SPORTS

ケンブリッジ飛鳥の父と母の仕事・離婚疑惑に注目が集まる!育ちの環境に深まる謎

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

リオ五輪陸上競技に日本代表として出場するケンブリッジ飛鳥選手。日本人として初めて10秒台を切ることができるかについて注目が集まっている。一方、「ケンブリッジ飛鳥」という名前や、その風貌からして、彼が純粋な日本人ではないことは多くの人が気付いているところだろう。

ケンブリッジ飛鳥の母親は日本人だが、父親がジャマイカ人であり、ハーフの選手だ。ケンブリッジ飛鳥の父と母は、母親がジャマイカに滞在中に出会ったことがきっかけで結婚に至ったのだという。そしてケンブリッジ飛鳥が生まれてから2年経ったところで、日本に戻ることとなり、その後はずっと日本で生活をしている。ケンブリッジ飛鳥の日本国籍は、帰化して取得したものではない。母親が日本人であれば、出生地が外国であっても日本国籍の取得が普通にできる。

とはいえ、疑問なのは父や母の仕事についてだ。仕事で滞在先のジャマイカで出会って結婚し、その後日本に帰ってきている。父親は日本で仕事をしているのだろうか。はたまた、ジャマイカから日本に戻ってくる際に離婚した可能性もある。本記事では、そのあたりの情報についてまとめてみた。

ケンブリッジ飛鳥の父の仕事は?

ケンブリッジ飛鳥の父と母は、母がジャマイカに仕事で滞在していた際に知り合ったという。そしてケンブリッジ飛鳥が生まれて2年経ってから日本に戻っている。そうすると、父は一体なんの仕事をしているかが気になってくる。

ジャマイカにいた頃は、出張できた日本人と知り合い、恋仲になるような仕事ということのため、旅行ガイドや通訳、ホテルマンなどの仕事をしていたのではないかと噂されている。確かに、日本人向けの旅行ガイドであれば、日本語も話すことができるはずのため、日本に来てからもなんらかの仕事にありつくことはできるだろう。

とはいえ、スポーツ選手は金がかかる。小学生からサッカーを習い、妹のサシャも育てていく中で、収入はそれなりにないとやっていくことはできないだろう。ジャマイカ国籍で日本語ができる程度の人が、十分な収入を得るのは難しいはずだ。

考えられるのは、母親の収入が十分にある可能性だ。もともとジャマイカに仕事でいくほどグローバルな仕事についている女性だ。外資系企業などに勤務していたのであれば、かなりの収入があることが予想できる。海外マーケティングが強い会社といえば、P&Gやロレアルなど複数思いつくが、そのあたりの外資系メーカーかもしれない。

ケンブリッジ飛鳥の父と母は離婚済み?

また、一説によると、ケンブリッジ飛鳥は母の手一つで育てられたとも言われている。ケンブリッジ飛鳥にはサシャという妹がいるが、妹は2歳年下だ。もしかすると、ジャマイカで二人目が生まれたことをきっかけに、日本に戻りたがった母親が、子供だけ二人連れて日本に帰国してしまったのではないだろうか。そうすると、父親はジャマイカに残り、結果的に離婚しているということも想像ができる。

ただ、ケンブリッジ飛鳥の母について女性自身が記事にした内容では、「母の手ひとつで育てられた」という記載がある一方、「帰国後、親子4人で大阪に住んだ」との記載もある。父と母の離婚については確たる情報がない状態だが、離婚をしている可能性は低そうだ。

ケンブリッジ飛鳥は、非常にまじめな性格で、陸上にたいして極めて真摯な姿勢で取り組んでいることが評判の選手だ。このストイックな姿勢は母親譲りなのだという。

ケンブリッジ飛鳥の父についてはなんの仕事をしているかなど、疑問があるものの、ケンブリッジ飛鳥のパーソナリティは母親から受け継がれているようだ。むしろ、今後はケンブリッジ飛鳥の母親について、その教育法などが注目されてくるのではないだろうか。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 桃田賢斗の闇カジノはなぜばれたのか?発覚時期に違和感
  2. 斎藤佑樹と合コンした女性は誰?芸能人?一般人?
  3. 箱根駅伝2017出場校は?コース変更で勝敗予想にどう影響するか
  4. ノルディーア北海道元監督三浦雅之の不祥事に見る組織の危機管理と女…
  5. 貴公俊の処分はどうなる?原因は貴乃花親方の力量不足か!?
  6. 北島三郎がJRA馬主資格を剥奪!?今までの獲得賞金がヤバ過ぎると…
  7. 東京マラソン2017のコースは?交通規制の情報も
  8. 永井謙佑はブサイクでも嫁は美人!年棒はいくら?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP