ENTERTAINMENT

辻仁成の息子の親権が南果歩に行った理由とは?中山美穂との違いは?

作家・ミュージシャンとして活躍している辻仁成は3回の結婚・離婚をしている。2回目の結婚・離婚が南果歩で3回目の結婚・離婚が中山美穂だ。そして2人との間にはそれぞれ息子を授かっている。南果歩との離婚では息子の親権は南果歩が取り、中山美穂との離婚では辻仁成が息子の親権を取っている。2人の間にはどんな違いがあったのか紹介したい。

辻仁成の息子の親権が南果歩に行った理由とは?

辻仁成と南果歩は3年ほどの交際を経て1995年に結婚している。翌年に息子を授かるも2000年に離婚して親権は南果歩が持つこととなった。なぜ親権が南果歩に行ったのか理由が気になるだろう。

それは辻仁成と南果歩の離婚の原因は辻仁成にあるからだ。離婚の原因は辻仁成の不倫だとされている。その不倫相手とは元女優のyumaである。つまり南果歩が辻仁成に愛想をつかして離婚したのだ。だから離婚原因が辻仁成にあったので南果歩が息子の親権を取ったのである。

中山美穂との違いは?

そんな辻仁成だが2002年には女優の中山美穂と結婚している。交際期間は8ヶ月というスピード結婚をした2人だが2014年に離婚した。辻仁成と中山美穂の間にも息子がいる。そして離婚の際には辻仁成が息子の親権を取っているのだ。

実は辻仁成と中山美穂の離婚は中山美穂の不倫が原因とされている。このことから息子の親権が辻仁成になったのではと言われているのだ。さらに辻仁成が離婚の際に強く親権を主張したとされている。辻仁成は前妻の南果歩との離婚のときに親権を取らなかったことを強く後悔していたのだ。

そのため中山美穂との離婚の際には親権を強く主張したのだ。この2つの要因から辻仁成が息子の親権を取ったということである。ちなみに、日本では女性が子供の親権を取ることが多いため中山美穂が親権を取らないのは意外であった。南果歩の息子にしても、中山美穂の息子にしても幸せな生活を送ってほしいものだ。

辻仁成は南果歩と中山美穂と結婚・離婚をしており、それぞれ息子がいる。南果歩との離婚では親権は南果歩で中山美穂との離婚では辻仁成が親権を取っている。これには離婚原因の違いが大きな影響を与えていると言えるだろう。

このことからわかる教訓は子供が大切なら不倫はするなということだろう。自分が不倫をして離婚の原因を作れば親権は取りづらいのだ。幸せな家庭を保つためには不倫はしてはいけないのだろう。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 桑子真帆と結婚したのは谷岡慎一!文春で間近と報じられたがついに……
  2. 成宮寛貴の自宅は?沖縄の別荘でも薬物使用をしていたのか
  3. 狩野英孝のフライデーの相手は飛沫真鈴!画像を見ると確かに未成年に…
  4. 藤井聡太はアスペルガー?おもちゃの遊び方がすごいと話題に
  5. 中居正広のハゲ・かつら疑惑は本当か?SMAP解散騒動のストレスで…
  6. 成宮寛貴を告発したA氏とは一体誰か?職業や交友関係は?
  7. SMAP大晦日解散慰労会の焼き肉店はどこ?木村拓哉はなぜ参加しな…
  8. 中居正広の残留は裏切りか?「何故」「がっかり」との声多数

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP