SOCIAL

アート引越センター不祥事で4人が書類送検。未成年の深夜労働問題。

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

業界最大手の引っ越し業者、アート引越センターが未成年に深夜労働をさせていたことが判明し、会社として謝罪しました。

この事件は、2015年11月から2016年4月までの間に、東京都足立区にある視点で当時17歳だったアルバイトの少年に対して、午後10時から午前5時まで引っ越し業務にあたらせたとされています。

労働基準法では未成年に深夜業務をさせてはならないとなっていますから、違法行為であることは間違いなく、ましてやそれが半年間も恒常的に行われていたと言うことが問題になっているのです。

アート引越センターはなぜこのような不祥事を引き起こしたのでしょうか。

売り手市場でアルバイトが見つからないため

秋から冬、そして春にかけては引っ越し需要が伸びてくるので、引っ越し業者では学生アルバイトなどをかき集めてその需要に応えようとします。

実際に引っ越しを担当するのはそれぞれの引っ越し業者の支店や営業所で、仕事を請け負ってくるのはそれより上部の組織になります。

今回のような不祥事が起きた原因は、営業が獲得してきた引っ越しの仕事に対して、どうやってもスタッフが不足してしまったことで、未成年の学生アルバイトを深夜労働させざるを得なかったと考えられます。

でも、半年間違法状態が放置されていたとは考えにくいものです。

会社ぐるみでこの状態を認識していたか、最悪は「容認していた」と考えられても仕方がありません。

不祥事が続くアート引越センター

アート引越センターは、今回の不祥事以外のもさまざまな不祥事がどんどん明らかになっており、企業の体質が「ブラック体質」と思われても仕方がありません。

最近では、退職者の退職金から引っ越し作業時の物品破損などを弁償させるとして引き去った結果、不足が生じたとして退職者に金銭の支払いを強要するなどの不祥事を起こしています。

また、アート引越センターの寺田会長には未成年の女性に淫行を働いた疑惑が浮上しており、会社やその経営者のコンプライアンス意識が問われる事態となっています。

最近はインターネットやSNSの普及によって、今までであれば現場で握りつぶせたトラブルも一個人が公言でき、それが波及することもあり得る時代になってきました。

それゆえに、コンプライアンス意識は重要なのですが、アート引越センターは会社として何か大事なことを忘れてしまっていたようですね。

アート引越センターは寺田会長が起業し、一代で業界最大手に上り詰めた経緯があります。

覚えてもらいやすいように社名を五十音順で一番最初に来る「ア」から始めたこと、電話番号を覚えやすい「0123」にしたことなど、ここまで上り詰めるにはそれだけの理由があったのは事実です。

でも、企業のコンプライアンス意識が問われる時代となった今、ただ利益を重視するだけでは決してよくありません。

特に今回の不祥事は、アルバイト集めに悪影響を及ぼしますから、いかに改善策を公表できるかがアート引越センターの社運を握っていると言えます。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 高収入でも貯金ができないビジネスマンの特徴
  2. 上西小百合の秘書の笹原雄一がやばい!逮捕歴やチンピラとの噂も
  3. トランプ大統領で株価はどうなる?経済界の反応は?
  4. カルロス・ゴーンの名言をまとめてみた。
  5. JALの副操縦士飲酒問題。なぜ今まで飲酒検査をスルーできた?
  6. 音喜多駿・東京都議が立ち上げた「あたらしい党」。具体的な政策は?…
  7. 鳥越俊太郎は認知症で文字がヤバイ!字が汚いのは元から?
  8. 成宮寛貴フライデー続報第2弾!音声データのやりとり暴露で芸能人生…

注目記事

ピックアップ記事

  1. タトゥーを入れる人には深い意味を込める人も多い
  2. メーカー就活必勝法

カテゴリー

BUSINESS

  1. 商品企画ってどんな仕事?

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP