SOCIAL

テレンスリーが応援演説した候補者はトクマだった!幸福実現党の組織的不正か?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

軍事評論家でタレントのテレンスリーが逮捕されたというニュースが飛び込んできた。公職選挙法違反だという。テレンスリーと選挙というのは、なかなか結びつかないので意外なニュースだ。先日行われた参議院選挙で、ある候補者の応援演説をした際、5万円の報酬を受け取ったというのだ。選挙の応援を頼まれて、その見返りに現金を受け取るとは、軍事評論家にしては危機管理が足りなかったようだ。

テレンスリーが応援演説した候補者は誰?

報道当初は、問題となった候補者が明らかにされておらず、その点も不審さを増加させた。結局、幸福実現党のトクマ氏陣営における不正だということが判明した。トクマ氏本人の指示かどうかはわからないものの、陣営側に不正を働くような人物がいたということは、候補者自身の信頼を貶める。

トクマ氏だと発覚したのは、本人のブログから不自然な形で、テレンスリーが応援演説に来たと思われる日のブログ記事が消されていたためだ。また逮捕後の直撃取材に回答したテレンスリー本人も「幸福実現党の候補者の応援演説をした」とコメントしている。本人曰く、よく頼まれるそうだ。テレンスリーに応援演説を頼んだところで、どのような効果があるかは不明だ。ましてや、金を払う価値があるのかと考えると、もはやペイしないのではないだろうか。

結果的にではあるが、トクマ氏、及び幸福実現党自体の信頼性をおとしめてしまったようだ。

幸福実現党の集団不正の可能性は?

このような不正が発覚すると、やはり集団的にそのような不正を働いているのではないかという疑念が湧いてしまう。トクマの応援演説には他に芸能人は来ていないようだが、他の幸福実現党の候補者の応援演説に来る芸能人にも疑いの目がいってしまう。

現時点では、3人の逮捕者が出ており、トクマサイドの人間と思われる人物と、テレンスリーを紹介した仲介人も逮捕されている。一木昭克氏が10万円を今井一郎氏に支払い、今井一郎氏が5万円を手数料としてもらい、テレンスリーに5万円を渡したという。

もともとの10万円が一体なんの金かということが重要な問題だ。一木昭克という人物は、雑誌編集などの仕事を中心に活動している人物。スポーツイベントの主催なども行っているようだ。幸福実現党との接点は今の所見出せず、トクマとの個人的なつながりがあったのかもしれない。

仮に、今回の件が組織的な不正だとすれば、今後さらなる逮捕者が出る可能性もある。テレンスリーの逮捕という小さな話題から、案外大きな波紋を呼ぶかもしれない。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 溝畑泰秀和歌山立てこもり犯の動機は?事件の経緯まとめ
  2. ジャパンライフは、社長と会長が企んだ計画倒産だったのか?
  3. 証人喚問と参考人招致の違いを簡単に!嘘をついたらどうなる?
  4. 高校生が先生に暴行で逮捕。その心理を探ってみる。
  5. 茂木敏允の派閥や経歴は?息子もエリートだった!
  6. 松井一郎知事の学歴は?その正体はチンピラ前科ありだった!
  7. ライザップが赤字に転落した一番の理由は?今後巻き返しはあるのか?…
  8. 平川動物公園のホワイトタイガーが飼育員を襲った理由は?

注目記事

ピックアップ記事

  1. 病院に3億円を追加寄付する中本さん
  2. 新元号は令和

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP