と…
  6. 3.11黙祷反対デモって何?誰が何のために先導するデモなのか?
  7. 蓮舫の怪文書とは?代表就任直後に出た爆弾
  8. 舛添要一への文春砲第三弾!完全にアウトな政党交付金流用の事実

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP