ENTERTAINMENT

ダレノガレ熱愛相手の慶應卒商社マンSは三菱商事か?商社マンがモテる理由とは

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

毒舌タレントで人気のダレノガレ明美に熱愛報道が出た。お相手は大手商社に勤めるエリート会社員だという。相手が会社員ということで、親近感を持った人も多いのではないだろうか。

週刊文春の中では、お相手は「慶應法学部卒でサッカー部のエースの帰国子女」とされている。年齢は20代後半だ。やはり気になるのはどこの会社の人物かということだろう。

ダレノガレの熱愛相手の商社マンは三菱商事か?

二人の密会現場が取られたのは、六本木にあるスターバックス。ダレノガレは周囲を気にしないほどの大声で、相手と親密そうに話していたようだ。二人で旅行雑誌を見ながら、夏の旅行計画を立てていたようだ。

のちにダレノガレは記者に対して「グループ旅行の計画だった」と語っているようだが、週刊文春の報道ぶりを見る限り、二人でいく旅行であることは明白だ。かなりテンションが高く、浮かれ気分な様子がうかがえる。

ダレノガレがかつてその彼と会った時に、機嫌が悪く帰ろうとしたことがあったらしく、「シェードアウトしようとしてたじゃん?」と彼に同意を求めると、「フェードアウトね」と言い直される場面があり、それに対しダレノガレは「Sと一緒にいると頭良くなりそう」とコメントしている。

このコメントに、熱愛相手の会社がどこか推測する手がかりがありそうだ。報道によれば、お相手は慶應の法学部卒業。もちろん、この学歴を示せば「頭が良い」というコメントは引き出せるだろう。しかし、ダレノガレとこの彼が出会ったのは社会人になってから。

大手商社の若手サラリーマンの遊び方は、およそ「頭が良い」とは言えないような遊び方が多い。特にダレノガレのようなタレントと出会うほどに人脈を構築するような若手社員は、そもそもモテるために大手商社に入ったような人種だ。

つまり、普通であれば「頭が良い」などというコメントは出てこないのだ。しかし、例外の会社が一つだけある。それが三菱商事だ。

7大商社と呼ばれる、三菱商事、三井物産、住友商事、丸紅、伊藤忠、双日、豊田通商は、就職先として学生の人気が非常に高い。こうした企業に入るためには、高いコミュニケーション能力と対人関係力、そして知力が必要とされる。しかし最近の傾向として、大学の成績が良くしっかり学問を修めてきたような学生よりも、体育会系だったりサークルで対人関係を磨いてきた学生が優先的に取られる。

すると、徐々に「体育会ノリ」が強まってくるのだ。体育会は、たとえ東大であろうとも、体育会ノリを重視する。要するに「、バカを振る舞うのだ。大手商社の若手社員にそうした風潮があることは否めない。

しかし、唯一、三菱商事だけは自らを「エリート」と称する。彼らは、自分たちを知力体力精神力人間力すべてに優れた人間だと思っている。

こうした報道が出る場合、週刊誌側は相手の名前や素性などは把握している。それでも一般人であることを理由に名前を伏せるのだが、ある程度のヒントは落ちている。今回の相手は「エリート会社員」だ。東大や京大卒ならいざ知らず、慶應卒の会社員などピンキリでいくらでもいる。それをエリートと呼ぶからには、やはり会社が「エリート」なのだ。とすれば、三菱商事以外に考えられないだろう。

よって、ダレノガレ明美の熱愛相手は、三菱商事にいる慶應法学部卒のサッカー部出身で帰国子女の20代後半の男性、ということになる。

やはり商社マンはモテるのか?

このような報道を見ると、やはり商社マンはモテるのだと思う人が多く出てくる。実態としても、やはり商社マンはモテると言えるだろう。しかし、モテ方にも種類がある。種類によっては、それが本当に幸せなことなのか、わからなくなる。

商社マンは入社1年目から7年目ぐらいの20代であるうちは、合コンやクラブ遊びなどで異様にモテる。商社マンは他のサラリーマンよりも若く金を手にすることができる上、会社としても体育会ノリだ。おのずと明るい魅力的な人材が集まる。そうした人たちが集まって、集団で遊びまわると、集団それ自体に付加価値がついてくる。

そうした遊びを経験していく中で、ポツリポツリと結婚して、遊びのフィールドから降りるものが増えてくる。ここで降りたものは幸せだ。しかし、ここで降りることができず、仲間を失ってもいつまでもフラフラ遊び続けるようになると悲惨だ。

そもそも20代の精神的に充実してくる時期に、刺激と興奮だけを求めた恋愛しかしないと、落ち着いた関係を築くことが苦手になってしまう。30代になっても、女性とどう腰を据えて向き合えばよいかわからず、なんとなく「軽い人」という印象を持たれてしまい、どんどん婚期を逃していくのだ。

それに加え、海外駐在だ。一度独身のまま行くとその期間さらに婚期を逃す。仕事もどんどん忙しくなり、あっというまに40代だ。

モテるからといって、表面的なものばかり見ていては、本当の幸せは掴めない。それはダレノガレ明美も同じだろう。ぜひとも、落ち着いたいい恋愛をしてもらいたいものだ。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. こんまりメソッド NetFlixで配信!面白い?本との違いを比較…
  2. 小林麻央の余命は?1月の番組出演の真意はどこにあるのか
  3. 近藤岳登がR-1にチャレンジした理由は何?
  4. 高橋みなみの彼氏は誰?同棲中で結婚は間近?
  5. 24時間テレビ2016マラソンのコースは?距離は本当に100キロ…
  6. 遠藤要の逮捕はあるか?違法賭博で謹慎処分
  7. ウッチャンナンチャンが不仲で解散か?噂の真相は
  8. 田中聖薬で逮捕!現在の姿はタトゥーだらけ?

注目記事

ピックアップ記事

  1. 新元号は令和
  2. メーカー就活必勝法
  3. 病院に3億円を追加寄付する中本さん

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP