SOCIAL

トランプ暗殺の確率は?イルミナティカードで予言との情報

当初は泡沫候補とされていたドナルド・トランプ氏が大統領になってしまった。未だに反対デモがあるなど前途多難なトランプ大統領。選挙戦では過激な発言を繰り返したトランプ大統領だが、就任後も勢いは止まらず大統領令を連発。

全米では混乱が生じている。そんな中で気になるのがトランプ大統領暗殺の話だ。本当にトランプ大統領の暗殺は起こってしまうのか。

トランプ暗殺の確率は?

アメリカの歴史を紐解くと大統領の暗殺と深くつながっている。今まで数々のアメリカ大統領が暗殺されている。今回のトランプ大統領も暗殺の噂がある。選挙中も暗殺の噂が絶えなかったトランプ大統領。事実、大統領選挙演説中に暗殺未遂のような事件が起こっている。演説観覧者の中に銃を持った男がいたのだ。

また、トランプ大統領のスケジュールは筒抜けだとの情報もある。元CIAの話によるとレバノンで拘束したサウジアラビア国籍の男のノートパソコンからトランプ大統領のスケジュールが出てきたというのだ。情報がどこから流出しているかは不明だが、スケジュールが筒抜けということはいつでも暗殺できる。つまり、トランプ大統領の暗殺はいつ起こってもおかしくない。

イルミナティカードで予言との情報

トランプ大統領暗殺の噂は秘密結社のイルミナティが関係している。イルミナティとは世界を裏で操作している組織だとされている。そのイルミナティが世界の過程を予言したイルミナティカードではヒラリー・クリントンが大統領となることを示唆していた。

さらに、トランプ大統領のカードには“Enough is Enough(いい加減にしろ)”と記されている。つまりトランプ大統領にイルミナティは怒りを持っているようなのだ。イルミナティがトランプ大統領の暗殺する可能性はあるだろう。

ただ、トランプ大統領には敵が多いので、どの組織が暗殺を計画していてもおかしくない。果たしてトランプ大統領は人気を全うすることができるのか。

トランプ大統領に暗殺の噂がある。大統領選挙のときから暗殺の噂が絶えないトランプ大統領だけに本当に暗殺があってもおかしくない。今までアメリカ大統領の歴史は暗殺の歴史でもあり、アメリカで大統領が暗殺されるのは珍しい事ではない。

陰謀蠢くアメリカの政治だけにトランプ大統領も危険だろう。とくにトランプ大統領は自分の政策を押し通してしまう可能性が高い。思い通りにならない組織が暗殺を実行するかもしれない。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 健康ゴールド免許は実現する?いつから始まるか
  2. 石原慎太郎は豊洲問題で逮捕されるか?責任追及の手は止まず
  3. 豊洲移転問題は結局どうなる?中止は無理なのか
  4. 小池百合子に週刊文春砲!冒頭解散ついでに都知事も即辞任に追い込ま…
  5. 北川ひかる 熊本の進学高校の優等生は何故悲劇に巻き込まれたのか?…
  6. 三浦瑠麗は創価学会で中国人という噂の真偽は?夫は外務省で正真正銘…
  7. 籠池泰典の息子と橋下徹に関係が…。次々と明るみにでる籠池謎の人脈…
  8. 籠池泰典の息子(長男)籠池佳茂のブログはどこに?Facebook…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP