SOCIAL

野菜が高い理由は何?値段が落ち着くのはいつ頃?

2018年のスタートを切ったばかりですが、野菜の価格が高騰している。そのため、野菜の価格が高いと感じている人が多いようだ。野菜の価格が高い理由は何なのだろうか。そして、値段が落ち着くのはいつ頃になるのだろうか。

野菜が高い理由は何?

2017年の年末から現在2018年1月にかけて、野菜の価格が高いと感じている人が多いのではないでしょうか。農林水産省では大根・人参・白菜など主要な野菜14品目の育成状況や価格見通しを発表している。農林水産省の発表によると、多くの野菜が平年を下回る出荷量となっている。そして、価格は平年を上回って推移しており、野菜の価格が高くなっているのは事実なのだ。

この理由は、10月・11月の悪天候が関係している。10月の台風被害や10月・11月の長雨により野菜の生育が低下したため、価格が高くなっているのだ。さらに、12月の低温も野菜の出荷量低下につながっている。出荷量が低下すると、需要と供給の関係から価格が高騰するのだ。そのため、出荷量が増えないと価格が例年通りに戻ることは難しいだろう。

値段が落ち着くのはいつ頃?

野菜の値段が落ち着くのは、野菜の品目により異なるようだ。大根やレタスなどは1月下旬、白菜は3月まで高値と予想されている。そのため、早ければ2月に値段が落ち着く野菜もあるだろう。価格が落ち着くのは、時期をずらして生産された野菜が出荷されるからだ。

そのため、もし時期をずらして生産された野菜の出荷量も平年を下回れば、野菜の価格が高いまま維持される可能性もある。寒い日が続いているため、今後の出荷量が予想以上に少ないかもしれないのだ。

まだまだ野菜の高値が続く可能性があるので、注意が必要だろう。野菜の価格が高くて買えないときの対策としては、冷凍野菜や缶詰、値段が変わりにくい野菜を使用するのがおすすめだ。野菜の価格が高い状況のときは、上手に選んで乗り切ってください。

現在、野菜の価格が高くなっていることがわかった。農林水産省の発表だと、多くの野菜が平均を下回る出荷量となっている。そのため、需要と供給の関係から価格が高騰しているのだ。

出荷量が減っている理由は、10月の台風や10月・11月の長雨の影響である。早ければ2月ごろに値段が落ち着く野菜もあると予想されている。しかし、寒い日が続いており、価格の高騰が維持される可能性もあるだろう。そのため、上手に冷凍野菜や缶詰などを使って、野菜の価格高騰を乗り切ってください。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 町田莉菜ちゃん行方不明の霊視結果!障害が原因だったのか?
  2. 石原良純が伸晃の足を引っ張る!鳥越俊太郎応援で伸晃除名危機か?
  3. 小池百合子の学歴詐称をフィフィが指摘するも的外れすぎてフィフィへ…
  4. 初鹿明博の舞台女優の名前は誰?週刊新潮が報じたスキャンダルで党幹…
  5. 小池百合子の顔のアザの画像!厚化粧はアザを隠すためと反論し石原慎…
  6. 山本有二失言スキャンダルだらけ!辞任はいつ?
  7. フジテレビ赤字転落の原因は何?
  8. 梅毒感染が増加しているのはナゼ?予防方法は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP