SOCIAL

ドナルド・トランプがホームアローンに出演していた!意外と多才だった!

home

アメリカ大統領選挙は11月8日に迫っている。共和党のドナルド・トランプは過激な発言で話題だ。初めは泡沫候補とされながらも共和党の代表選挙を勝ち抜き大統領選挙までこぎつけた。不動産王と呼ばれ億万長者のトランプだが、実は有名映画のホームアローンにも出演していた。過激発言によってカモフラージュされているが、トランプの経歴を辿っていくと多才だと気付かされる。

スポンサーリンク

ドナルド・トランプがホームアローンに出演していた

トランプは日本でも有名で大ヒットした映画作品“ホームアローン2”に出演していた。出演シーンがわずかだが、プラザホテルのロビーで主人公のケビンが道を尋ねた男役として出演している。なぜトランプがホームアローンに出演していたか、それはこのプラザホテルのオーナーとなっていた時期に映画が撮影されたのだ。

そのためトランプはゲスト出演の形でホームアローンに出演したのだ。また、プレイボーイのビデオ作品にも出演している・1994年、2000年、2001年の3作品にトランプは出演していた。

スポンサーリンク

トランプは意外と多才だった!

過激な発言によって影を潜めているがトランプの経歴を見る限り多才だ。誰もが知っている不動産王としての成功を始め、さまざまな才能を発揮しているのだ。多くの失敗もしているが、それを補って余りある活躍ぶりだ。

最も才能を発揮したのは不動産だ。不動産王と呼ばれるほどの成功を収めている。また、プロレスでも成功を収めた。トランプはアメリカ最大のプロレス団体WWEに登場し抗争の中心となりWWEオーナーの頭を丸刈りにしている。

この行動によりメディアは繰り返し伝え、トランプの知名度がさらに上がった。トランプはメディア戦略でも才能を見せたのだ。それは今回の大統領選挙でも発揮されているだろう。過激発言と注目は紙一重だ。そこを上手くついた結果が現在なのだ。すでに佳境を迎えつつある大統領選挙だがトランプの言動には注目が必要だ。

トランプの凄さは経歴を見ればわかる。失敗も多いが、その度に這い上がっている。失敗から不動産王まで成り上がったのだ。誰もが羨む億万長者にまでなった男だ。多才でも不思議ではない。メディアを上手に使った戦略は尊敬にも値する。それらを考えると過激発言にも戦略を感じてくる。大統領選挙は残りわずかだが、トランプは追い上げに入ったようだ。トランプがもし大統領になったら才能を遺憾なく発揮してほしい。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

Thumbnail of 「なぜ一流の男の腹は出ていないのか?」その答えとは?「なぜ一流の男の腹は出ていないのか?」その答えとは?
一流になりたければ必ず読んでください。意外な答えがみつかるかもしれません。

関連記事

  1. suitman 東修平 四條畷市長の経歴がすごい!全国最年少市長の素顔
  2. shutterstock_382266112 金正男暗殺の理由は?北朝鮮と中国の戦争の引き金となるか
  3. school 慶應広告学研究会犯人・加害者の名前が特定か?大学生の性暴力はなぜ…
  4. green 蓮舫の夫の村田信之が可哀相すぎる!男性蔑視の女総理に未来は作れる…
  5. darksea 豊洲市場問題は石原慎太郎の責任だった?過去の発言が問題に
  6. gun 大口病院事件の犯人は看護師か?2chで密告との情報も
  7. surf 長谷川秀夫が炎上しFacebookで謝罪!発言の真意は?
  8. picture 舛添要一辞任はほぼ確実か?文春砲があまりに強烈すぎる件・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

  1. horie
  2. money123
  3. money
  4. business
  5. 渋谷 ビル
  6. soldier
kubire3

BUSINESS

  1. eagle
  2. horie
  3. band
  4. car12
  5. pc
  6. city
  7. moneyasd
  8. money
  9. business
  10. horie

LIFESTYLE

  1. yoake
  2. cloud
  3. home
  4. memory
  5. cloud
  6. cloud
  7. crowded
  8. bird
  9. sanseturban
  10. brain

WOMEN

  1. workerwoman
  2. hswomen
  3. womantree
  4. womantree
  5. death
PAGE TOP